omniture

AT&T、次世代コアでDriveNetsネットワーク クラウドを採用

DriveNets
2020-09-29 06:21 1915

DriveNetsは、ネットワーク市場をオープンクラウド アーキテクチャに変換する画期的なAT&Tのディスアグリゲーション型ネットワークに参加

ラーナナ(イスラエル)、2020年9月28日 – ネットワーク ソフトウェア企業のDriveNetsは本日、米国最大手AT&Tのためにソフトウェア ベースのコア ルーティング ソリューションを提供すると発表しました。

新型コロナウィルスのパンデミックにより、インフラストラクチャを柔軟にスケーリングし、5Gの急激な需要に対応するという喫緊のニーズが明らかになりました。ネットワークはオープンで機敏性があり、費用効果が高く、ソフトウェアベースになるよう進化すべきであるというAT&Tや他の大手サービスプロバイダーとクラウド ハイパースケーラーのビジョンに、DriveNetsネットワーク クラウド ソリューションは完璧に一致します。

DriveNetsネットワーク クラウドはクラウド ネイティブのソフトウェアで、物理的なネットワークを共有リソースに変え、最も効率的な方法で複数のネットワーク サービスをサポートします。また、UfiSpace(Broadcom Jericho2ベースのホワイト ボックスをAT&Tに提供)などのODMパートナーが構築した標準的なホワイト ボックスで実行されます。このアプローチにより、ネットワーク業界向けの新しい経済的なモデルが生まれ、ビット当たりのコストが減るとともにネットワークの収益性が向上します。

「次世代コア ネットワークに関してAT&Tと協力できる機会に感謝し、AT&Tの厳しい認定プロセスで当社のソリューションの品質を実証した当社のエンジニアを誇りに思います」とDriveNetsのCEO、Ido Susanは述べています。「この発表により、ディスアグリゲーション型ネットワーク モデルに疑いを抱いていた人たちに対して、従来のハードウェア中心のルーターに比べて当社のネットワーク クラウドがスケーラブルで費用効果も高いということを示すことができました。DriveNetsは、VMwareがコンピューターとストレージ業界を変革したのと同じ方法でネットワークを変革しています。」

Open Networking and Edge Summit(ONES)での基調講演でAT&Tのネットワーク サービス担当CTOのAndre Fuetsch氏は「昨秋、OCPに提出したオープン ハードウェア デザインに基づいた次世代IP/MPLSコア ルーティング プラットフォームを、当社のプロダクションネットワークに展開したことを、本日発表できて誇りに思います」と述べていました。「私たちは、このコア ユース ケースのネットワーク オペレーティング システム(NOS)としてDriveNetsを選びました。」

 

DriveNetsネットワーク クラウドは、ネットワーク サービス プロバイダーとクラウド ハイパースケーラー向けに非常に高いキャパシティとスケールを提供し、小規模〜最大規模に至る様々な規模のコア、アグリゲーション、ピアリング ネットワーク サービスをサポートします。DriveNetsネットワーク クラウドは、1box(4Tbps)〜192box(768Tbps)のホワイトボックでスケーラブルな物理クラスター構築し、これを単一のルーターとして動作させます。このモデルは、クラウド アーキテクチャのように新しいサービスの追加・効率的なネットワーク全体へのスケーリングを行うだけでなく、ネットワークのスケーリングにも柔軟性を持たせることが可能です。

「革新的なDriveNetsネットワーク クラウド ソフトウェアと組み合わせてネットワーク業界全体でJericho2製品の採用が広がっていることを喜ばしく思っています」とBroadcomのCore Switching Groupシニア バイス プレジデント兼マネージャーのRam Velaga氏は語っています。「Jericho2ベースの分離分散型シャーシ ホワイト ボックス アーキテクチャのAT&Tによる採用は、ネットワーク業界の全身に大きな影響を与えています。」

