omniture

レッドヒル・バイオファーマ社がPAINWeek 2021(ペイン・ウィーク)でモヴァンティク(Movantik)に関する新たな3つの解析結果データを発表

RedHill Biopharma Ltd.
2021-09-10 06:00 1544

65歳以上の患者のサブグループにおけるモヴァンティク®(一般名:ナロキセゴール)の安全性と有効性を評価した2つの新しい解析データ

モヴァンティク群とプラセボ群における残便感のない自発的排便の迅速かつ持続的な改善に対するモヴァンティクの効果分析をオピオイドの高用量と低用量にわたって評価

モヴァンティクは、米国市場をリードする経口末梢性µオピオイド受容体拮抗薬(PAMORA)で、成人の非がん性慢性疼痛におけるオピオイド誘発性便秘症の治療薬として承認

イスラエルのテルアビブとノースカロライナ州ローリー, 2021年9月10日 /PRNewswire/ -- バイオ医薬品を専門とする、レッドヒル・バイオファーマ株式会社(Nasdaq: RDHL)(「レッドヒル」 または 「同社」)はモヴァンティク®(一般名:ナロキセゴル)の第3相試験データの3つの新たな解析結果を発表し、65歳以上の患者サブグループおよび低用量・高用量のオピオイド治療の両方において、オピオイド誘発性便秘症(OIC)に関連する主要な症状の迅速な作用発現と持続的かつ予測可能な改善を示した。

そのうち2つのポスター発表では、65歳以上の患者を対象としたもので、モヴァンティクはプラセボと比較して有意に優れた反応率を示し、作用の発現が早く、治療開始後48時間以内に自然排便(SBM)および完全自然排便(CSBM)を達成した被験者の割合が高かったことが示されている。追加発表されたデータによると、ナロキセゴルは、モルヒネ換算で100mg以下の投与量を含め、処方されたオピオイドの用量にかかわらず、患者に同様の迅速かつ持続的な症状改善をもたらすことがわかった。発表者は、モルヒネ換算の用量が低くても、OICになりやすい患者がいるため、臨床医は治療に熱心に取り組むべきであると結論づけている。 

この3つの解析は、モヴァンティクの大規模かつ堅牢で、同じデザインの2つの第3相試験(Kodiak 4およびKodiak 5、NCT01309841/NCT01323790)から得られたデータをプールしたもので、2つの用量(12.5mgおよび25mg)で891人の患者が治療を受け、プラセボ群では446人の患者が治療を受けた。 

疼痛学の研究者および臨床医であり、米国政策センターのシニアフェローであるリン・ウェブスター博士は次のように語った。「高齢者の90%が慢性疼痛の治療のためにオピオイドを使用しており、そのうち86%がOICの症状を抱えていることから、今回の新たな解析結果は、高齢者がOICの負担を増やすことなく疼痛を十分にコントロールできるようにするために特に重要です。高齢の患者は、併存疾患、多剤併用、運動量の減少などにより、OICの影響を受けやすい傾向にあり、このような困難な患者さんに有効であることが示されているモヴァンティクのような治療法を利用できるようにすることが重要です。」

レッドヒル社のチーフサイエンス責任者であるジューン・アルメノフ医学博士は次のように述べた。「本試験では、2種類の用量(12.5mgおよび25mg)のオピオイドを891名に投与し、プラセボ群と比較しました。しかし、低用量のオピオイド治療は、高用量のオピオイド治療と同様に、治療に伴う便秘を引き起こす可能性があります。オピオイドの投与量にかかわらずモバンテックの有効性を示す今回の新たな分析結果は、慢性的にオピオイド治療を受けている患者の40~80%で予想されるOICの管理を通じて、低用量オピオイド治療への臨床的移行を支援する上で同様に重要です[1]。」

PAINWeek 2021で発表されたモヴァンティク(一般名:ナロキセゴル)の新しい解析結果 について:

