omniture

ストライブ社の知的文書処理(英文省略IDP)機能が「ISG Provider Lens™知的自動化ソリューションとサービス2022年版」のレポートに掲載されました

Straive (erstwhile SPi Global)
2023-02-16 20:26 769

シンガポール, 2023年2月16日 /PRNewswire/ --  ストライブ(旧称SPiグローバル)は、コンテンツ、エドテック、データ向けのテクノロジー主導型ソリューションの提供で定評のあるリーダーです。世界有数の技術調査・顧問会社インフォメーションサービスグループ(ISG)の「ISGプロバイダ・レンズ™ 知的自動化ソリューションとサービス2022年版」レポートで知的文書処理(IDP)のプロダクトチャレンジャー、米国レポートでは上位の候補企業に選出されました。

ISGプロバイダ・レンズ™(ISG Provider Lens™)は、実務家主導のサービスプロバイダー比較です。 その調査レポートは、独立したベンダー評価と企業の購買行動のセグメンテーションを提供します。

ストライブ社のIDP機能は、独自のデータ管理プラットフォーム「ストライブ・データ・プラットフォーム(SDP)」が中心となっています。 SDPは、あらゆる種類のデータ(構造化、半構造化、非構造化)に対して、注文に応じて変更可能なデータ抽出、エンリッチメント、変換、配信モジュールを提供します。 ストライブのソリューションは、PDF、電子メール、ワードファイル、年次報告書、サステナビリティレポート、スキャンしたPDF、画像、図表など、あらゆる形式の情報量の多いコンテンツからデータ処理を自動化し、実用的なインサイトを提供するコグニティブテクノロジーを採用しています。

ストレイブは、情報サービス、BFSI、ライフサイエンス、小売、物流、法務など幅広い業界のお客様にサービスを提供するため、深い情報工学の専門知識を中核に、データエンジニアリング、運用、分析、インサイトなどAI主導のソリューションの完全なライフサイクルを提供しています。 同社は、研究開発専門部隊「ストレイブ・イノベーション・ラボ」を設立し、次世代ソリューションを継続的にIDP製品に統合し、お客様とソリューションを共創しています。

本機能について、ストライブ社の社長兼CEOであるRatan Dattaは、次のように述べています。「データの生成と消費行動の進化に伴い、結果として生じるコンテンツのほとんどは、半構造化または非構造化されたままであることに変わりはありません。 このようなコンテンツを処理するためには、専門知識、正確性、効率性を重視した自動データ処理へのさらなる投資が必要となります。 ISGプロバイダ・レンズ™レポートにおけるストライブの特集は、私たちが注力しているIDP能力とデータソリューションの証です。 我々は、これからも革新し、卓越し、業界最高のソリューションを提供し続けます」

ストレイブは、複雑で価値の高いユースケースの解決に注力し、専門的なドメイン知識を必要とすることで、他社との差別化を図っています。 BFSI、キャピタルマーケット、ライフサイエンス、化学、バイオメディカル、サステナビリティ、リーガルなどの分野に精通した中小企業のチームが、これらの取り組みをサポートしています。 複数年にわたる専門知識により、ストライブは大幅に高いレベルの自動化と効率化を達成し、SDPをビジネス成果を促進するための手段として活用することができます。

レポートの全文はこちらをご覧ください。

ストライブ(旧SPiグローバル)について

ストライブは市場をリードするコンテンツテクノロジー企業で、データサービス、特定分野の専門知識(SME)、テクノロジーソリューションを、研究コンテンツ、eラーニング・教育テックおよびデータ・情報プロバイダーなどの複数のドメインに提供しています。 ストライブのマルチ地理的リソースプールは、世界30カ国にわたるクライアントベースを持ち、フィリピン、インド、米国、中国、ニカラグア、ベトナム、英国、本社を置くシンガポール の8カ国を戦略的な拠点としています。

ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/1891596/Straive_TM_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Straive (erstwhile SPi Global)