omniture

カップ上のギャラリー:Nayuki CupseumがCDRとのコラボで新デザインをリリース

Nayuki
2020-05-29 21:00 1050

【深セン(中国)2020年5月29日PR Newswire=共同通信JBN】Nayuki(奈雪)Cupseumは5月20日、「CDR」としても知られるグラフィックデザイナー兼イラストレーター、クリストファー・デービッド・ライアン氏がデザインした「Big Hugs」の新シリーズカップとともに第3シーズンを迎えた。新デザインは中国の象徴的な日付、愛とロマンスを表すものとして中国人に受け入れられた「5/20」(我愛你の日)を祝って発売された。

Nayukiが「Big Hugs」の新カップデザインのCupseumを発売
Nayukiが「Big Hugs」の新カップデザインのCupseumを発売

カラフルなカップはそれぞれ、いつもわれわれを元気づけ導いてくれる愛、希望、情熱などの感情―自然の至福に浸れる太陽光のハグ、自然治癒力を気付かせる自分ハグ、他人の挫折克服力を解き放つ愛のハグ―を象徴している。鮮やかな色彩で描かれたBug Hugキャラは、この世界の喜びと優しさを美しく思い起こさせる。

クリストファー・デービッド・ライアン氏はヴィクトリアシークレット、ナイキ、Googleなどのために働き、いずれも素朴で魅力的な笑顔を見せるBug Hugバリエーションが採用された。CDRは、魅惑的なハグのコンセプトあふれるミニマリストのイラストを通じて、機知に富み人の心を捉えるやり方で愛のエッセンスを捉える。NayukiはCDRとともに、愛に向けた好意的な感情をたたえる純粋なデザインによって、新シーズン到来を告げたいと思っている。そうすれば、顧客も茶1杯の治癒力を享受できる。

Nayukiの創業者であるペン・シン氏は「クリストファー・デービッド・ライアン氏と協力して、Nayuki Cupseumプロジェクトの新カップデザインを生み出すことができてうれしく思う。今シーズン、このようなアイデアを人々の手に渡すことによって、われわれのカップが温もり、積極性、友好、コミュニティー、普遍的な愛、自己肯定感のメッセージを共有し、彼らの日を輝かせることを願っている」と語った。

ペン・シン氏は「この特別な日、われわれの新デザインによって、世界中の人々を結び付ける強力かつ普遍的な情熱を祝賀する。ハグは特別な人を腕で包むだけではなく、自身の顔の太陽のぬくもり、困難な時期の前向きな思考でもある」と付け加えた。

Nayuki Cupseumは世界のアーティストと手を組んで、カップのギャラリー体験をつくり出した。「Being A Cat」をあしらった最初のCupseumデザインは2019年8月、日本のイラストレーター、ペペシマダ氏と提携した結果、顧客の手に届けられた。今年初めには2020年旧正月(春節)シリーズが発売されたが、アーティストのチンイー・チウ氏が中国の伝説上の神獣にヒントを得て、東洋アートのエッセンスを茶文化に注入した。

Nayuki Cupseumは世界のグラフィックアーティスト、イラストレーターを招き、その革新的デザインを使って、都会の中の感情や日常生活を表現することを目指している。各カップはキャンバスでもあり、顧客は彼らの創造性を探求し、1杯飲むごとにアート作品に変えることができる。7月4日には大阪に店を開く予定で、米国の顧客も年内に新店舗に出会える。Nayukiは世界のアーティストを世界の茶愛好家に近づけたいと考えている。

▽Nayuki(奈雪)について

中国の新しいスタイルの大手ティーブランドであるNayukiは、フルーツをベースとしたチーズティーやソフトユーロの焼き菓子によって、世界中の茶愛好家に新しい味のセンセーションをもたらすことに専念している。中国各地の一等地に1200平方フィートから1万1000平方フィートの約400店を配置して急速に成長するNayukiは、イノベーションによってお茶を飲むライフスタイルを次のレベルに押し上げている。

60億人民元(約8億7400万ドル)の価値があると評価されているNayukiは、2018年にTianTu CapitalからシリーズAプラスの資金調達で数億人民元を受け取り、初の新しいスタイルのティーユニコーンになった。

ソース:Nayuki

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200529/2816789-1?lang=0

ソース: Nayuki