ポスター発表 1(ポスター番号55):
ナロキセゴルは高齢者(年齢65歳以上)において、最初のSBM(自然排便)までの時間の短縮、SBMの完了、および予測可能な有効性をもたらした:2つの第3相試験の解析結果まとめ
発表者:リン・ウェブスター、チャールズ・アルゴフ、チャールズ・H・マクレスキー、 キャロル・B・ロケット、エノク・ボーティー、テレサ・マリック-サール、マーティンヘイル

ポスター2(ポスター番号59):
ナロキセゴールはオピオイド誘発性便秘(OIC)を迅速かつ持続的に改善
65
歳以上の高齢者における症状:2つの第3相試験の解析結果まとめ
発表者:マーティンヘイル、チャールズ・アルゴフ、チャールズ・H・マクレスキー、キャロル・B・ロケット、エノク・ボーティー、テレサ・マリック-サール、リン・ウェブスター

ポスター3(ポスター番号30):
ナロキセゴルはオピオイド誘発性便秘(OIC)を迅速かつ持続的に改善
オピオイドの投与量に関わらず発症する症状:2つの第3相試験の解析結果まとめ
発表者:ジェフリー・グディン、ジェレミー・A・アドラー、ジューン・アルメノフ、キャロル・B・ロケット、エノック・ボルテイ、リチャード・ラウク、リン・ウェブスター

レッドヒル・バイオファーマ社について 

レッドヒル・バイオファーマ株式会社(Nasdaq: RDHL) は、生物医薬品を専門とする企業で、主に胃腸疾患および感染症に注力している。レッドヒルは、モバンティック®(成人のオピオイド誘発性便秘治療薬)[2]タリシア®(成人のヘリコバクター・ピロリ菌 (H. pylori)感染症治療薬)[3]、およびアエムコロ®(成人の旅行者下痢症の下痢治療用) を販売している[4]。レッドヒルの主要な臨床後期治験用開発プログラムには次のようなものがある。(i) RHB-204:肺非結核性抗酸菌(NTM)疾患を対象とした第3相試験を実施中、(ii) オパガニブ(ABC294640:複数の症例を対象としたファーストインクラスの経口SK2選択的阻害剤で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2/3相試験、前立腺癌および胆管癌の第2相試験を実施中、(iii) RHB-107ウパモスタット):有症状の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および他の複数のがん・炎症性消化器疾患を対象とした経口セリンプロテアーゼ阻害剤の第2/3相試験を米国で実施中、(iv) RHB-104:クローン病を対象とした初の第3相試験で良好な結果が得られている、(v) RHB-102:急性胃腸炎および胃炎の第3相試験ならびにIBS-Dの第2相試験で良好な結果が得られている、(vi) RHB-106:カプセル化された腸製剤。当社の詳細については、www.redhillbio.com / https://twitter.com/RedHillBioをご覧ください。

モヴァンティク®(ナロキセゴール)

モヴァンティク®は、オピオイド拮抗薬であり、成人の非がん性慢性疼痛(がんまたはその治療歴に関連する慢性疼痛患者を含み、オピオイドを頻繁に(例えば毎週)増量する必要のない患者)におけるオピオイド誘発性便秘(OIC)の治療を適している。

モヴァンティク®に関する重要な安全性情報

モヴァンティク®(ナロキセゴール)は以下の場合において禁忌とされている:

  • 消化管穿孔の可能性があるため、既知または疑わしい消化管(GI)閉塞の患者、および閉塞が再発するリスクのある患者。
  • 強力なCYP3A4阻害薬(クラリスロマイシン、ケトコナゾールなど)を投与されている患者:これらの薬剤はナロキセゴールへの曝露を著しく増加させ、オピオイド離脱症状を早める可能性があるため。
  • モヴァンティクまたはその添加剤に対して、重篤または重度の過敏症反応が確認されている患者。

モヴァンティクで治療を受けた患者に、多汗、悪寒、下痢、腹痛、不安、過敏性、あくびなど、オピオイドの離脱症状と一致する症状が発症する。疼痛治療としてメタドンを投与されている患者は、他のオピオイドを投与されている患者と比較して、オピオイド離脱に関連していると思われるGI有害事象の頻度が高いことが臨床試験で観察された。血液脳関門に障害のある患者は、オピオイド離脱や鎮痛作用の低下のリスクが高いと考えられる。これらの患者(多発性硬化症、最近の脳損傷、アルツハイマー病、抑制できないてんかん発作など)は、臨床試験に登録されなかった。このような患者にモバンテックを使用する際には、総合的なベネフィット・リスクプロファイル評価を考慮すること。また、このような患者にモバンテックを使用する際には、オピオイド離脱症状をチェックすること。

重度の腹痛および/または下痢が報告されており、通常、モバンテックの使用開始から数日以内に発生する。モニタリングを行い、重篤な症状が発生した場合は中止し、モバンテックを1日1回12.5mgで再開することを検討すること。

モバンテックを含む末梢性オピオイド受容体拮抗薬の使用により、胃腸穿孔の症例が報告されている。致命的な症例を含む市販後のGI穿孔の症例は、GI穿孔のリスクがある患者(例えば、浸潤性消化管悪性腫瘍、最近の消化管手術、憩室炎を含む憩室性疾患、虚血性大腸炎、またはベバシズマブとの併用療法)にモバンテックを使用した場合に報告されている。重度の腹痛、慢性的な腹痛、腹痛の悪化がないかモニタリングし、この症状が現れた場合は即座に中止すること。

臨床試験において、プラセボと比較してモバンテックで最も多く見られた有害事象は以下の通り:腹痛(21% vs 7%)、下痢(9% vs 5%)、吐き気(8% vs 5%)、鼓腸(6% vs 3%)、嘔吐(5% vs 4%)、頭痛(4% vs 3%)、多汗症(3% vs 1%未満

モヴァンティク(ナロキセゴール)は、オピオイド誘発性便秘(OIC)の治療に適しており、成人の非がん性慢性疼痛患者(過去のがんまたはその治療に関連した慢性疼痛患者を含む)で、頻繁に(例えば毎週)オピオイドを増量する必要のない患者を対象としている。

モヴァンティクのメディケーションガイドおよび処方情報全文はこちらをご覧ください。

レッドヒル・バイオファーマ社の電話番号1-833-ADRHILL(1-833-237-4455)またはFDAの電話番号1-800-FDA-1088またはwww.fda.gov/medwatchに有害事象を報告することをお願いします。

モヴァンティクは、アストラゼネカグループの登録商標である。

注:このプレスリリースは、当社が発行する英語版の公式プレスリリースを翻訳したものです。将来の予測に関する記述の免責文言を含む、英語版のプレスリリース全文はこちらをご覧ください:https://ir.redhillbio.com/press-releases 

 

お問い合わせ:

アディ・フリッシュ

コーポレート&ビジネス開発責任者

レッドヒル・バイオファーマ

+972-54-6543-112

adi@redhillbio.com

 

メディア関係お問合せ先:

米国: ブライアン・ギブス、フィン・パートナーズ

+1 212 529 2236

bryan.gibbs@finnpartners.com

英国アンバー・フェネル、コンシリウム

+44 (0) 7739 658 783

fennell@consilium-comms.com

 

[1] Crockett, Seth D., et al. 米国消化器病学会研究所ガイドライン「オピオイド誘発性便秘の医学的管理」、消化器病学156.1 (2019): 218 -226

[2] Movantik®(ナロキセゴール)の詳しい処方情報については、www.Movantik.comをご覧ください。 

[3]Talicia®(オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、リファブチン)の詳しい処方情報については、www.Talicia.comをご覧ください。 

[4] Aemcolo®(リファマイシン)の詳しい処方情報については、www.Aemcolo.comをご覧ください。

 

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg?p=medium600

 

 

ソース: RedHill Biopharma Ltd.
Related Stocks:
NASDAQ:RDHL