omniture

メルクがPromegaに基礎的CRISPR統合技術のライセンスを供与

Merck
2019-12-19 21:00 562

【ダルムシュタット(ドイツ)2019年12月20日PR Newswire=共同通信JBN】

*科学者に自然な細胞活性に対する新たな見方を提供し、医薬品開発を加速

大手科学・技術企業、メルク(Merck)(Merck )は20日、米ウィスコンシン州マディソンに本社を置くグローバルライフサイエンスメーカー、Promega Corp.(プロメガ)(Promega Corp., )に、メルクの基礎的CRISPR知的財産への米国でのアクセスを与えるライセンス契約を結んだと発表した。Promegaは、メルクのCRISPRゲノム編集技術を使用し、医薬品開発向けなどの研究製品・サービスを開発する。

Merck's foundational CRISPR intellectual property will be used to develop CRISPR-edited cell lines, which can help determine drug efficacy and toxicity
Merck's foundational CRISPR intellectual property will be used to develop CRISPR-edited cell lines, which can help determine drug efficacy and toxicity

メルクのウディット・バトラ取締役兼ライフサイエンス事業部門最高経営責任者(CEO)は「このライセンス契約の下で、Promegaは当社の知的財産を使用し、医薬品の有効性、毒性、および全体の開発を決定する上で重要な役割を果たし得るCRISPR編集細胞株を開発する予定だ」と語った。

今回の契約により、研究者は、生理学的あるいは自然なレベルのタンパク質発現をより深く知り、タンパク質の挙動をより正確に理解することができるようになる。

Promegaのビル・リントン社長兼CEOは「このライセンスはCRISPRの可能性をさらに広げてくれる。より重要なのは、科学者に自然な細胞活性に対する新たな見方を提供してくれることだ。これは、がんや神経科学といった多くの応用研究分野に対する非常に意味のある貢献だ」と語った。

Promegaは、タンパク質動力学を研究している顧客の要求に応えるカスタムリクエストに加え、CRISPRノックイン細胞株のポートフォリオを構築中である。

メルクは、オフターゲット効果を低減するペアCas9ニッカーゼや、研究者に医薬品開発の加速や新たな治療法へのアクセスで、より多くの実験的選択肢を提供するプロキシCRISPRなどの技術で、CRISPR知的財産ポートフォリオを拡大し続けていく所存である。

メルクは、哺乳動物細胞への遺伝的統合のためのCRISPR-Cas9の基礎的使用を含め、手法と組成の両方をカバーする22のCRISPR関連特許を世界中で保有している。

ゲノム編集技術のユーザー、サプライヤー両方の立場で、メルクは倫理的、法的基準を慎重に考慮してゲノム編集の研究をサポートしている。メルクは、ゲノム編集に関する、あるいはゲノム編集を利用した研究を含む同社の事業が関与する研究の指針づくりのため、独立した外部のBioethics Advisory Panel(生命倫理諮問委員会)(Bioethics Advisory Panel )を設立。研究および応用分野で使用できる有望な治療アプローチ情報を提供する際、科学的、社会的問題を考慮した上で、経営上の立場を明確にしている(position )。

▽Promega(プロメガ)について

Promega Corporationは、ライフサイエンス業界に革新的なソリューションと技術サポートを提供するリーダーである。同社の4000の商品は、世界中の科学者がゲノミクス、プロテオミクス、細胞分析、創薬、および人間の識別に関する知見を高めることを可能にしている。1978年創業の同社は、米ウィスコンシン州マディソンに本社を、16カ国に支社を置き、50以上のグローバルな代理店を擁している。Promegaの詳細は、www.promega.com を参照。

メルクの全ニュースリリースは、メルクのウェブサイトで公開されると同時に、電子メールで配布される。オンラインでの登録、サービスの選択変更または中止は、www.merckgroup.com/subscribe まで。

▽メルクについて

メルク(Merck)は、医療、ライフサイエンス、高機能素材分野で事業展開している大手科学・技術企業である。約5万6000人の従業員が、より楽しく持続可能な暮らし方を生み出すことで、何百万もの人々の生活に日々、プラスの変化をもたらそうと努力している。遺伝子編集技術の推進や、最も困難な疾患を治療するための独自の方法の発見から、インテリジェントなデバイスの実現まで、メルクはいたるところにある。メルクは2018年、66カ国で148億ユーロの売上を達成した。

科学的探求と責任ある起業家精神が、メルクの技術的、科学的進歩の鍵となってきた。1668年の創業以来、メルクはこのように繁栄してきた。創業家が今も、上場企業の株式の過半数を所有している。メルクは、「メルク」の名称とブランドに対する世界的な権利を保有している。唯一の例外は米国とカナダで、その事業部門は医療ではEMDセローノ、ライフサイエンスではミリポアシグマ(MilliporeSigma)として、さらにEMDパフォーマンスマテリアルズとして活動している。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1055734/Merck_CRISPR_Promega.jpg

ソース: Merck