omniture

世界初、バイアーのレーダーオンチップがたった1つで車内全体を監視

Vayyar
2021-03-24 20:00 520

多機能型シングルチップセンサー1つでフルサイズSUVの車内をくまなく監視。
極めて優れた安全性を提供し、簡素化とコスト削減を実現。

イスラエル、テルアビブ, 2021年3月24日 /PRNewswire/ --

  • バイアーの4Dイメージングレーダーオンチップ(RoC)は、3列すべての座席、足元エリア、トランクまでをカバーする世界初のテクノロジー。
  • たったひとつのセンサーで命を救うシングルセンサーソリューションを今すぐ利用可能。2023年と2025年に厳格化されるユーロNCAPの安全要件をクリアし、最大10ポイントの加点が可能。安全関連の様々なアプリケーションへと拡大しても余計な費用は発生しない。
  • バイアーの超広角センサーがサンルーフ搭載の8人乗りを含め、すべての車両に対応。どの車種でもセンサーの取付場所は同じ。
  • 多機能型シングルチッププラットフォームは、最大7個の単機能センサーの役割を1つのセンサーに集約し、複数のアプリケーションを同時にサポート可能であることが最大のメリット。
  • 各メーカーはデータリッチな4D点群のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用し、チップ上または中央演算処理によって、余計なコストをかけず、多数の新機能を独自で迅速に追加可能。
 

本プレスリリースに関する画像と動画はこちらをご覧ください。
動画はYouTubeでもご覧いただけます。

4Dイメージングレーダー技術の市場を牽引するバイアー(Vayyar)は、レーダーオンチップ(RoC)1つであらゆる乗用車の車内全体を監視できる世界初の自動車センサーを開発しました。

バイアーの車載センサーは量産可能で、最大3列をカバーできる設計となっています。これは、過去5年で60%もの急激な伸びをみせている世界的なSUV人気を踏まえたものです。また、後部座席の天井に設置できるため、近年増加傾向にあるサンルーフ搭載車でも、取付位置に困ることはありません。各座席とその足元エリア、トランク空間を監視するこのセンサーが画期的な安全ソリューションとなり、子供など、最も弱い立場にある乗員を守ります。

車内に置き去りにされ、車内熱中症で命を落とす子供は、毎年200人近くにのぼります。外気温が22度ほどの涼しい日でも、こうした悲劇はほんの数分で発生する可能性があり、特にサンルーフ搭載車では、車内の温度があっという間に47度まで上昇することがあります。

「SUVは多くの国で販売台数の40%以上を占めており、車内全体をくまなくカバーすることは極めて重要です」と、バイアーの自動車部門統括責任者であるイアン・ポカミエン氏は語ります。「サンルーフ搭載車を含め、3列すべてを監視対象とした幼児置き去り検知(CPD)によって、車内熱中症の発生を防止できます。また、シートベルトリマインダー(SBR)の機能を強化し、すべての乗員にシートベルト着用を徹底することによって、数千人の命が救われます。CPDとSBRの両機能を果たす手頃な価格のセンサーを1つ取り付けるだけで、どんな車両でもハイエンドの安全性を達成できます」

車内全体をカバーするバイアーのセンサーは、周囲の明るさや天候に左右されません。また、カメラを必要としないため、プライバシーが侵害される心配もありません。バイアーのセンサー1個が内蔵する送受信器は48個あり、業界屈指の広い視野と超高解像度を誇るため、このシングルチッププラットフォームは複数の高度なアプリケーションを同時にサポートでき、多数の単機能センサーをこのセンサー1個に置き換えることができます。

SUVの車内空間は広く、SUV所有者の大半が小さな子供を持つ親たちであることを鑑みると、3列シート全体を監視できることは、車内センサーにとって欠くことのできない重要な性能です。2〜3個の単機能センサーでSUVの車内全体をカバーしようとすると、安全を確保するために必要なコストと労力が車両サイズに比例して増加することは避けられません。

これまで、サンルーフ搭載車の場合には車内センサーの取付場所が限定されるという課題もありました。天井中央にセンサーを取り付けできないため、メーカーは最適ではない場所に取り付けざるを得ませんでした。しかし、OEMメーカーがバイアーのセンサーを採用すれば、後部座席の天井部にセンサーを1つ取り付けるだけで、サンルーフの有無にかかわらず、乗用車の車内全体をカバーできます。 

バイアーは、ユーロNCAPの安全評価基準が2023年と2025年に厳格化されることを踏まえ、基準をクリアするための最善の解決策として、幼児置き去り検知(CPD)と全席シートベルトリマインダー(SBR)の両方の機能を果たすセンサーをOEMメーカーとティア1サプライヤーに提供します。乗員の検出、子供と大人の識別、乗員の姿勢と位置の確認をシングルセンサープラットフォームで実行します。

ロバスト性に優れた車載グレードのソリューションがもたらすメリットはCPDとSBRだけではありません。このプラットフォームはASIL-Bに準拠し、AEC-Q100の認定を取得しており、最も厳しいとされるユーロNCAPの車内安全性評価において、2023年以降も最大10ポイントを獲得可能とします。

自動車メーカーは、多機能に対応するシングルチッププラットフォームを採用することにより、機能ごとに別のセンサーを使用してきた従来のアプローチから脱却できます。従来の方法は、配線やハードウェア、ソフトウェア、SOPプログラムが多数必要である上、システム統合のための作業負荷や余計な費用負担も大きく、非経済的で持続不可能でした。今後は、安全性能に関する様々なアプリケーションにセンサー1つで対応でき、大幅な簡素化とコスト削減を実現できます。

メーカーは、バイアーのプラットフォームが提供する、データリッチな4D点群のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用し、点群レイヤー上で多数の新たな安全機能を独自に開発・展開できます。主に、乗員検知(OS)、エアバッグ展開の最適化と作動の動的な解除、シートベルトプリテショナー、「eCall」、ジェスチャー認識、着座位置ずれ検出、侵入者検出などが考えられます。

このプラットフォームはOTA(Over The Air)アップデートに対応しているため、自動車メーカーは車両を生産ラインから送り出した後も、プラットフォームに新機能を追加できます。OTAの導入に伴い、開発リスクの低減と市場投入までの時間短縮という付加価値が生まれ、大幅なコスト削減につながります。

「バイアーのセンサーは、他のレーダーセンサーやスタンダードなECUと同様の手頃な価格ですので、高級車に採用されるような最高レベルの安全性を大衆車にも採用できるというパラダイムシフトが加速します」と、ポカミエン氏。「特にSUVの場合、広い車室内をすべてカバーし、安全を確保することは容易ではありません。多機能型シングルチッププラットフォームは、ハードウェアを追加しなくても安全性を向上でき、座席ごとに複数のセンサーを設置する場合と比較すると、大幅な簡素化とコスト削減につながります」

バイアー・イメージング社(自動車分野)について

バイアーのインテリジェントセンサーは、車載グレードの4Dイメージングレーダー技術を用い、車内とADASの包括的な安全性を確保します。4Dとは、動作、時間、速度を捉える能力を意味します。このセンサーの核となるのが、最大48個の送受信器を内蔵し、超高解像度を誇る高性能レーダーオンチップです。バイアーが開発したシングルチップレーダーモジュールは60GHz帯と79GHz帯を使用し、超広角をカバーできるため検知範囲が非常に広く、車両のセンサー数を大幅に削減できます。車内と車両周囲をくまなく監視しつつ、複数の検知対象や物体を追跡します。バイアーの技術は多機能で低価格、量産も可能です。レーダーベースのプラットフォームはロバスト性に優れ、道路状況に左右されず、ユーザーのプライバシーも守ります。バイアーは今よりさらに安全な世界を目指し、小型で低価格で幅広い用途に対応する次世代センサー技術の開発を継続していきます。

補足情報

従来のレーダーソリューションは2〜3個の送信アンテナと3〜4個の受信アンテナという構成ですが、4Dイメージングレーダーは、MIMO(多入力・多出力)の48アンテナアレイを活用して周囲状況の高解像度マッピングを可能とします。データリッチな点群データ出力と、方位角・仰角両方における非常に広い視野とを組み合わせ、抜群の精度で検出と追跡を行い、道路前方の安全を最大限に守るセンサーです。

Video - https://www.youtube.com/watch?v=8mi-B6kyow8
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1460103/vayyar_radar_on_chip.jpg?p=medium600

 

Vayyar Becomes First And Only Company In World To Offer Full-cabin Monitoring With One Radar-on-chip
Vayyar Becomes First And Only Company In World To Offer Full-cabin Monitoring With One Radar-on-chip

 

ソース: Vayyar
Related Links: