omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

体験通貨に世界的価値

2018-11-27 12:00

*国際調査によると、時間とお金の使い方で最も価値があるのは休暇と回答
*アジア太平洋の人々の39%は海外の異文化探検を享受と回答
*人々は物より体験を評価

【東京2018年11月27日PR Newswire】

世界大手の独自空港エクスペリエンスプログラムであるプライオリティ・パス(Priority Pass)(http://www.prioritypass.com/ )(TM)が委託したYouGovの調査によると、物より体験を評価する傾向は世界的なものである。オーストラリア、中国、韓国で3000人以上、世界では1万人以上を調査したデータは、アジア太平洋(APAC)の回答者が圧倒的に共有体験を評価していることを示し、それは休暇という形で最もはっきりと表されている。

プライオリティ・パス( アジアパシフィック地域)体験を金銭的価値の指標で評価
プライオリティ・パス( アジアパシフィック地域)体験を金銭的価値の指標で評価

 

▽主要な地域体験通貨バロメーター

*海外での文化的な休暇
*自宅で過ごす休暇
*食事しに出かける
*映画館で映画鑑賞
*高級品を購入
*単独での海外旅行
*海外の都市滞在と週末の小旅行
*ライブイベント参加
*海外のウェルネス&スパホリデー
*ライブスポーツイベント観戦

▽旅行がリストのトップ

*好きなアクティビティーについて、APACの大半の人々は海外の長期休暇を享受しており、39%は海外の異文化探検を楽しんでいる
*また、18%は単独旅行、15%は海外ウェルネス&スパホリデー、11%は海外スポーツ旅行を楽しんでいる
*例年、オーストラリア人の51%が海外での文化的な休暇を満喫しているが、それは韓国人の38%、中国人の26%より多い
*44%の人々は自宅で休みを過ごすことを好み、
また国内での短期休暇を楽しんでいる
*高級品購入を享受しているのは18%にすぎない

調査によると、人々は国内短期休暇を好んでおり、特に韓国人とオーストラリア人のほぼ半数(47%と49%)がそれを楽しく過ごしている。

実際、旅行は好きなアクティビティーリストのトップを占め、APACの人々の5分の1近く(17%)は、文化的な海外旅行が一番楽しいと話している。これは消費に反映されており、彼らは日ごろの煩わしさから解放されるために年平均1437米ドルの消費もいとわない。これはほかのどのアクティビティーも上回り、高級品の年平均消費額942米ドルを50%以上超えている。

プライオリティ・パスを運営するコリンソン(Collinson)のケビン・ゴールドミンツ氏(エグゼクティブバイスプレジデント、アジア太平洋地域)は、旅行業界のグローバル化と競争激化が内外旅行体験に対する消費需要を推進しているとコメントした。

ゴールドミンツ氏は「体験旅行の進歩は驚くに当たらない。人々は深い感情レベルでより良い旅行を求めている。最大のシフトの1つは、旅行者がより個別化され、顧客を重視する体験を要求するようになったことであり、彼らは休暇先に到着する前でさえ、体験が始まると期待している」と述べた。

ゴールドミンツ氏は、これが独占的な空港ラウンジ施設、空港敷地内の高級レストランやマッサージ、ジム設備など高級サービス利用の要求増大にも波及していると指摘した。

ゴールドミンツ氏は「統計は体験が間違いなく王であることを示している。これは人々が異なる体験、特に共有できるものをいかに高く評価しているかを物語っている。われわれはプライオリティ・パスがその一翼を担っていることを誇りに思う。当社の空港エクスペリエンスは、出張であろうとレジャー旅行であろうと、空港滞在中の人々により楽しい時間を提供している」と続けた。

さらに「消費者行動は変わりつつある。体験通貨の投資増大に対応する製品・サービスを提供できる企業は、顧客ロイヤルティーの面で成果を得ることになる」と述べた。

▽体験の共有

*外食は地域で最も人気のアクティビティー(56%)
*52%が映画館に出かけることを楽しむ
*22%がライブスポーツイベント観戦を好み、19%はマッサージ、マニキュアなどヘルス&ビューティーサービスを享受

休暇は彼らが楽しむ唯一の体験ではない。APACの回答者のほぼ5分の1(19%)がヘルス&ビューティーサービスを楽しみ、ライブスポーツイベントを観戦(22%)する一方、52%は映画館に行くことが好きだと言っている。そして、アクティビティ-リストのトップとして、アジア太平洋地区の56%の人々は、食事に出かけることを楽しむと答えた。

