omniture

Amp、ハーディ岬先進燃料地区に関する商業契約を最終締結

Amp Energy
2024-05-22 05:20 492

オーストラリア、アデレード, 2024年5月22日 /PRNewswire/ -- Amp Energy(「Amp」または「同社」)は、本日、オーストラリアにおける主要なグリーン水素、グリーンアンモニア、および先進燃料プロジェクトの一つであるハーディ岬先進燃料地区の開発に必要なすべての商業契約の最終締結を発表しました。これらの契約はIron Road社との間で締結され、ハーディ岬における630ヘクタールの土地の購入、ロイヤルティ構造および共同利用インフラ契約の最終締結が含まれます。   Amp社は、2023年4月にIron Road社と発表した戦略的枠組み協定以来の開発進捗を基に、ハーディ岬に先進燃料生産能力をもたらすための取り組みを続けます。

ハーディ岬先進燃料地区は、計画された最大10GWの電解槽容量で大規模な生産を提供します。開発は、最初に1GWをオンラインにし、段階的に10GWの総容量に達するように構成されます。このプロジェクトは、オーストラリア政府のネットゼロ目標を支援しつつ、国内市場に対応しつつ、世界に向けた輸出能力も備えています。流通を促進するために、ハーディ岬にはオーストラリア初の専用先進燃料輸出ターミナルが設置されます。 

Amp社は過去2年間、Iron Road社および南オーストラリア州政府と協力してハーディ岬先進燃料地区の開発について議論を重ねてきました。その間、Amp社は大きな開発進捗を遂げました。プロジェクトのコンセプト、設計、およびフロントエンドエンジニアリングデザイン(FEED)前のフェーズは、Amp社が最初の1GW電解槽フェーズのFEED前調査を今後9ヶ月で完了することを目指して、世界的なエンジニアリング企業であるアラップ社(Arup)とテクニップ・テクノロジーズ社(Technip Technologies)によって研究およびレビューされました。FEEDのスコーピングおよび契約締結は現在進行中であり、2024年末または2025年初頭にFEED契約を授与する予定です。

淡水化された水は、ハーディ岬に設置される予定の北部水供給(NWS)海水淡水化プラントから供給され、プロジェクトの電解槽供給水、冷却水、プロセスプラント用水、および消火用水の需要を満たします。Amp社はNWSプロジェクトのFID前の経費を共同出資しています。

さらに、Amp社はBarngarla Determination Aboriginal Corporation RNTBC(「BDAC」)と緊密に協力しています。BDACの継続的な支援により、Amp社はハーディ岬先進燃料地区が地域に有意義な経済的影響を与えると確信しています。Amp社は現在、最初の1GW電解槽容量だけで約4,000人の直接雇用と6,000人の間接雇用を見込んでいます。

Ampの社長兼共同創設者であるPaul Ezekiel氏は、「オーストラリア国内外で、グリーンアンモニア、液体水素、メタノール、持続可能な航空燃料が含まれる先進燃料の需要が増加しています。ハーディ岬先進燃料地区は、これらの燃料の大規模生産を可能にし、エネルギー転換とネットゼロ目標の達成に不可欠です。我々はプロジェクトの潜在的な影響にこれ以上ないほど興奮しており、Iron Road社、南オーストラリア州政府、BDACのパートナーシップと継続的な支援に感謝しながら、開発を全力で進めていきます」と述べました。

州貿易投資相のジョー・ソカッチ氏は、「州政府は、世界中で水素プロジェクトの品質への飛躍が進んでいる中、ハーディ岬先進燃料地区が国内および輸出の機会のために州への投資を引き付ける戦略的重要性を認識しています」と述べました。

Amp社について

Amp Energyは、再生可能エネルギー、電池電力貯蔵、先進燃料、グリーンAIデータセンターを大規模に提供する世界的なエネルギー転換開発プラットフォームであり、独自のAIを活用した送電網の柔軟性をAmp Xプラットフォームを通じて提供しています。設立してから15年の間、Amp社は世界中で14GWの資産を開発、建設そして契約してきました。Amp社は、4億4,000万米ドル以上を投資した世界的なプライベート・エクイティ企業であるカーライル・グループから始まる機関投資家からの大規模な投資に支えられています。同社は、北米、英国、豪州、日本、スペインにグローバルな事業を展開しています。

詳細については、以下をご覧ください amp.energy

ソース: Amp Energy