omniture

創立20周年を迎えるCHTF 2018が11月14日深センで開幕

CHTF Organizing Committee Office
2018-11-15 20:46 1026

【深セン(中国)2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】China Hi-tech Fair 2018(中国ハイテク見本市2018、CHTF)は、2018年11月14日から18日までShenzhen Convention and Exhibition Center(深セン会展中心)で「New Development Concept for High Quality Growth(高品質な成長のための新開発コンセプト)」のテーマの下に開催される。

China Hi-Tech Fair 2018 opens during November 14-18 in Shenzhen, China
China Hi-Tech Fair 2018 opens during November 14-18 in Shenzhen, China

「中国ナンバーワンのテクノロジー・ショー」として知られるCHTFは1999年の創設以来、中国ハイテクセクタ一の重要な窓口として、また最も効果的なハイテク交易のプラットホームとして成長してきた。CHTF は創立20周年記念に当たり、多様なプレゼンテーション手段を用い、その豊かな歴史を示す種々の展示物を集めた「Time Gallery」を準備し、世界のテクノロジーファンに向け、中国ハイテク業界の過去20年にわたる出来事や目覚ましい開発の歴史を紹介する。

CHTF 2018では各種の政府ハイテク展示、総合展示、さらに業界向けの展示が用意されている。中国ハイテク展示は各中央省庁が組織している。総合展示では企業、大学、科学研究所、イノベーションセンター、インキュベーションセンターなどの製品が展示される。業界展示ではIT、省エネルギー、環境保護、新エネルギー、グリーンビル、新素材、スマート医療&健康、航空宇宙科学と技術、光電気、スマートシティ、先端製造、軍民統合、センサー技術、IT応用例などがカバーされている。 

1000を超える新製品と技術の展示の中には上海応用物理研究所(Shanghai Institute of Applied Physics)が製作したプロトン治療のデモ機器や世界最初のレーザ-・レーダーを利用した自動運転ソリューションが含まれる。

CHTF組織委員会の副主任のスー・ヤンウェイ氏は、CHTF 2018は12万平方メートル強の展示スペースを持ち、「一帯一路」36カ国を含め世界41カ国および国際組織から記録的な61の出展代表団と3000強の出展者を引き付ける予定だと述べた。今年は中南米およびカリブ海諸国が特に熱意を示しており、チリ、キューバ、ペルーは初展示となる。代表団を送り込む海外の業界出展者も多く、その中にはSino-German Industry 4.0 Alliance、日本貿易振興機構(JETRO)、韓国大田市の代表団が含まれる。

さらに、多くの政府関係者、有名専門家、学者、企業幹部が参加することになっており、その中にはアルゼンチン、ベルギー、スイス、ロシアの政府高官、マイクロソフト、Amazon、SAP、アクセンチュア、フィリップスの経営幹部、さらにノーベル賞受賞者、学界人、経済学者などが含まれる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2299815-1

ソース:CHTF Organizing Committee Office

ソース: CHTF Organizing Committee Office