調査結果は、共有できる社会体験が人々の楽しみのカギになっていることを示唆しており、ソーシャルメディアの利用も体験評価の認知に加わっている。例えば、レジャーのための旅行、映画館に出かけることは、最も多くソーシャルメディアに投稿されるアクティビティー(37% と33%)である。これに対し、ジムのフィットネスセッション(13%)のような個々の活動や、高級品の購入(11%)は低い数字になっている。

また、300米ドルの現金ギフトを何に使うかとの質問に、APACのほぼ4分の1(23%)の人々は小旅行に充てると答えた。世界各地と同じ比率である。一方、地域の16%は友人や家族との特別な食事に使うと答えたが、実際、これは韓国で最も人気のある回答(24%)だった。

Next Big Thing(http://www.next-big-thing.net/ )選ばれた消費未来学者ウィリアム・ヒンガム氏は「人々は次第に、することに『意味』を求めるようになってきた。このため、体験とそこから得られる記憶や学びに比べて、所有の価値が低いと分かってきた。したがって、われわれはステータス"シンボル"よりステータス"アップデート"を気にするようになる。これは各年齢層でソーシャルメディアの重要性が増大することで促される。典型的に、写真を投稿してアップデートするのに体験の方が製品よりいい機会を提供するからである」と語った。

▽年齢は単なる数字にすぎない

APAC回答者の3分の1以上は、調査対象の年齢層全体で文化的な海外での休暇を評価
*25-34歳は海外都市滞在の享受が最も多く(28%)、35-44歳が僅差(26%)で続く
*各年齢層でほぼ5分の1(18%)が単独の海外旅行を楽しんでいる
*25-34歳の5分の1以上(22%)はライブイベント参加を堪能しているが、これは55歳以上と同比率(22%)

プライオリティ・パスの調査は、特に文化的なアクティビティーを中心とする休暇が地域全般で評価されていることを示した。18-24歳の36% 、25-34歳の34%、35-44歳の38%、45-54歳の37%は海外の文化的な休暇に出かけることが好きなアクティビティーであると答えた。55歳以上は45%と調査対象の年齢層で最高の比率になっている。

調査結果によると、25-34歳は国際的な都市滞在に一番の楽しみを見いだし(28%)、18-24歳のほぼ4分の1(24%)と55歳以上の5分の1(18%)も同様である。人々のほぼ5分の1(18%)は単独旅行を好み、これは消費額に反映され、気前のいい人々は年平均1200米ドルを単独旅行に費やしている。これは高級品に消費する年平均900米ドルに比べて3割以上多い。

▽調査について

数字は特に断り書きがない限り、全てYouGov Plcによるものである。サンプル総数は、英国、サウジアラビア、オーストラリア、メキシコ、インド、米国、中国、韓国、ロシアの成人1万188人。フィールドワークは2018年8月28日から10月8日まで、オンラインで実施された。数字は「平均」評価を出すため国別に調整されている。

▽プライオリティ・パスについて

プライオリティ・パス(Priority Pass)(http://www.prioritypass.com/ )は独自の市場をリードする空港の優待プログラムである。頻繁に航空機を利用する見識ある旅行者に、143カ国500都市以上の空港の1200を超える空港エクスペリエンスを提供している。これには1180のラウンジと、ラウンジと同様にアクセスが可能な空港での食事、スパ優待が含まれ、その数は拡大し続けている。iOSやAndroid向けのプライオリティ・パス・アプリを使えば、会員は迅速かつ容易にプライオリティ・パスを利用できる施設を見つけて、各自の特典優待の内容を確認し、デジタル会員カード(Digital Membership Card)を使うことで、空港のラウンジと空港エクスペリエンスの利用が可能になる。

プライオリティ・パスは、顧客特典とロイヤルティーのグローバルリーダー、コリンソン(Collinson)(https://www.collinsongroup.com/ )によって運営されている。コリンソンは、より深くて価値のある顧客関係を築くバリュープロポジション、ロイヤルティーソリューションを差別化する特別の旅行、保険、関連製品を提供する。過去30年以上、世界有数の決済ネットワーク、600を超す銀行、90以上の航空会社、20余りのホテルグループに選ばれ、競争上の優位性を獲得する顧客体験を構築してきた。各社はこれによって、最も収益性が高いが最も要求の厳しい顧客を取得し、関わり、維持することが可能になった。

詳細はwww.prioritypass.com を参照。

▽報道関係連絡先

Strategic Public Relations Group (SPRG)
Jenny Lam
Phone: +852 9250 2923
Email: jenny.lam@sprg.com.hk

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181127/2296745-1-d
Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180612/2160916-1LOGO

(日本語リリース:クライアント提供)

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー