omniture

BlackBerryがマレーシア政府とAPEC首脳会議でサイバーセキュリティーに関する重要な契約を締結し、カナダとマレーシアの首相が歓迎の意を表明

BlackBerry Limited
2023-11-20 22:57 548

BlackBerryはこの画期的な長期契約でマレーシア政府にサイバーセキュリティーソリューションのフルスイートを提供します

【サンフランシスコ20231120PR Newswire=共同通信JBN】マレーシア政府とBlackBerry LimitedNYSEBBTSXBB)は20日、マレーシアのサイバーセキュリティー体制を強化するための長期的なソフトウエアおよびサービスの契約を発表しました。この画期的な契約により、マレーシア政府は信頼性の高いBlackBerryR)サイバーセキュリティーソリューションのフルスイートを活用し、マレーシアの通信マルチメディア委員会(MCMC)の完全性をサポートするとともに、先進的なサイバーセキュリティー技術とトレーニングによってマレーシアの人材のスキルを強化します。

マレーシアの公共部門は、ソブリンクラウドでホストされるBlackBerryのソフトウエアとサービスへの安全で信頼性の高いリアルタイムアクセスから恩恵を受けることになります。これには、サイバー攻撃を予測・防止するCylanceRAIを使用したBlackBerryの世界をリードするサイバーセキュリティーソリューション、セキュアな通信を実現するNATO(北大西洋条約機構)認定のBlackBerryRSecuSUITER、ローミングを行う担当者の間で政府のデータを保護するBlackBerryRUEM(統合エンドポイント管理)、重要なイベントの管理とインシデント対応に向けて世界中の政府に使用されているBlackBerryRAtHocRが含まれます。

また、BlackBerryはクアラルンプールに世界クラスのサイバーセキュリティー・センター・オブ・エクセレンス(CCoE)を2024年に設立することを発表しました。CCoEは、マレーシアのサイバーセキュリティー能力と即応性を高める専門トレーニングを提供し、12000人に上る同国のサイバー専門家不足の緩和を目指します。カナダ政府はCCoEの設立を歓迎し、カナダのインド太平洋戦略で義務付けられている東南アジアに向けたサイバーセキュリティー能力の構築支援を行うため、BlackBerry、マレーシア政府、CCoEと緊密に協力する計画です。

米州、カナダ、欧州の既存CCoEのネットワークに加えて、アジア太平洋地域におけるBlackBerry初のCCoEとして、経済成長が著しいマレーシアが戦略的に選ばれました。CCoEは、サイバーセキュリティー教育とトレーニング、「常時稼働」のサイバー脅威インテリジェンスとインシデント対応のチームを備え、企業、政府、インフラを標的とした悪質なサイバー活動から同国を守る支援を行います。また、CCoEは国家間の情報共有を強化し、BlackBerryのグローバルな脅威インテリジェンスのネットワークを拡大します。

マレーシアのアンワル・イブラヒム(Anwar Ibrahim)首相は次のように述べました。「マレーシアがこれからも成長し、繁栄し、国のデータと国民の安全を守るためには、最先端技術を採用した国際的なパートナーシップを構築し、海外の投資を誘致して、世界クラスのサイバーセキュリティー人材を迅速に増やし、トレーニングを施す必要があります。私たちは、マレーシアの政府情報、データ、通信のためのデータ主権を約束し、サイバーレジリエンスの先進事例になるというマレーシアの目標の支援に向けてBlackBerryと協力することをうれしく思います」

カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は次のように述べました。「サイバーセキュリティーは、この地域における平和、安全、協力の促進を目指すカナダのインド太平洋戦略の重要な柱です。サイバーセキュリティーは国際協力を必要とする共通の課題であり、だからこそ私たちは、カナダの重要な二国間パートナーであるマレーシアにおけるBlackBerryのサイバーセキュリティー・センター・オブ・エクセレンスを強く支持するのです。マレーシアの将来のサイバー防衛を支援し、カナダと東南アジアの間で専門知識を共有するための、より強力な地域ネットワークを確立することで、私たち2カ国、そしてより広い地域においてサイバー脅威に対抗、抑止、対応するためのレジリエンスと能力をさらに強化することができます」

BlackBerryのサイバーセキュリティー担当プレジデントであるJohn Giamatteo氏は、「約40年にわたって世界中の政府や企業を守ってきたBlackBerryは、マレーシアならびにカナダ政府と提携してマレーシアのサイバーセキュリティー体制を強化できることについて誇りに思います。これにより、国家データとミッションクリティカルな通信を積極的に保護しながら、重大インシデントの管理もサポートします。また、私はマレーシアにBlackBerryサイバーセキュリティー・センター・オブ・エクセレンスが設立されたことを特に誇りに思います。これは、スキルの高いサイバーセキュリティー人材を育成し、マレーシアを脅威インテリジェンスの極めて重要な地域拠点として位置づけるという首相の戦略的な目標を支援するために設計されたものです」と述べました。

Giamatteo氏は、マレーシアでのBlackBerryサイバーセキュリティーソリューションの展開とBlackBerry CCoEの設立を監督します。Giamatteo氏と共に契約調印式に臨んだのは次の人々です:BlackBerryのグローバルな政府関係および公共政策事業を戦略的に監督するBlackBerryMarjorie Dickman最高政府関係・公共政策責任者、マレーシアのファミ・ファジル(Fahmi Fadzi)デジタル通信相、MCMCMohamad Salim bin Fateh Din執行会長、およびサンフランシスコで開催されたAPEC首脳会議に出席したマレーシア代表団の他のメンバー。

BlackBerryについて

BlackBerryNYSEBBTSXBB)は、インテリジェントなセキュリティー・ソフトウエアとサービスを世界中の企業や政府に提供しています。同社は、23500万台以上の車両を含む5億台以上のエンドポイントを保護しています。オンタリオ州ウォータールーを拠点とする同社は、AIと機械学習を活用してサイバーセキュリティー、安全性、データプライバシー・ソリューションの分野で革新的なソリューションを提供しており、エンドポイントセキュリティー、エンドポイント管理、暗号化、組み込みシステムの分野をリードしています。BlackBerryのビジョンは明確です、それは信頼できるコネクテッドな未来を確保することです。

BlackBerry。インテリジェントセキュリティー。どこにいても。

詳細な情報はBlackBerry.comにアクセスするか、@BlackBerryのフォローを。

BLACKBERRYおよびEMBLEM Designを含むがこれに限定されない商標は、BlackBerry Limitedの商標ないし登録商標であり、かかる商標の独占的権利は明示的に留保されています。その他の商標は、各所有者に帰属します。BlackBerryは、第三者の製品ないしサービスについて責任を負いません。

▽メディア問い合わせ先 BlackBerry Media Relations
+1 (519) 597-7273
mediarelations@BlackBerry.com

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/726868/BlackBerry_Logo.jpg?p=medium600

ソース:BlackBerry Limited

 

 

 

ソース: BlackBerry Limited
Related Stocks:
NYSE:BB Toronto:BB