omniture

DeepBrain AIとの協力でCCTVが採用する最初のAIアンカー

DeepBrain AI
2022-03-24 15:03 882

【サンマテオ(米カリフォルニア州)2022年3月24日PR Newswire=共同通信JBN】中国中央電視台(CCTV)に採用された最初のAI(人工知能)アンカーであるAIアンカーWangは、今年3月に特集番組の中で紹介される。AIアンカーWangは、今年からニュースや経済番組でも積極的に使用される。自然な声と表情を持つCCTVのAIアンカーは、DeepBrain AIのディープラーニング技術で生み出されたAI人間である。

AIアンカーWangは特集番組の中で紹介される。この番組は本物のアンカーとAIアンカーが初めて交流する特別番組である。
AIアンカーWangは特集番組の中で紹介される。この番組は本物のアンカーとAIアンカーが初めて交流する特別番組である。

DeepBrain AIのAIを人間にする原理は以下の通り:人工知能(AI)は、記録されたビデオの何百もの文章を学習し、人の声、アクセント、ジェスチャーを学びとる。台本が提供されると、プロセスを通じて生み出されたAI人間は、台本を実在の人物のように発音する。これには、AI音声合成、ビデオ合成、自然言語処理技術が含まれる。AI人間のトレーニングが完了すると、ビデオコンテンツが作成されるごとに実在の人物を録画するのに必要な時間とコストを削減することができる。CCTVアンカーは、既存の正面中心のAI人間とは異なり、側面まできちんと作られた3D AIモデルであり、先端技術が適用されている。最後に、教え方によっては、人とのリアルタイム・コミュニケーションも可能である。

▽DeepBrain AIについて

DeepBrain AIは、ディープラーニングベースのビデオ合成と音声合成のソーステクノロジーの両方を備えた世界トップクラスの企業の1つである。この技術は、AIアナウンサー、AIアンカー、AIバンカー、AIチューター、AIショーホスト、AIキオスク、AIビデオコンサルティング、AIコンシェルジュ、AI医師、AI弁護士など、業界分野に関係なくさまざまな形で実装可能である。

DeepBrain AIのEric Jang最高経営責任者(CEO)は、「国内だけでなく世界的にも認められている人工知能の分野で明確な競争力を獲得した結果、昨年8月にシリーズB投資の確保に成功することができた。当社では、AIヒューマンソリューションを使用して、事業規模拡大と新技術開発に積極的に取り組んでいく」と語った。

▽メディア関係問い合わせ先 

John Son
john@deepbrainai.io 

 

ソース: DeepBrain AI