omniture

国際金融フォーラムが2021年世界金融・開発報告をリリース

International Finance Forum (IFF)
2021-12-06 14:42 509

【広州(中国)2021年12月6日PR Newswire=共同通信JBN】International Finance Forum(国際金融フォーラム、IFF)(http://www.iff.org.cn/php/list.php?tid=240 )は4日、Global Finance and Development Report 2021 (GFDR、2021年世界金融・開発報告)とGlobal Green Finance Development Index (GGFDI、世界グリーン金融開発指数)を国別ランキングとともに発表した。

IFFの主任エコノミストでアジア開発銀行の元次席エコノミストであるZhuang Juzhong氏は「IFFがGFDR報告をリリースするのは今年が第1回目であり、今後はIFFグローバル会議で毎年発表される」と紹介した。同氏は「この報告書は、世界経済の動向と展望、金融の発展とイノベーションの年次評価を提供し、国を超えたデータに基づいて長期的な課題と政策問題に取り組み、最終的には国際的な議論と協力を促進することを目的としている」と付言した。

GFDRは以下の3章で構成されている:

第1章:世界経済見通し、リスク、政策の優先順位。この章では、COVID-19パンデミックと最近の世界的な経済発展に関する最新情報を提供し、経済見通し、リスク、および政策の優先順位を評価する。それは、ワクチン接種の展開をスピードアップし、ワクチンの不平等を取り除き、円滑な金融政策移行を確実にし、貿易摩擦を終わらせ、グリーン回復を促進し、低所得国を支援するためにグローバルコミュニティーが協力するよう促している。

第2章:グローバルグリーン金融開発指数と国別ランキング。この章では、グリーン金融の最近の世界的な発展に焦点を当て、国別ランキング付きのGGFDIを開始する。IFFと中国の中央財経大学が共同開発したGGFDIは、国レベルでのグリーン金融開発の進捗状況を定量的に測定し、政策・戦略、製品・市場、国際協力の3つの分野に焦点を当てている。 GGFDIは、2020年末現在の世界55大経済国のグリーン金融開発におけるランキングも提供している。

第3章:世界のカーボンニュートラルと中国の行動へのロードマップ。この章では、世界のエネルギーシステムと産業部門のトランフォーメーションに関する措置、およびパリ協定によって設定された摂氏2度と1.5度の気候目標を達成するために必要な政策措置を検討、評価する。また、デュアルカーボン目標を達成するための中国の技術的解決策と政策オプションを要約している。

IFFはGFDRとGGFDIの立ち上げにより、パンデミックを終わらせ、世界経済回復へのリスクを軽減し、グリーン投資を促進し、気候変動と戦い、開発をより包括的で持続可能なものにするために必要な政策について、よりグローバルな議論を促している。

報告全文はhttp://iff.org.cn/uploads/2021GAM/GFAD-report20211202.pdf を参照。

ソース: International Finance Forum (IFF)
キーワード: 銀行/金融サービス