omniture

香港初のスターリンク計画:ゴールデン・バウヒニア衛星が将来のスマートシティーを構築

Hong Kong Aerospace Technology Group
2020-04-20 09:00 1013

【香港2020年4月20日PR Newswire=共同通信JBN】5G時代のスマートシティーへと向かう中、Hong Kong Aerospace Technology Group, Ltd.(HKATG、香港航天科技集団)は衛星産業のパイオニアとして、同社で初となるスターリンク計画の広東・香港・マカオ大湾区ゴールデン・バウヒニア衛星コンステレーション(Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area Golden Bauhinia Satellite Constellation)を開始した。この計画は香港初の衛星スターリンク計画でもあり、将来のスマートシティー構築に集中して取り組む。大湾区をカバーすることに重点を置き、急速に発展する都市の集積を促し、都市の情報化、改善、インテリジェント化とともに、香港経済を強化する人間指向の持続可能な発展とイノベーションの徹底した統合をダイナミックに達成することを目指している。

ゴールデン・バウヒニア衛星コンステレーションは低軌道・高周波のコンステレーションで、その大規模なコンステレーションは都市集積全体の生態ライフサイクルデータすべてを取得できる。その上、ゴールデン・バウヒニア衛星コンステレーションは400nmから1000nmの間のスペクトル領域を持つ地上観測3メートルの空間分解能を備えている。その軌道は最大5万6000平方キロの面積がある大湾区全体を2日毎に1回カバーできる。

この衛星コンステレーションは、観測の重点地域に30分毎に再訪することができ、最新の情報を取得する。2m@500km の地上ピクセル解像度を持つ高解像度CMOSセンサーカメラと連動することで、単一画像の地上幅は54kmを上回る。

それに加え、衛星の打ち上げはもはや国家や産業に限られたものではなく、より多くの商用衛星アプリケーションが可能になっている。統計によると、2018年の世界の宇宙経済は3600億米ドルに達し、衛星産業はその77%を占めている。打ち上げコストが安価になり、衛星製造の損益分岐点が下がる中、商用衛星打ち上げ産業は主流になるだろう。

HKATG取締役会長のスン・フェンクアン氏は航空宇宙産業の将来の発展について、衛星コンステレーションと市場経済はますます緊密に関係するようになり、商用宇宙産業はすぐに競争に参加することが可能になるだろうと述べた。この上でスン氏は、香港で初めて衛星スターリンク計画を開発した企業のHKATGは世界最高の基準と肩を並べ、大湾区とアジア企業に恩恵をもたらして彼らの競争力を高め、将来のスマートシティー構築を支援するだろうと述べた。

ウェブサイト:www.hkatg.com

▽メディア問い合わせ先

Mr. Kwok
Tel: 852-25725008

ソース:Hong Kong Aerospace Technology Group 

ソース: Hong Kong Aerospace Technology Group
Related Links: