omniture

航空機を利用:リオサウステキサスの航空物流

Council for South Texas Economic Progress
2022-06-23 20:00 200

【ミッション(米テキサス州)2022年6月23日PR Newswire=共同通信JBN】COSTEPは、製品と人々がA地点からB地点に移動することは取引に不可欠であることを理解している。商品は生産施設から顧客へと迅速に移動する必要があり、地域外のエグゼクティブは航空機で容易に出入りする必要がある。北米サプライチェーンの中心に位置するリオサウステキサスは、大陸内外の顧客に素早く到達する航空輸送のインフラをメーカーに提供する。

製品と人々の迅速な移動が不可欠な場合、国際航空輸送の主要拠点を素早く利用できることは極めて重要である。このため、リオサウステキサスは安定し、現地化された旅客と貨物の航空輸送インフラを活用している。

リオサウステキサスには7つの地域空港がある:

*ブラウンズビル(RRO)

*ハーリンジェン(HRL)

*マッカレン(MFE)

*ラレド(LRD)

*マタモロス(MAM)

*レイノサ(REX)

*ヌエボラレド(NLD)

これらの地域空港からは、下記の主要国際ハブ空港への定期的かつ直接のアクセスが可能:

*ヒューストン(IAH)

*ダラス-フォートワース(DFW)

*メキシコ市(MEX)

*シカゴ(ORD)

地域空港から、以下のセカンダリーハブ空港への定期的かつ直接のアクセスもある:

*デンバー(DEN)

*サンフランシスコ(SFO)

*オーランド(MCO)

*ラスベガス(LAS)

*モンテレイ(MTY)

リオサウステキサスの空港からは主要ハブ空港に毎日35便以上、さらにセカンダリーハブ空港に15便が就航している。これは生産施設へ定期的に移動する必要がある企業や、緊急事態の際に直前ぎりぎりのフライトオプションを必要とする企業にとって重要な点である。また、これらのハブ空港は世界中のさまざまな国への直行便を提供しているため、エグゼクティブの大陸横断旅行にも便利である。フランクフルト、ロンドン、ドバイ、東京、ソウル、サンパウロなどの世界の主要都市へは、リオサウステキサスからわずか1回の乗り継ぎで行くことができる。

リオサウステキサスでは、以下のセカンドパーティーおよびサードパーティー物流企業が本格展開している:

*フェデックス(FedEx)

*UPS

*DHL

これは納期通りの配送、および/または迅速なターンアラウンドを提供する能力に決定的に依存するメーカーにとってのメリットになる。

人や製品が世界のどこかへ急いで飛ぶ必要がある場合には、リオサウステキサスから容易に飛ぶことができると確信することができる。リオサウステキサス地域には主要ハブ空港への定期便が就航する7つの地域空港があり、製造オペレーションをサポートする体制が整っている。

北米のために北米で製造することを志向しているのなら、リオサウステキサスが提供するものを見ていただきたい。われわれCOSTEPのチームは喜んでサポートする。より詳しい情報はwww.costep.org を参照するか、@COSTEPのフォローを。

▽問い合わせ先: Matt Ruszczak, +1.956.682.6371, info@costep.org

 

 

ソース: Council for South Texas Economic Progress