omniture

メルクがワクチン製造と救命治療に不可欠なシングルユース製品の欧州での拡大計画を加速

Merck
2021-03-18 11:01 677

【ダルムシュタット(ドイツ)2021年3月18日PR Newswire=共同通信JBN】

- フランス・モルスアイムへの2500万ユーロの投資により350人の新規雇用を創出

- 主要テクノロジーの前例のない世界的需要への対応

- 生産設備は2021年末までに稼働の見込み

大手科学・技術企業、メルク(Merck)は、フランスのモルスアイムにあるライフサイエンスセンターにシングルユース(使い捨て)の組立生産ユニットを追加する。同社は2500万ユーロを投資し、Covid-19ワクチンやその他の救命治療の製造に使用されるこの主要技術の欧州での拡大計画を加速している。モルスアイムは、メルクが製品を製造する欧州初の拠点となる。その他の生産拠点は、米マサチューセッツ州ダンバーズと中国・無錫にある。

Merck is accelerating its European expansion plans for single-use assembly technology, which is used for the production of Covid-19 vaccines and other lifesaving therapies.
Merck is accelerating its European expansion plans for single-use assembly technology, which is used for the production of Covid-19 vaccines and other lifesaving therapies.

このプロジェクトは18日、ティエリー・ブルトン(Thierry Breton)欧州委員(域内市場)とフランスのアニエス・パニエリュナシェ(Agnes Pannier-Runacher)経済・財務副大臣の出席の下、モルスアイムで発表された。

メルクのBelen Garijo執行委員会副議長兼副最高経営責任者(CEO)は「パンデミックにより世界は想像を絶する課題に直面した。メルクの科学技術の取り組みは、Covid-19の始まり以来、多大な貢献をもたらした。当社の新しい欧州の生産ユニットは、世界中のワクチンおよび治療機器メーカーに緊急に必要とされるシングルユースアセンブリの供給能力を増強する。本日の欧州での事業拡大に関する発表は、このパンデミックの最中およびそれ以降のメルクのグローバルな取り組みについて語っている」と語った。

モルスアイムへの投資により、中断することなく将来の拡張が可能となるモジュール式の建物設計と既存のインフラストラクチャーを用いた1700平方メートルのISO7ないしISO5クリーンルームとともに、合計350人以上の新たな雇用が追加される。新しいユニットは、メルクのMobius(R)MyWayプログラムの一部である主力製品のMobius(R)シングルユースアセンブリを生産する。2021年末までに稼働の予定。

32カ国からの1700人以上の従業員を擁し、1万以上の製品を生産しているモルスアイムのハブは、メルクの世界で3番目に大きなサイトである。このサイトは世界市場に供給し、生産の85%以上を輸出している。このハブは医薬品製造プロセス向けの製品・ソリューションおよび臨床および産業環境と浄水システムでの分析用の応用ソリューション製品の製造と組み立てに特化した3つの生産ユニットを擁している。

メルクのライフサイエンス部門のChris Ross暫定責任者は「近年、多くのバイオ医薬品メーカーは、柔軟性、コスト削減、スピード、リスク低減のためにシングルユーステクノロジーに目を向けており、この分野の市場は2桁で成長している。コロナウイルスのパンデミックにより、この傾向が加速し、ほとんどのプログラムはシングルユースの生産テンプレートを使っている。当社のモルスアイム・サイトは、長年にわたりバイオモニタリングと浄水活動の世界的な卓越した研究拠点である。この新しいシングルユース生産ユニットにより、当社は顧客のニーズを満たすための重要な機能を追加するとともに、コミュニティーに新規雇用を創出する」と語った。

最近、メルクはドイツのダルムシュタット、アイルランドのコーク、スイスのブフス、米カリフォルニア州カールスバッド、米ウィスコンシン州マディソン、米ニューハンプシャー州ジャフリー、米マサチューセッツ州ダンバーズにあるライフサイエンス事業部門の拡張プロジェクトを発表した。後者のサイトでは、メルクは現在、2021年末までに現地のシングルユース生産能力を2倍にするために取り組んでいる。これらの拡張は、メルクのライフサイエンス事業部門の産業能力と機能を向上させ、救命医薬品への世界的な需要の高まりをサポートし、公衆衛生に大きく貢献するという野心的な複数年プログラムの一環である。

メルクの全ニュースリリースは、メルクのウェブサイトで公開されると同時に、電子メールで配布される。オンラインでの登録、サービスの選択変更または中止は、www.merckgroup.com/subscribe まで。

▽メルクについて

メルク(Merck)は、医療、ライフサイエンス、エレクトロニクスの分野で事業展開している大手科学・技術企業である。約5万8000人の従業員が、より楽しく持続可能な暮らし方を生み出すことで、多くの人々の生活に日々、プラスの変化をもたらすべく努力している。遺伝子編集技術の推進や、最も困難な疾患を治療するための独自の方法の発見から、インテリジェントなデバイスの実現まで、メルクはいたるところにある。メルクは2020年、66カ国で175億ユーロの売上を達成した。

科学的探求と責任ある起業家精神が、メルクの技術的、科学的進歩の鍵となってきた。1668年の創業以来、メルクはこのように繁栄してきた。創業家が今も、上場企業の株式の過半数を所有している。メルクは、「メルク」の名称とブランドに対する世界的な権利を保有している。唯一の例外は米国とカナダで、その事業部門は医療ではEMDセローノ、ライフサイエンスではミリポアシグマ(MilliporeSigma)として、さらにEMD Electronicsとして営業している。

ソース:Merck

▽問い合わせ先 
andreas.cezanne@merckgroup.com 
+49 151 1454 2702

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1457722/merk_european_expansion.jpg?p=medium600  

 

ソース: Merck