omniture

世界で最もビーガンに優しく、未来志向の都市トップ10

abillion
2021-11-22 17:00 301

【シンガポール2021年11月22日PR Newswire=共同通信JBN】植物由来の食品と製品を評価するための世界で最も急速に成長しているプラットフォームabillionは、植物ベースのライフスタイルをどれだけ受け入れているか、環境政策へのコミットメント、および温室効果ガスの排出と廃棄物の発生に基づいて、世界の都市を評価した。この調査は、意識の高い市民のために、世界で最も優れた10都市を当社が決定するのに役立った。われわれはそれらをCities of the Future(未来の都市)と呼んでいる。

▽Cities of the Future 2022(2022年未来の都市)

  1. ロンドン(英国)
  2. ロサンゼルス(米国)
  3. バルセロナ(スペイン)
  4. メルボルン(オーストラリア)
  5.  シンガポール(シンガポール)
  6.  ヨハネスブルク(南アフリカ)
  7. トロント(カナダ)
  8. ニューヨーク(米国)
  9.  ベルリン(ドイツ)
  10. ケープタウン(南アフリカ)

メソドロジーを含むリポート全文は以下を参照:

https://www.data.abillion.com/post/abillion-cities-of-the-future-2022

現在、われわれが住む場所はこれまで以上に重要である。特に、モバイル度の高いZ世代は、多くのミレニアル世代と同様に、個人の幸福を職業上の成功と同程度に重視している。こうした新しい世代にとって、倫理、大義へのコミットメント、多様性と包摂性、とりわけ持続可能な選択肢とサービスは、この覚醒世代が住みたい場所を決める要因になっている。

Cities of the Futureリポートは、150カ国・6000都市の3万2000人のメンバーが投稿した85万件の本物のユーザーレビューに基づいている。そして、最終スコアは、植物ベースの生活(50%)、市の政策コミットメント(30%)、温室効果ガス排出量(10%)、および発生する廃棄物(10%)の4つのカテゴリーから計算される。

abillionのVikas Garg最高経営責任者(CEO)兼創設者は「約6000都市が検討対象となったが、最初の選抜に残ったのは54都市だけだった。自然が主役となった第26回気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)気候サミットを踏まえて、われわれのリポートは、世界の主要都市が地球と居住者に対し―人間にも動物にも同様に―より優しくなるために、どのように前進してきたかを強調する」と語った。

未来の都市として認められた10都市それぞれに関する詳細なインサイトは以下のリポートを参照:https://www.data.abillion.com/post/abillion-cities-of-the-future-2022

*abillionについての詳細なインサイトは https://www.data.abillion.com/ を参照。

*abillionの消費者受賞についてはhttp://awards.abillion.com を参照。

*PDFは以下からダウンロード:https://www.data.abillion.com/downloads

*Cities of the Futureの資産は以下を参照:https://drive.google.com/drive/u/0/folders/15OfEG0ZtS4MZj9HxjGUM9Lx6cIMYM9L-

*使用中のabillionの画像とVikas Garg CEO兼創設者のポートレートは以下を参照:

https://drive.google.com/drive/folders/1VY2yRVAkvKO7B9TSm0lEsA7hsCuBzwa5

▽abillionについて

abillionでは、植物由来の食品と地球に優しい製品のグローバルな動きを推進する取り組みを続けている。abillionは持続可能な選択をしたい人々を支援するデジタルプラットフォームである。abillionのアプリを利用することで、メンバーはビーガンフードとビーガンおよびクルエルティーフリー(動物実験/殺傷を行わない)製品を発見できる。2018年にVikas Garg最高経営責任者(CEO)が立ち上げたabillionは、ソーシャルメディアをソーシャルグッドのために活用する点でユニークである。メンバーが持続可能な選択を行い、レビューを1件共有するたびに、abillionはアプリを通じてメンバーが選択できる命を救う活動に1ドルを寄付する。abillionは世界中で命を救う活動に約100万ドルを寄付した。

ウェブサイト:www.abillion.com

ソース: abillion
Related Links: