omniture

シャングリ・ラがシャングリ・ラ サークルプラットフォームとメンバーズデーを開始

Shangri-La Group
2022-06-02 15:29 821

【香港2022年6月2日PR Newswire=共同通信JBN】

*グループは、ゴールデンサークルロイヤルティープログラムの変革と新たな月次オファーを発表、メンバーにより多くの価値をもたらす

シャングリ・ラ(Shangri-La)は、受賞歴のあるGolden Circle(ゴールデンサークル)ロイヤルティープログラムの変革により、4月28日、アジアの先駆的なホスピタリティーの新しい章を開いた。コンテンポラリーな旅とライフスタイルのプラットフォームであるShangri-La Circle(シャングリ・ラ サークル)は、シンプルさ、柔軟性、特典、認知度、利便性など、メンバーにさらに多くのサービスを提供することで、従来のホテルロイヤルティープログラムを上回る。シャングリ・ラ サークルは、ゲストのジャーニーを強化する取り組みをさらに推進し、新しい「Circle the Sixth」メンバーズデーのイニシアチブを開始し、メンバーがシャングリ・ラで良い生活を送るためのさらに多くの方法を提供する。

人生は楽しく、無限で、刺激的で、可能性に満ちているという考えに基づいて構築された革新的な新しいシャングリ・ラ サークルプログラムは、特別な体験を厳選し、ホテル、レストラン、バー、ウェルネス施設、家族の体験など、ブランドのポートフォリオ全体で前例のない柔軟性を提供する。メンバーは、シャングリ・ラでの滞在、ダイニング、ショッピング中に、特別な料金とサービス、さらなる特典、シャングリ・ラ サークルポイントの獲得および交換プロセスの簡素化を享受する。プラットフォームはまた、比類のない内部者の舞台裏へのアクセスと厳選されパーソナライズされた体験を通して、メンバーの個人のジャーニーを称える。

シャングリ・ラ サークルは、最高レベルのパーソナライズされた特典を提供する新しい完全招待制のメンバーシップ階層であるPolaris(ポラリス)を含む4つのメンバーシップ階層で構成されている。ポラリスの特典には、全世界のシャングリ・ラ施設への無制限のアクセス(宿泊しなくても)、専任のグローバルポラリスコンシェルジュ、ポラリスディスカバリー(Polaris Discovery)体験、およびDiamond(ダイヤモンド)ステータスの特典が含まれ、愛する人たちと心に残る体験を共有できる。

メンバーは、新しいシャングリ・ラ サークルアプリも利用できる。このアプリでは、休暇の計画を立て、テーブルを予約し、シャングリ・ラ ブティックで商品を購入することも可能。このアプリを通じて、メンバーは1つの便利な場所でアカウントを管理し、予約に現金またはポイント、あるいは両者の組み合わせを使用するかどうかを決めることもできる。

6月の「Circle the Sixth」の開始により、シャングリ・ラ サークルは、期間限定の月次オファーでさらに特別な体験をメンバーに提供する。6月6日から、メンバーズデーには、6日の午前9時(香港時間)から8日の午前9時(香港時間)まで、毎月48時間のみ利用可能な新しいオファーがリリースされる。特別オファーは、シャングリ・ラ サークルチームによってキュレーションされ、良い生活を送るための刺激的な新しい方法を提供する。

初のメンバーズデーに、シャングリ・ラ サークルは、ゲストがシャングリ・ラのジャーニーをパーソナライズできるよう厳選されたダイニングとウェルネス体験をセットにした20以上のステイケーションパッケージを発表する。シャングリ・ラ サークルメンバーは、専用のメンバーズデー・ウェブサイトまたはシャングリ・ラ サークルモバイルアプリからこれらの特別オファーを予約すると、6倍のポイントが付与される。さらに、香港、シンガポール、クアラルンプール、台北のシャングリ・ラ サークルメンバー会員は、48時間のメンバーデー期間中にシャングリ・ラ ブティックで購入すると、6倍のポイントを獲得できる。

新規メンバーは、最初のシャングリ・ラ サークル体験で300ボーナスポイントを獲得し、2022年7月31日までの継続的な購入によって最大1500ボーナスポイントを獲得できる。これらのポイントは、次の祝賀ダイニング体験、週末の休暇、またはウェルネスエスケープに使用できる。

新しいシャングリ・ラ サークルプラットフォームと、その「Circle the Sixth」メンバーズデーイニシアチブの開始により、シャングリ・ラはホスピタリティーの新しい地平を切り開き続けている。

詳しい情報はhttps://www.shangri-la.com/en/corporate/shangrilacircle/ を参照。

画像セレクションはこのリンクを通じてダウンロード可能。

▽メディア問い合わせ先:

Shangri-La Group Corporate Communications
corpcomms@shangri-la.com

ソース: Shangri-La Group