omniture

考古学者が、新石器時代のアラビア北西部の長期居住地に関する初の包括的な記述を発表

The Royal Commission for AlUla (RCU)
2024-07-11 03:44 2306
  • アルウラ王立委員会(RCU)が後援する国際チームがスタンディングストーンサークルと呼ばれるユニークな住居を分析しました
  • 新石器時代に関する重要な研究によると、紀元前6世紀と5千年紀のこの地域の住民は、以前に考えられていたよりも定住していたことが示唆されています

サウジアラビア・アルウラ, 2024年7月11日 /PRNewswire/ -- サウジアラビア北西部のアルウラ郡で行われた画期的な考古学的研究は、新石器時代にこの地域で確認された長期住居の種類に関する初の包括的な記述と分析を発表しました。

Artists’ impression of a small cluster of Standing Stone Circle dwellings during the Neolithic period. A male figure shepherding goats back into the camp, another sits outside, knapping stone tools. The animal skin walls of their dwelling are thrown up while a number of small hearth fires sit cold. (Artist: Thalia Nitz)
Artists’ impression of a small cluster of Standing Stone Circle dwellings during the Neolithic period. A male figure shepherding goats back into the camp, another sits outside, knapping stone tools. The animal skin walls of their dwelling are thrown up while a number of small hearth fires sit cold. (Artist: Thalia Nitz)

この研究は、紀元前6世紀から5千年紀にかけて、これまで考えられていたよりもこの地域の住民が定住型の生活をしていたことを示唆しています。  また、住民は家畜を飼い、宝石を作り、レバントからヨルダン東部と紅海に広がる文化的地平線に沿って交易を行っていました。

7月2日に査読付きレバント誌に掲載された報告書によると、シドニー大学の考古学者Jane McMahon氏が率いる研究では、直径4〜8メートルの円に2列の直立した石板が配置されたユニークなタイプの住居であるスタンディングストーンサークルとして知られる構造の考古学的調査の最新の結論と観察について説明されています。スラブは、住居の屋根を支えるために2列の間に挟まれた木材の柱(おそらくアカシア)の基礎として使用されたようであり、中央の別のスラブも中央の木材の支柱を支えていました。研究者は、さらなる研究が必要であることを強調しています。現場で発見された道具と動物の遺物は、屋根が動物の皮でできていた可能性があることを示唆しています。

チームは、アルウラ郡の玄武岩に覆われた火山台地であるハラットウワイリッドにある431のスタンディングストーンサークルを調査し、そのうち52の構造物を調査し、11の構造物を発掘しました。

Jane McMahon 氏は次のように述べています。「この研究では北西アラビア地方の初期の住民の生活の様子に関する仮定をテストしています。彼らは功利主義的な生活を送る遊牧民ではありませんでした。彼らは独特の建築と家、大量の家畜、そして予想外の並外れたレベルの多様性を持つ宝石と道具を持っていました。スタンディングストーンサークルの数とその規模から、それらは、以前に考えられていたよりもはるかに数が多かったようにも考えられています」

RCUの考古学および文化遺産調査担当理事であるRebecca Foote博士は、次のように語っています。「世界最大の考古学研究プログラムの1つをRCUが後援していただき、この地域の新石器時代の住民に対する理解が深まっています。以前の研究では彼らの狩猟収集と儀式の方法が示されていましたが、現在、私たちはそれらの人々の日常生活の仕組みについてまったく新しい情報が手に入るようになりました。現在、12の調査、発掘、専門プロジェクトが実施され、9つのプロジェクトが完了しており、RCUは考古学研究と保存のグローバルハブを作りながらアラビア北西部の豊かな文化的景観についてより研究が進むのが楽しみです」

スタンディングストーンサークルで発見された動物の死骸でのこのチームの分析ではヤギやヒツジなどの家畜種が優勢とされましたが、ガゼルや鳥類などの野生種が補完する自給自足経済が混在していることが示されました。住民の牧畜への大きな依存から、天候、水、植生などの環境や資源の変動に対応する柔軟性と回復力を持っていたと考えられます。

研究チームが分析を行った矢じりは、ヨルダン南部と東部に見られる矢じりの種類と類似した種類と形をしています。他の証拠を見ても、これは2つの地域の個体群が相互作用したという、最も明確な証拠を示していますが、この相互作用の本質は、まだ明らになっていません。

遺跡で見つかった小型の遺物も、この期間のより相互接続された地域への手がかりを示しています。たとえば、チームが発見した腹足類と二枚貝の殻は、多くの場合、単一の穴が開けられており、ビーズとして使用された可能性があります。貝殻の属によると、西に120km離れた紅海のものと一致しており、新石器時代の海岸とのつながりを示唆しています。

その他の発見として、砂岩や石灰岩の指輪やブレスレットなどのジュエリーやペンダントなども見つかっています。また、チームは、描画に使用された可能性のある黄土色の砂岩クレヨンを発掘しました。

「アルウラの新石器時代というつながりはあるが、離散的な性格が明らかになりつつある」と研究者たちは記録しています。 

この研究の共著者には、民族誌的な分析情報を提供した、アルウラコミュニティのメンバーであるYousef AlBalawi氏がいます。また、キング・サウード大学やハイル大学などサウジアラビアの各大学の学生も支援しました。

このレポートの全文こちらで読むことができます。 

スタンディングストーンサークルの概観について、証拠に基づくスケッチが展示されている画像ギャラリーは、こちらから表示およびダウンロードできます。

AlUla王立委員会について

AlUla王立委員会(RCU)は、サウジアラビア北西部にある自然および文化的意義の顕著な地域であるAlUlaの保全と発展のために、2017年7月に勅命で設立されました。AlUla王立委員会の長期的計画では、AlUlaを暮らし、仕事し、訪問するのに格好の場所として確立する一方で、AlUla地域の自然と歴史遺産を保全する、都市と経済開発への責任ある、持続可能な、鋭敏なアプローチが際立っています。この計画には、考古学、観光、文化、教育、および人文科学の広範な領域が含まれており、サウジアラビア王国のビジョン2030プログラムの遺産保全優先順位、経済的多様化、地元コミュニティの自立の促進を満足させることに対する固い約束が反映されています。

写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2457613/The_Royal_Commission_for_AlUla.jpg?p=medium600
写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2457612/The_Royal_Commission_for_AlUla.jpg?p=medium600
写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2457611/The_Royal_Commission_for_AlUla.jpg?p=medium600
写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2457610/The_Royal_Commission_for_AlUla.jpg?p=medium600

The team excavating two spaces within a single Standing Stone Circle. In the background you can see the walls of neighbouring dwellings.
The team excavating two spaces within a single Standing Stone Circle. In the background you can see the walls of neighbouring dwellings.

 

An example of a single Standing Stone Circle, a small structure, 4m across with upright stone walls and single standing stone in the centre. A small doorway with threshold stone is located in the centre of the image, inside is a roughly paved surface.
An example of a single Standing Stone Circle, a small structure, 4m across with upright stone walls and single standing stone in the centre. A small doorway with threshold stone is located in the centre of the image, inside is a roughly paved surface.

 

Examples of the small jewellery items found in Standing Stone Circles. A. carved stone ring, and carved stone pendants.
Examples of the small jewellery items found in Standing Stone Circles. A. carved stone ring, and carved stone pendants.

 

 

ソース: The Royal Commission for AlUla (RCU)
キーワード: 芸術 観光