omniture

オパガニブのフェーズ2/3のCOVID-19試験に対するDSMBの無駄の極的なレビューを発表したレッドヒル生物薬剤

RedHill Biopharma Ltd.
2021-02-02 06:00 1070

非盲検の安全性と有効性のデータの中間レビューに続いて、独立したDSMBは、重度のCOVID-19に対する経口投与されたオパガニブのグローバルフェーズ2/3試験の継続を満場一致で推奨します。 

オパガニブはウイルス複製に関連する人間細胞成分を標的としてし、 スパイクプロテインに変異がある新たなウイルス変異体に対して有効であると期待されています。

オパガニブの非動力米国フェーズ2試験の予備データは主要な一次および二次終点にわたる安全性と有効積極のデータを明示しました 

TEL AVIV, イスラエルとラレフ, N.C., 2021年2月2日 /PRNewswire/ --レッドヒル生物薬剤株式会社(NASDAQ取引名称: バイオ医薬品専門会社であるRDHL)(「レッドヒル」または「会社」)は本日、重度のCOVID-19患者を対象とした[1]オパガニブのグローバルフェーズ2/3調査についての独立データ安全監視委員会(DSMB)が 調査中で治療された最初の135人の患者からの非盲検有効性データと最初の175人の患者からの安全性データについて事前スケジュールをされた無駄なレビューに追従して調査を継続するためという満場一致で推奨することを発表しました。 

 

 

「オパガニブは抗ウイルス、抗炎症、および抗血栓活性が実証された経口投与で新たなスフィンゴシンキナーゼ-2(SK2)阻害剤です。積極及び満場一致のDSMB勧告は我々のCOVID-19疾患に対する発展プログラムの進展における重要な里程標となります。フェーズ2調査の積極的な結果と連結して、グローバルフェーズ2/3調査を継続するため満場一致で、DSMBの本勧告は安全性と有効性の両方の観点から正確方向に向かっていることを提案しています。」とレッドヒルの医療社長であるMark L. Levitt様、医師博士.医療社長は述べしました。「これはパンデミックとの闘いにおいて特に困難な時期で、ウイルスの突然変異が感染率を高め、パンデミックに対する社会対応の多方面に影響を与えます。効果的な治療法は必要となります。オパガニブの活動機序は細胞内のウイルス複製過程と下流の炎症/免疫反応に関与する人間宿主細胞成分SK2を標的としてします。これはオパガニブがSARS-CoV-2スパイクプロテインの気にかかる変異に関係なく、その活性を維持するのに期待されることを意味します。これらの変異はSARS-CoV-2能力が直接的な抗ウイルスmAbに対する耐性を発展させ、ワクチン有効性に影響する可能性を強調しています。これは益々増加しているウイルス株に直面する時にオパガニブの重要な利点であり、患者を酸素から解放して退院できるのに役立ち、必須の治療オプションについて有望を提供します。」

この無駄なDSMBについて積極なレビューはグローバルフェーズ2/3調査が期待通りに進んでいることを示唆しており、米国でのフェーズ2試験のトップラインの安全性と有効性に関する積極なデータに加えてその中、オパガニブは世界保健機関(WHO)の序数スケールの規定に追従して臨床改善に相関し、一次および二次有効性にについて主な結果に基づいて、14日目の治療終了迄に酸素必要量の削減に大きな改善を証明しました。  フェーズ2のデータではオパガニブと偽薬治療群の間に物質安全性について違いなくは明示しますーさらに、オパガニブの安全性データベースに追加しています。ウイルスおよび炎症性バイオマーカー分析、ベースライン危険因子、標準治療の療法層別化を含むフェーズ2データの健全な分析は今後数週間で予定されており、ピアレビューのために提供する計画化となります。

患者に向け挿管と人工呼吸を減少することを目的としたため、急速に進化する臨床診療と入院済COVID-19患者の治療案内に沿って、グローバルフェーズ2/3調査の主要終点は現在、部屋の空気に接近できる患者の割合で(酸素補給を必要としなく)14日目に当たり、以前は主要な二次終点です。挿管と人工呼吸は二次終点としてみなしています。一致として、調査は約460人の患者に対してブラインドサイズ変更が計画されています。7か国に約30の調査サイトがあり、今後数日及び数週間で追加するサイトと国が追加されます。トップラインデータ、及び潜在的なグローバル緊急使用許可アプリは2021年の第2四半期に予定されています。

オパガニブ (ABC294640 Yeliva®について 

新しい化学物質、オパガニブは、ウイルス複製の宿主細胞成分を標的とし、潜在的にウイルス耐性の可能性を最小化する二重の抗炎症および抗ウイルス活性を示して、独自のクラス内最初の経口投与スフィンゴシンキナーゼ–2 (SK2) 選択的阻害剤です。オパガニブはまた、抗癌活性を示し、複数の腫瘍学、ウイルス、炎症、および胃腸適応を標的とする可能性です。オパガニブはまた、抗癌活性を示し、複数の腫瘍学、ウイルス、炎症、および胃腸適応を標的とする可能性があります。

オパガニブは、胆管癌治療薬として米国FDAからオーファンドラッグの指定を受けており、進行胆管癌を対象としたフェーズ2a試験と前立腺癌を対象としたフェーズ2試験で評価中になっています。オパガニブはCOVID-19肺炎の治療薬としてもグローバルフェーズ2/3試験で評価されており、米国のフェーズ2試験で得られた予備的なトップラインデータでは、安全性および有効性に関する陽性のシグナルが示されています。

