omniture

TCSAがSCO事務局の開催した特別会議で画期的な「National Data Brain」コンセプトを提出

TCSA
2021-01-15 18:19 1083

【北京2021年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】上海協力機構(SCO)事務局とThousand Cities Strategic Algorithms(TCSA、1000都市戦略アルゴリズム)は12日北京で、「National Data Brain: Driving Societal Stability and Economic Revitalization(国家データブレーン:社会の安定と経済の再生を推進)」に関するサミットを共同で開催した。

SCOのウラジーミル・ノロフ事務局長(右)とTCSAのAdkins Zheng会長(左)
SCOのウラジーミル・ノロフ事務局長(右)とTCSAのAdkins Zheng会長(左)

SCO創設20周年の一環としてのこのサミットには、SCO加盟国、オブザーバー国、パートナー国、大使、東南アジア諸国連合(ASEAN)とアラブ連盟(LAS)の外交代表、および著名な中国の起業家が出席した。

サミットで開会のあいさつをしたウラジーミル・ノロフ(Vladimir Norov)SCO事務局長によると、SCO諸国はデータ主導の経済発展に向けた効果的な金融メカニズムを構築するために共同で取り組んでいる。TCSAのソリューションを深く理解することは、革新的なテクノロジーを使用してより緊密に協力するという目標を達成するのに役立つ可能性がある。

ウラジーミル・ノロフ氏は、このサミットはマクロ経済ガバナンスのアップグレードのための技術的な青写真を提供したと述べ、サミットがさまざまな国でNational Data Brainの構築を加速し、すべてのSCO諸国のために社会的安定と経済再生を達成できるよう期待していると付言した。

TCSAのAdkins Zheng会長は、SCOの認識と支援に謝意を表明し、National Data Brainの構築に関して詳細なプレゼンテーションを行った。

Zheng氏は、TCSAがデータの送信、蓄積、計算、アプリケーションの全く新しいモデルを幅広い次元にわたり開拓したと述べ、このデータ・アーキテクチャーは国民経済のCPUのように機能して、データ処理コストを飛躍的に削減することができる、と付け加えた。

National Data Brainの構築を通じデジタル化された国家マクロ経済システムの確立において、先見的な中央政府にサービスを提供した最初の国際コンサルタントとして、TCSAは世界銀行や国際通貨基金(IMF)などの当局や学会から幅広く認められている。

現在、TCSAは50カ国の中央政府、中央銀行との協力を推進しており、そのうち5カ国が協力協定の調印プロセスに入っており、2カ国が既に協定に調印している。TCSAについてはhttps://tcsa.cloud/ を参照。

ソース:TCSA

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=382220

ソース: TCSA
Related Links: