omniture

ExcelraがSudip Nandy氏を取締役に

Excelra Knowledge Solutions Pvt Ltd
2021-10-20 20:20 525

ハイデラバード(インド), 2021年10月20日 /PRNewswire/ -- 生命科学組織向けの大手データ・分析サービス事業者であるExcelraは、Sudip Nandy氏を同社取締役に2021年10月1日付で任命したと発表した。

Nandy氏は世界的戦略、事業構築、投資で30年を超える経験を持つ評価の高い財界人である。現在は上級顧問で、それまで約40億ドルの資産を管理する大手未公開株投資会社ChrysCapitalのマネージングディレクター兼運営パートナーだった。運営パートナー在任中は、米カリフォルニア州を本拠とするInfogain Corporationの執行会長、キャップジェミニ(Capgemini)傘下のLiquid Hub Inc.取締役でもあった。さらに、Nandy氏は米国の医療事業者に収益サイクル管理サービスを提供するGeBBS Healthcareの取締役である。

Nandy氏は、それ以前はKKR所有企業Aricentの最高経営責任者(CEO)兼会長(インド)だった。Wipro(ウィプロ)の最高戦略責任者(CSO)兼合併・買収(M&A)責任者としては、複数の合併、買収の成功を指揮し、同社を世界的な一流ITサービス企業になれるようにした。Wiproでは技術・メディア・テレコムSBU(戦略事業単位)社長も務め、エンジニアリングサービスに重点を置いた高成長の国際事業部門を指揮した。

D. S. Brar取締役会長は「Sudip(Nandy氏)は技術主導革新重視企業での優れた指導経験をもたらす。彼をExcelra取締役会に迎えることを喜んでいる。高成長の世界的組織構築を促進する彼の顕著な実績と有機的・無機的成長を戦略的に管理する指導はExcelraの大きな財産になるだろう」と語った。

Nandy氏は「今日の大半の革新は技術の交差に主導されている。進歩につながる先駆的な破壊的革新はディープテクノロジーとディープドメインの合流に大きく影響される。Excelraの取締役に加わることを非常に喜んでいる。同社は生命科学事業と組んで、ビッグデータと人工知能(AI)による刺激的で想像もつかないやり方で変革を推進する」と述べた。

Nandy氏はインド工科大学(IIT)カラグプール校で物理学士号を優等で取得、インド理科大学院(IISc)ベンガルール校で電気技術・電子工学士号を取得した。インド経営大学院(IIM)アーメダバード校の経営学修士号(MBA)も持っている。

▽Excelraについて

Excelraのデータ・分析ソリューションは、分子から市場までの生命科学の革新を促進する。Excelra Edgeは雑多なデータセットの調和に由来し、革新的な生命情報科学のノウハウと技術を適用し、創薬と医薬品開発を信頼性のある成果志向の洞察によって加速している。詳細は次を参照: https://www.excelra.com/  

Logo: https://mma.prnasia.com/media2/692189/Excelra_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: Excelra Knowledge Solutions Pvt Ltd