「UfiSpaceは、ネットワーク モデルを開くと公約した最初の企業のひとつです。まずは当社のディスアグリゲーション型セル サイト ゲートウェイ ルーターからでしたが、すでにAT&Tには4月にオープン ネットワーク サミット(ONS)でお見せしました」とUfiSpaceのCEO、Vincent Ho氏は語っています。「AT&Tのコア ルーティング プラットフォームが当社のホワイト ボックス ソリューションを利用し、私たちが世界最大のライブ非集約型ネットワークに参加できることを誇りに思っています。」

DriveNetsネットワーク クラウドは、安定性、信頼性、可用性という点では同種ルーターの中で最高のパフォーマンスを誇り、現在の市場で最大のルーターです。 DriveNetsは18社のサービス プロバイダーとハイパースケーラーにサービスを提供しており、すでに市場でネットワーク ベンダー大手のひとつになりつつあります。DriveNetsは先週、欧州のオペレーターによる192 Tbpsの分散型ルーターのラボ テストを発表しました。

 DriveNetsネットワーク クラウドは新たなSaaSベースのネットワーク経済的モデルを作成し、ネットワークの成長をネットワークのコストから切り離し、ビット当たりのコストを下げ、ネットワークの収益性を向上させています。この分裂的なビジネス モデルは、ネットワークのCapExとOpExの両方を減らし、サービス プロバイダーとクラウド ハイパー スケーラーを支援しています。

DriveNetsの概要

DriveNetsは成長著しいソフトウェア企業で、ハイパースケール クラウドのようなネットワークを構築しています。より高いキャパシティとスケールでネットワークを低コストで構築する全く新しい方法をサービス プロバイダーとクラウド ハイパースケーラーに提供しています。SaaSモデルに基づき、ネットワークの成長をネットワークのコストから切り離し、ネットワークの収益性を向上させます。

2人の通信会社の企業家、Ido SusanとHillel Kobrinskyによって設立されたDriveNetsネットワーク クラウドは、クラウド ネイティブなソフトウェアと標準的なホワイト ボックスに基づく、トップレベルのオープンな非集約型ルーティング ソリューションです。DriveNetsは、2020年のLeading Light賞でカンパニー・オブ・ザ・イヤー(私企業)、第21回年間World Communications賞でベンダー部門イノベーション賞を受賞しています。詳細については、www.drivenets.comをご覧ください。

Broadcomの概要

Broadcom Inc.(NASDAQ:AVGO)は、広範な半導体およびインフラストラクチャ ソフトウェア ソリューションを設計、開発、供給するテクノロジーの世界大手です。この分野を率先するBroadcomの製品ポートフォリオは、データ センターやネットワーク、エンタープライズ ソフトウェア、ブロードバンド、ワイヤレス、ストレージ、インダストリアルなどの重要な市場を対象としています。データセンターのネットワークおよびストレージ、エンタープライズ、メインフレーム、自動化に焦点を当てたサイバー セキュリティ ソフトウェア、モニタリングおよびセキュリティ、スマートフォンのコンポーネント、通信、工場自動化といったソリューションがそろっています。詳細については、www.broadcom.comをご覧ください。

UfiSpaceの概要

UfiSpaceは、通信企業、クラウド サービス プロバイダーおよびデータ センター向けのエンドツーエンドの5Gネットワーク ソリューションのプロバイダー大手です。熱意、献身、卓越したエンジニアリングにより、革新的な5Gテクノロジーで非集約型セル サイト ゲートウェイ ルーター(CSGR)および世界初の分散型非集約シャーシ(DDC)ルーティング システムを世界的に展開してきました。垂直統合型のサプライチェーンにより、業界の成長を加速させ、お客様のために5G展開費用を低減することを目標に掲げ、品質が高く費用効果があるオープンなネットワーク ソリューションを提供しています。UfiSpaceおよび同社のソリューションの詳細な情報については、www.ufispace.comをご覧ください。

DriveNetsメディア キット 

報道関係者様からのお問い合わせ
Judith Arkush
Silicon Valley Communications
judith@siliconvpr.com

ソース: DriveNets
Related Links: