omniture

RedHill Biopharma社、COVID-19に関する経口オパガニブの肯定的な第2相データを発表

RedHill Biopharma Ltd.
2021-06-23 06:00 1118

COVID-19の中等症・重症患者に対する、経口タイプで2つのメカニズムの作用効果のある新しい治療薬候補であるオパガニブの、米国第2相の安全性及び有効性に関する肯定的なデータが世界微生物フォーラムで発表されました

オパガニブは、酸素補給の必要性の減少、入院期間の短縮化と関連付け、良好な忍容性を示しました

475人の患者を対象としたオパガニブのグローバル第2/3相試験は登録が完了し、今後数週間で試験終了を予定しています

オパガニブは、ホストターゲットであり、それゆえ、新たな変異体ウィルスに対して有効になると期待されています

テルアビブ (イスラエル) およびローリー(米国ノースカロライナ州)2021年6月23/PRNewswire/ -- 生物医薬品を専門とする企業であるRedHill Biopharma社 (ナスダック:RDHL) (以後「RedHill」または「当社」) は、本日、経口投与オパガニブ(Yeliva®、ABC294640)における第2相の安全性および有効性に関する肯定的なデータを発表しました。[1]世界微生物フォーラム(WMF)2021にて(ポスター番号:5574)

 

 

なお、40名の患者が被験者となった米国第2相試験の結果および事後解析結果は、以下の題でポスター発表されました。「COVID-19の肺炎患者への経口投与スフィンゴシンキナーゼ2SK2)阻害剤であるオパガニブ:SARS-CoV-2陽性の肺炎で入院中の成人被験者を対象としたランダム化、二重盲検、プラセボ対照の第II相試験 (NCT: 04414618[2]本試験では、デキサメタゾンやレムデシビルなどの標準治療(SoC)に加えて、オパガニブまたはプラセボを投与群に無作為に割り付けられた。試験結果は以下の通りです。

· オパガニブを投与群(n=22)の50%が14日目までに室内空気に達したのに対し、プラセボ群(n=18)では22%でした。デキサメタゾンやレムデシビルの投与を受けているか否かにかかわらず、オパガニブ投与患者が14日目までに室温に達する利点は維持されました

· 14日目までに退院した患者は、オパガニブ投与群の86.4%であったのに対して、プラセボ投与群では55.6%に留まりました

· 退院までの期間(中央値)は、オパガニブ投与群が6日であったのに対して、プラセボ投与群は7.5日でした

· オパガニブ投与群の81.8%がWHO順序尺度で2点の改善を達成したのに対して、プラセボ投与群では55.6%でした - 中央値はそれぞれ6日、7.5日で達成しました

· 安全性に関する指標は両群間で有意差はありませんでした(下痢が主な治療上の忍容性の差です)

「COVID-19を治療するための効果的な経口治療法の必要性は明らかです。そのような治療法があれば、このパンデミックに対処する能力Aは大きく向上するでしょう」と、今回の研究成果を発表したオレゴン健康科学大学感染症学部の教授であるKevin Winthrop氏(MDMPH)が述べています。「COVID-19の重症患者を対象としたオパガニブのPoC臨床試験で得られたこれらのデータは、このウイルスの影響に対処する上で、スフィンゴシンキナーゼ−2(SK2)阻害の役割を果たす可能性を示唆しています。オパガニブのデータは今後数週間でさらに増えることが予想されています。これにより、現在、治療の選択肢が少ない患者にとって待望の経口治療法となるよう、大きな進展を見せるでしょう。」

「今回、探索的な第2相試験の肯定的なデータが発表されたことで、オパガニブがCOVID-19の治療において、大規模な後期臨床試験で有効性を示す最初の経口治療となるという確信が深まりました。475名の患者を対象としたグローバルフェーズ第2/3相試験の登録が最近完了したので、近い将来、より明確な結果が得られるでしょう。」と、 Redhillの医長であるMark L. Levitt氏(M.DPh.D)は述べました。「オパガニブは、独自の二重の抗ウイルス・抗炎症作用を介して、COVID-19の原因と結果の両方に作用します。また、オパガニブは宿主細胞成分を標的としているため、新たに出現したSARS-CoV-2の変異種に対しても効果を発揮することが期待されます。これらの変異種はパンデミックの収束を脅かし続け、COVID-19への効果的な治療薬の緊急の必要性を強調しています。」

COVID-19の重症患者を対象としたオパガニブの第2相/第3相試験は、世界10カ国で承認されており、6月6日に57の参加施設で登録が完了しました。この研究の主要評価項目は、14日目までに酸素補給なしで、部屋の空気で呼吸できる患者の割合です。臨床的改善と危篤の発生率、死亡率の世界保健機関の順序変数によれば、退院と改善の時期などの追加の重要なアウトカム指標についても、最長6週間のフォローアップ期間中に把握する予定です。非盲検下での安全性評価と無益性評価を経て、4つの独立したDSMBから試験継続の勧告を受けました。盲検混合気管挿管評価と死亡率は、回復についての大規模なプラットフォーム研究と、類似の患者集団で行われた他試験からの報告死亡率を比べると、有望です[3]。

オパガニブについて(Yeliva®ABC294640)

オパガニブ、新しい化学実体は、専有、ファーストクラス、経口投与、スフィンゴシンキナーゼ2(SK2)選択的阻害剤、二重抗炎症と抗ウィルス活性、ホストターゲットであり、新たな変異体ウィルスに対する効果があると期待されています。オパガニブはまた、抗癌作用を示すため、複数の癌、ウィルス、抗炎症、そして胃腸の兆候を標的とするための潜在性があります。

オパガニブは、グローバルフェーズ第2/3相試験において、COVID-19肺炎治療として評価されています。米国フェーズ第2相試験の40人の患者から、予備トップラインデータの有効性シグナルと有益な安全性を明らかにしました。

オパガニブはまた、胆管癌の治療のために米国FDAから希少疾病用医薬品を受けており、前立腺癌における第2相試験において、先進的な胆管がんの第2a相試験が評価されています。

オパガニブは、SARS-CoV-2に対して有力な抗ウィルス活性だと証明され、COVID-19を引き起こすウィルスに対して、ヒト肺気管支組織のインビトロモデルにおいて、完全にウイルスの複製を抑制します。さらに、前臨床 インビトロ 試験は、インフルエンザ感染と改善された 緑膿菌からの死亡率低下を示し、炎症性肺疾患、肺炎はオパガニブの潜在性を示しました。気管支肺防洗浄において、IL-6とTNF-alphaのレベル低下によって、肺の損傷を引き起こします。[4]

オパガニブの進行している調査は、 www.ClinicalTrials.govへ登録されており、 米国国立衛生研究所によるwebベースサービスにて、公的、私的にサポートされている臨床試験についてのパブリックアクセス情報を提供します。 

RedHill Biopharmaについて 

RedHill Biopharma Ltd. (ナスダック: RDHL)は、主に胃腸と感染症についてのバイオ専門医薬品会社です。RedHillは胃腸薬を促進します、 Movantik® 成人オピオイド誘発性便秘用[5]、 Talicia® 治療 ヘリコバクター-ピロリ菌(ピロリ菌) 成人向け感染症用[6]、および Aemcolo® 成人旅行者向け下痢治療用[7].RedHillの主な臨床後期段階の開発プログラムは、次のとおりです: (i) RHB-204、肺抗酸菌マイコバクテリア(NTM)の病気で進行中の第3相試験;(ii) opaganib(®ABC294640)、ファースト-イン-クラス、SK2選択的阻害剤は、有効なフェーズ2COVID-19データおよび、進行中のCOVID-19、進行中の前立腺癌と胆管癌に関する、第2相試験中で進行しているフェーズ2/3プログラムを有する複数の適応症を標的とする;(iii) RHB-107(ウパモスタット)、COVID-19症状のある治療の米国第2/3相試験におけるセリンプロテアーゼ阻害剤、および他の複数の癌および炎症性消化管疾患を標的とす) RHB-104、クローン病のための第3段階の調査からのプラスの結果;(v) RHB-102 Bekinda®) 急性胃腸炎および、胃炎についての第3相試験からの陽性結果および、IBS-Dについての第2相試験からの陽性結果を有する;および(vi) RHB-106、カプセル化された腸の準備。当社についての詳細は、こちらまでお問い合わせください www.redhillbio.com/ https://twitter.com/RedHillBio。 

注:このプレスリリースは、便宜上、当社が発行する公式プレスリリースを英語で翻訳したものです。将来予測に関する記述の免責事項が含まれており、英語版プレスリリースについては、以下をご覧ください。https://ir.redhillbio.com/press-releases 

 

当社問い合わせ先:

アディ・フリッシュ

コーポレート&ビジネス開発責任者

RedHill Biopharma

+972-54-6543-112

adi@redhillbio.com

メディア連絡先:

U.S.: ブライアン・ギブス、フィン・パートナーズ

+1 212 529 2236

bryan.gibbs@finnpartners.com

UK: アンバー・フェネル、コンシリウム

+44 (0) 7739 658 783

fennell@consilium-comms.com

 

[1] 本剤は治験薬であり、市販されていない製品である。

[2] COVID-19の肺炎患者への経口投与スフィンゴシンキナーゼ2(SK2)阻害剤であるオパガニブ:SARS-CoV-2陽性の肺炎で入院中の成人被験者を対象としたランダム化、二重盲検、プラセボ対照の第II相試験(NCT:04414618K. L. Winthrop、A. W. Skolnick,、A. M. Rafiq、S. H. Beegle, J. Suszanski、G. Koehne、O.Barnett-Griness、A. Bibliowicz、R. Fathi、P. Anderson、G. Raday、G. Eagle、V. Katz Ben-Yair、H. S. Minkowitz、M. L. Levitt、M. S. Gordon

[3] 463人の患者の予備盲検ブレンドデータに基づきます。同社は、同じ患者集団においてのヘッドツーヘッド比較研究は行いません。オパガニブのグローバルフェーズ第2/3相試験と、回復の大規模なプラットフォーム研究から報告された死亡率、および同様の患者集団における他の研究との間の理論的比較は、一般的なベンチマークとして機能し、当社がヘッドツーヒアー比較研究を実施したかのように、直接的および/または適用可能な比較として解釈されるべきではない。

[4] Xia C. et al.スフィンゴシンキナーゼの一過性阻害は、A型インフルエンザに感染したマウスを保護します。Antiviral Res.2018年10月; 158:171-177.Ebenezer DL et al.緑膿菌が核内のスフィンゴシン1リン酸産生と肺炎症障害のエピジェネティックな調節を刺激します。Thorax.2019年6月;74(6):579-591.

[5] Movantik® (naloxegol) の規定情報はwww.Movantik.comをご覧ください。 

[6]Talicia® (オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、リファブチン) の規定情報についてはwww.Talicia.comをご覧ください。 

[7] Aemcolo®に (rifamycin) の規定情報はwww.Aemcolo.comをご覧ください。

ロゴ https://mma.prnasia.com/media2/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: RedHill Biopharma Ltd.
Related Stocks:
NASDAQ:RDHL OTC:REDIF