omniture

視力のための一滴:超高濃度ルテインの開発で日本が再び大躍進

TCI
2021-07-19 18:27 600

【台北2021年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】世界保健機関(WHO)が2020年に発表した世界視力報告書によると、眼疾患や視覚障害の多くは、年齢、居住地域、収入レベルによって発生率が異なる。年を重ねるごとに白内障、老眼、緑内障、加齢に伴う黄斑変性症の発症リスクが高まり、眼疾患の有病率は中低所得国より高所得国の方が高い。同報告書は、アジア太平洋地域の高所得国は全体として近視の有病率が最も高い(53.4%)としている。最近の調査によると、これらの国々では人々は1日平均10.7時間、電子機器を使用しており、10代やと若年成人の32%が毎日3時間以上、オンラインで動画を視聴している。研究では、画面を長期間注視し続けると、毛様体筋の緊張、目の疲れ、屈折異常、ドライアイ、黄斑変性症、白内障、緑内障などの目の症状を引き起こす可能性があることが証明されている。しかし、意外にも世界で高齢者人口の割合が最も高く、電子機器の技術開発で世界をリードしている日本は、韓国、シンガポール、その他のアジア太平洋地域の高所得国より眼疾患患者が少ない。長年の製品開発経験を持つTCI JAPANは、世界中の消費者に全く新しいアイケア体験をもたらすと期待される超高濃度飲むルテインの開発に成功した。

超高濃度ルテインの開発で日本が再び大躍進
超高濃度ルテインの開発で日本が再び大躍進

日本人は子供の頃から視力ケアを重視している。日本人は、良い生活習慣に加えて、目の健康のための栄養補助食品も摂取している。日本で市販されている様々なアイケアサプリメントの中で、ルテイン製品は常に売上高第1位である。しかし、ルテインは脂溶性で酸化しやすいためソフトジェルに封入しなければならず、高齢者や子供にとって好ましい剤形とは言い難い。食品研究者は長年にわたって、あらゆる年齢の人に適した新しい剤形のルテインサプリメントの開発を試み、ルテインが人体に真に効率良く吸収され、利用されるようにする方法を模索してきた。

TCI JAPANは、特許取得済みのDouble Nutri(TM)技術を活用し、ヒトの赤血球の9分の1というミクロン大のリポソームにルテインを封入、脂溶性で酸化しやすい有効成分の劣化を完全に抑え、生体利用効率を最大化した。水相と油相の成分を組み合わせた従来市販されてきた栄養補助食品は、油成分と水成分の分離、浮遊物、臭いなどの問題で消費者を悩ませることが多かった。特許取得済みのDouble Nutri(TM)技術により、こうした問題は完全に解決された。

さらにTCI JAPANは、独自のSynergene(R)技術を用いて、数百種類の有効成分の組み合わせをデータベース化した独自の処方プラットフォームを構築、健康効果を最大限に発揮できるよう成分を配合し、高効能処方を実現している。Double Nutri(TM)技術とSynergene(R)技術は、日本で特許を取得しており、2020年のIITEXPO LONDONでそれぞれ特別日本人審査員賞を受賞した。有効成分の効率的な吸収は、健康食品を真に「消費者の生活に参加し、喜ばせる」ものにするための鍵である。TCI JAPANは、科学研究の強みと研究開発技術の優位性を活かし、濃度と生体利用効率が高く、摂取しやすいルテインサプリメントの開発に成功、あらゆる年齢層の人々が簡単にアイケアを行えるようにした。

▽問い合わせ先

TCI Academy COO
Aaron Chen
Mobile: +886-972-862705
Email: Aaron.Chen@tci-bio.com

画像添付リンク
リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=396431
 写真説明:超高濃度ルテインの開発で日本が再び大躍進

ソース:TCI

ソース: TCI