omniture

◎中国-ドイツ路線にB777-300ER導入  中国国際航空

Air China
2012-11-14 15:01 1427

 

【北京2012年11月13日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は11月22日から、同社の北京-フランクフルト便に長距離ワイドボディーのB777-300ERを導入する。

 (Logo: http://www.prnasia.com/sa/2008/12/26/200812261146.jpg
 (Photo: http://www.prnasia.com/sa/2012/11/13/20121113142536833021.html

中国国際航空は北京-フランクフルト航空路線に重点を置いており、現在は両都市間に毎日2往復便を提供している。2011年7月、中国国際航空は北京-フランクフルトCA931/2便に最初に納入されたB777-300ERを使用した。北京-フランクフルトCA965/6の航空機も現在、B777-300ERにアップグレードされている。中国国際航空は航空機のアップグレードによって、ドイツ市場における地位を一層確固たるものにしている。

B777-300ERは世界中のビジネス旅行者が高く評価する航空機タイプである。同機は、8席のファーストクラス・シート、42席のビジネスクラス・シート、261席のエコノミークラス・シートを備えている。ファーストクラスでは、横になることができるシートを包み込むシェルがプライバシーを保護し、天然ウールと革張りクッション材が快適さをもたらす。ビジネスクラスでは、乗客にはシートを調整するための独立したコントロールパネルが用意されている。エコノミークラスでは、人間工学的に設計されたシートが乗客に安心感を与え、より広いレッグルームを提供する。すべてのクラスのサービスには個別のAVODと電源コンセント、クラス別にそれぞれ25インチ、15インチ、9インチのディスプレー、幅広いAVODプログラムがそろっている。その他に、微妙な自然光を再現するために10カ所以上のセッティングを備える独自のムード照明システム、中央バー、バリアフリー・トイレなど機内提供のアメニティーがある。

中国-ドイツ市場で最大規模の中国航空会社である中国国際航空は現在、北京-フランクフルト、上海-フランクフルト、北京-ミュンヘン、北京-デュッセルドルフの4路線を運行している。

▽中国国際航空(Air China)について

中国国際航空は中国唯一のナショナルフラッグ・キャリアーで、スターアライアンスのメンバーである。同航空はまた、中国国家指導者が諸外国を訪問する際の特別運航サービスを提供する。

中国国際航空は432機のエアバス、ボーイング機の航空機団を運用して、30カ国・地域に282ルートを運航している。スターアライアンス加盟のおかげで、北京をハブ空港とする同航空のルート・ネットワークは、世界181カ国の1160地点に及んでいる。

中国国際航空に関する詳しい情報はウェブサイトwww.airchina.comを参照。

ソース:Air China

ソース: Air China