前臨床データは、肺炎のような炎症性肺疾患を改善し、肺線維症損傷を軽減する可能性あり、オパガニブの抗炎症、抗ウイルスおよび抗血栓活性を示しています。オパガニブは、COVID-19のウイルスであるSARS-CoV-2に強力な抗ウイルス活性を示し、ヒト肺気管支組織の試験管内(in vitro) モデルでウイルス複製を完全に阻害しました。また、後天性呼吸窮迫症候群の前臨床モデルにおいて、血栓の長さ、重量及び総血栓スコアの減少が認められました。加えて、前臨床in vivo 調査 [2]は、オパガニブがインフルエンザウイルス感染による死亡率を低下させ、気管支肺胞洗浄液中のIL–6とTNF–αのレベルを低下させることにより、緑膿菌が誘導する肺損傷を改善することを示しました

オパガニブは、もともと米国を拠点とするApogee Biotechnology Corp.によって開発され、腫瘍学、炎症、GI、および放射線防護モデルにおける複数の成功した前臨床試験、ならびに進行性固形腫瘍を有するがん患者を対象としたフェーズ1臨床試験および多発性骨髄腫における追加のフェーズ1試験を完了しました。

オパガニブの開発は、NCI、BARDA、米国国防総省、FDA孤児製品開発局など、Apogee Biotechnology Corp.に授与された米国連邦および州政府機関からの助成金と契約によってサポートされています。

オパガニブを使用した進行中の調査は、www.ClinicalTrials.govに登録されています。これは、米国国立衛生調査所によるウェーブベースのサービスであり、公的および私的にサポートされている臨床調査に関する情報へのパブリックアクセスを提供します。  

レッドヒル生物薬剤について 

レッドヒル生物薬剤株式会社(ナスダック:RDHL) は、特殊バイオ製薬会社で、主に消化管疾患と感染症に重点を置いています。レッドヒルは胃腸薬の販売を促進しており、 モヴァンティク® は成人におけるオピオイド誘発性便秘の治療薬[3]、 タリシア® は成人における ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌) 感染の治療薬 [4]、及び アエンコロ® は成人における旅行者下痢の治療薬[5]です。レッドヒルの主要な臨床後期開発プログラムには次のものが含まれます:(i) RHB-204、肺の非結核性抗酸菌 (NTM) 疾患のために進行中のフェーズ3試験を含みます; (ii) オパガニブ (エリーバ®)複数の適応症を標的としたクラス--最初SK2選択的阻害薬で、COVID-19を対象としたフェーズ2/3試験、前立腺癌および胆管癌を対象としたフェーズ2試験が進行中です; (iii) RHB-107(ウパモスタット):症候性COVID-19における複数の他の癌および炎症性胃腸疾患を標的とした計画されたフェーズ2/3試験によるセリンプロテアーゼ阻害剤です; (iv) RHB-104, クローン病に対する最初のフェーズ3試験で陽性の結果が得られました; (v) RHB-102 (ベキンダ®)、急性胃腸炎・胃炎を対象としたフェーズ3試験で陽性、IBS-Dを対象としたフェーズ2試験で陽性; 及び (vi) RHB-106、カプセル化された腸製剤です。当社の詳細については www.redhillbio.com / https://twitter.com/RedHillBioをご覧ください。

注:注:このプレスリリースは、便宜上提供されており、当社が英語で発行した公式プレスリリースの翻訳版です。将来の見通しに関する記述の免責事項を含む、英語の完全なプレスリリースについては、https://ir.redhillbio.com/press-releasesをご覧ください。

 

会社の連絡先: 

Adi Frish

最高経営責任者及び事業開発責任者 

レッドヒル生物薬剤 

+972-54-6543-112

adi@redhillbio.com 

 

メディアの連絡先(米国): 

Bryan Gibbs

副社長 

フィンパートナー 

+1 212 529 2236

bryan.gibbs@finnpartners.com 

[1] オパガニブは臨床試験用の新医薬品で、一般には流通していない。

[2] Xia C. et al.Transient inhibition of sphingosine kinases confers protection to influenza A virus infected mice (スフィンゴシンキナーゼの一過性阻害は、A型インフルエンザウイルスに感染したマウスを保護します)。Antiviral Res.2018年10月、158:171-177Ebenezer DL et al.Pseudomonas aeruginosa stimulates nuclear sphingosine-1-phosphate generation and epigenetic regulation of lung inflammatory injury (緑膿菌が核内のスフィンゴシン1リン酸産生と肺炎症障害のエピジェネティックな調節を刺激します)。Thorax.2019年6月; 74(6):579-591。

[3] モヴァンティク® (ナロキセゴール) の処方に関する詳細な情報は、www.Movantik.comから閲覧可能です。 

[4] タリシア® (オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、およびリファブチン) の処方に関する詳細な情報は、 www.Talicia.comから閲覧可能です。 

[5] アエンコロ® (リファマイシン) の処方に関する詳細な情報は、www.Aemcolo.comから閲覧可能です。

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg?p=medium600 

 

ソース: RedHill Biopharma Ltd.