omniture

AirCUVEがインテリジェントWi-Fi認証とスマート多要素認証プラットフォームを発表

AirCUVE
2019-11-29 08:00 348

【ソウル(韓国)2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】AirCUVEが、セキュリティーインシデント防止のための強力なID検証ソリューションをグローバル市場に提供する。

AirCUVEは、強力でインテリジェントなWi-Fiワイヤレス認証ソリューションで有名で、過去17年間、ネットワークアクセス認証専用ソリューションをグローバル市場に提供してきた。AirCUVE AirFRONTは、ワイヤレス認証にセキュリティーを提供するソリューションである。このソリューションは既に、公共、軍事、金融、企業、教育、通信、その他の業界を含むグローバル市場に提供されている。ユーザーの安全な識別は、もはやほとんどの人にとって選択肢ではなくなっており、AirFRONTはシンプルだが強力な認証ソリューションを提供する。

AirCUVEは、有線・無線セキュリティー認証ソリューションとIoTセキュリティー機能を組み合わせたSaaS製品を間もなくリリースする。IoT市場は成長が見込まれており、AirCUVEはソリューションの提供に力を注いでいる。IoTハッキング事例のほとんどは、製品自体の脆弱性が原因ではなく、セキュリティーインシデントにつながるオープンネットワーク接続の脆弱性が原因である。従業員、来訪者、下請業者など様々なユーザー、および機密情報を管理する部門やIT・サーバーマネジャーといった多様な形態の作業環境では、社内情報を適切に保護する細分化されたポリシーが必要である。

AirCUVE V-FRONTは強力な多要素認証(MFA)ツールで、多様かつシンプルな認証方法を提供する。適切な認証トークンを適用し、SMS、電子メール、モバイルOTP、HWトークン(カードタイプ)、QRコード、アプリのプッシュ通知、YubiKey、指紋を利用することでビジネスをサポートする。このソリューションは、ユーザーが個人情報と認証を管理するためのより良い環境を提供する。

AirCUVEは認証ソフトウエア開発の専門企業で、17年にわたり数千の様々なリファレンスを獲得、革新的なソリューションは東南アジア、中国、日本、米国の銀行(DBP Bank)、通信(Eastern Telecon)、航空会社(フィリピン航空)に提供されてきた。AirCUVEの様々な認証製品の需要は、毎年増加している。

AirCUVEのエグゼクティブバイスプレジデント兼海外部門ゼネラルマネージャーのGS・アン氏は「個人情報保護の履行が世界中で厳格化される中、政府機関、企業、教育機関、研究機関におけるネットワークアクセス認証の重要性は高まっている。AirCUVEは、Wi-Fiアクセス、多要素認証分野で主要プレーヤーの地位を占める用意ができており、中東、東南アジア、日本市場への事業拡大を積極的に進めていく方針だ」と強調した。

ソース:AirCUVE

ソース: AirCUVE