omniture

infodasはシンガポールサイバーセキュリティ庁からNITES認証を取得

INFODAS GmbH
2022-10-06 20:13 663

ドイツ、ケルン, 2022年10月6日 /PRNewswire/ -- クロスドメインソリューション(CDS)のリーディングプロバイダーであるinfodasは、SDoTセキュリティゲートウェイがシンガポールの名門サイバーセキュリティ庁から(国家IT評価スキーム)NITES認証を正式に取得したと発表した。この最上位レベルの認定により、SDoTセキュリティゲートウェイは、国内および国際標準に準拠した非常に機密性の高い環境に導入できるようになり、独立した試験所で最も要求の厳しいセキュリティ評価が実施される。

Infodas’ NITES Project and Certification team receives the NITES Certification for the SDoT Security Gateway, at NITES headquarters in Singapore.
Infodas’ NITES Project and Certification team receives the NITES Certification for the SDoT Security Gateway, at NITES headquarters in Singapore.

SDoTセキュリティゲートウェイは、セキュリティ検証を受けたスタッフによるセキュリティ設計の原則に従ってドイツで設計および製造されていこれは、ドイツ連邦情報セキュリティ局(BSI)、EU、NATOの最も厳しい仕様を満たしている。セキュリティゲートウェイは、世界中で最も過酷で機密性の高い環境で10年以上使用されており、さまざまな保護ニーズを持つネットワーク間で安全な情報交換を提供する。SDoTセキュリティゲートウェイを使用することで、INFODAS GmbHは、異なる分類のネットワークドメイン間でデータを交換するための柔軟なソリューションを提供し、VS-GEHEIMまで長年にわたってBSIの一般的な承認を得てきた。SDoTセキュリティゲートウェイは、NATO情報保証製品カタログ(www.ia.nato.int/NIAPC)に掲載されており、クロスドメインソリューションとして、公共機関、軍、および重要インフラストラクチャ企業に対して、幅広いネットワークセグメンテーションの課題に対するソリューションを提供する。

「infodasは、機密性の高いデータの情報セキュリティおよびデジタル化の分野で長年の経験を持っている。SDoTセキュリティゲートウェイは独立してテストされ、NITES認定を取得した。認定プロセスは、当社の認定チームとシンガポールサイバーセキュリティ庁(CSA)のプロジェクトチームとの集中的なコラボレーションによって可能になった。このことは、最高水準のセキュリティ基準を維持するというデルのコミットメントをあらためて示しており、この高いレベルの認定によって、infodasの製品品質とセキュリティに関する高い基準が保証され、アジアのパートナーおよびお客様の要件を満たすことができることを嬉しく思いる」と、infodasの営業部長、Marc Akkermann氏は語る。「その結果、お客様は高性能で安全な製品を自由に使用できる。そのためには、お客様の情報セキュリティにおいて、常に信頼できる要素になることが必要である。これはほんの第一歩だった。次のマイルストーンは、CCRAと欧州SOG-IS協定にすでに達成され、記載されている共通基準EAL4+認証にシンガポール共通基準スキーム(SCCS)認証を追加することである。パートナーと協力して、デジタル世界をもう少し安全にしたいと考えている。」

詳細については、https://www.commoncriteriaportal.org/ および https://www.sogis.eu/をご覧ください。

シンガポールサイバーセキュリティ庁について

サイバーセキュリティ庁(CSA)は首相室傘下の政府機関で、シンガポール政府の通信情報部が管理している。国家サイバーセキュリティ機能を集中的に監督し、エネルギーや銀行部門などシンガポールの重要な情報インフラ(CII)を保護するために主要部門と協力する。また、2015年4月1日に設立された同庁は、さまざまな業界や関係者と協力して、シンガポールにおけるサイバーセキュリティの啓発や発展の確保に取り組んでいる。

詳細については、https://www.csa.gov.sg/をご覧ください。

infodasについて

INFODAS GmbHは1974年に設立され、ドイツを代表する情報セキュリティソフトウェアおよびコンサルティング会社の一つである。中堅企業は、情報セキュリティとITインフラストラクチャの保護に関する包括的なアプローチの概念と実施において、企業、公共機関、および軍にサービスを提供している。さらに、ドメイン移行(クロスドメインソリューション)と重要インフラストラクチャの保護のための高度なセキュリティ製品を開発している。infodasのSDoT製品ファミリのいくつかの製品は、SECRETおよびEUとNATO SECRETの分類に承認されている。ケルンに本社を置くほか、ベルリン、ボン、ハンブルク、ミュンヘンにもオフィスがある。INFODAS GmbHは、ドイツ連邦情報セキュリティ局(BSI)からIS監査、コンサルティング、IS浸透テストアップバンドの分野でITセキュリティサービスプロバイダとして認証を受けており、BSI認証を受けたIT-Grundschutzコンサルタントを採用した最初のシステムハウスの1つである。BSI法(BSIG)第8a(1)項に基づき、試験手続き専門知識を支援できるITセキュリティ専門家とKRITIS事業者がこの目標を達成し、現在の法的要件を満たすようにKRITIS事業者を牽制するBSI監査人がいる。詳細については、www.infodas.deをご覧ください。

写真 - https://mma.prnasia.com/media2/1913948/Infodas_NITES_Certification.jpg?p=medium600
ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/1690050/INFODAS_Logo.jpg?p=medium600

詳細については、marketing@infodas.de、+49 221 709120マーケティング責任者Tanja Castellまでお問い合わせください。

 

ソース: INFODAS GmbH