omniture

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下 世界最大の浮体式工業団地「OXAGON」の設立を発表

NEOM
2021-11-22 22:37 2040

·  クリーンエネルギー、最新のサプライチェーン・ロジスティクスでビジネスパートナーをサポート

·  2022年より、産業界のパイオニアたちが参加予定

·  再生可能エネルギーを利用した7つの主要産業が産業発展をサポート6

·  ユニークな八角形のデザインがNEOMの「ブルーエコノミー」開発をサポート

NEOM、サウジアラビア, 2021年11月16日 NEOMの取締役会長であるムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下は、本日、人類の生活と仕事のあり方を再定義するというNEOMの戦略に基づいた「OXAGON」の設立を発表しました。OXAGONはNEOMの基本計画の次の段階を形づくり、将来の製造拠点の全く新しいモデルとなります。

 

OXAGON
OXAGON

 

殿下は、今回の発表に際し、次のように述べています。「OXAGONは、NEOMおよび王国の経済成長と多様性を促進し、サウジ・ビジョン2030のさらなる達成へと導いてくれるでしょう。OXAGONは、環境を保護しながらNEOMの雇用と成長を生み出すことで、今後の世界の産業開発のアプローチを再定義することに貢献します。また、サウジアラビアの地域貿易と商業に貢献し、世界の貿易の流れにおける新たな中心地となるようサポートします。現地で事業や開発が開始されたことを嬉しく思うとともに、今後の急速な拡大を期待します。」

NEOMのCEOであるNadhmi Al-Nasr氏は次のように述べています。「OXAGONは、世界の製造拠点に対する見方を根本的に変えることになるでしょう。多くのパートナー企業様に、OXAGONでプロジェクトを開始したいという意欲を示していただいていることが、私たちの励みになっています。このような変革の先駆者たちが、最新の人工知能技術を駆使した工場を設立し、第4次産業革命に向けた時代の大きな飛躍を実現します。OXAGONは、THE LINEと同様に、住民のみなさまに優れた居住性を提供する総合的なコグニティブ・シティとなります。」

NEOMの南西部に位置する広大なエリアには、都市の大半人口が居住することを想定した総合港湾・物流ハブを中心とする中核的な都市環境を計画しています。八角形のユニークなデザインは、環境への影響を最小限に抑え、最適な土地利用を実現し、残りの部分は95%の自然環境を維持するために開放されています。この都市は、世界最大の浮体構造を特徴とし、NEOMの「ブルーエコノミー」の中心となり、持続的な成長を実現します。

OXAGONは、2021年1月に就航したTHE LINEの哲学と理念を補完し、自然と調和した、卓越した居住性を提供します。世界貿易の約13%を占めるスエズ運河に近い紅海に位置し、港と空港が一体となった世界有数の先進的な物流拠点となります。

OXAGONが先進技術のグローバルベンチマークを確立

OXAGONはNEOMのための、世界初の完全に統合された港湾とサプライチェーンのエコシステムを構築します。港湾、物流、鉄道輸送施設が統合され、世界有数の生産水準を誇り、実質CO2排出量がゼロで、テクノロジーの採用と環境の持続可能性における世界的なベンチマークとなります。

物理的およびデジタルで統合された機動的なサプライチェーンと物流システムは、リアルタイムのプランニングを可能にし、業界のパートナーに確実なオンタイムデリバリー、効率性、費用対効果をもたらします。

OXAGONの中核となるのは、IoT(Internet of Things)、人間と機械の融合、人工知能や予測知能、ロボット工学などの最先端技術であり、これらの技術を、全自動配送センターや自動のラストワンマイル配送のネットワークと組み合わせることで、シームレスで統合されたインテリジェントかつ効率的なサプライチェーンの構築というNEOMの目標達成を推進します。

100%再生可能エネルギーで駆動する7つの革新的なセクター 

「ネット・ゼロ」の都市は、100%クリーンエネルギーで駆動し、未来の先進的でクリーンな工場を作るための変革を目指す産業界のリーダーたちの拠点となります。

OXAGONの産業発展の核となるのは7つのセクターで、イノベーションと新技術がこれらの産業の重要な基盤となります。7つのセクターとは、持続可能なエネルギー、自律型モビリティ、水のイノベーション、持続可能な食料生産、健康と福祉、テクノロジーとデジタル製造(通信、宇宙技術、ロボット工学を含む)、近代的な建設方法であり、これらはすべて100%再生可能エネルギーで駆動します。

自然と一体化するコミュニティ

THE LINEの特徴である優れた居住性は、OXAGONの都市景観にも反映されています。街中では、歩いて移動することや、水素駆動のモビリティを利用することが可能です。通勤時間を最小限に抑え、自然が都市環境にシームレスに統合された優れた居住性を持つコミュニティを中心に、持続可能な産業を構築します。

グローバルセンターに匹敵する教育・研究・イノベーション

OXAGONは、真の循環型経済を実現するために、研究とイノベーションを中心とした協力的な環境で変革を起こします。OXAGONのイノベーションキャンパスは、既存のグローバルセンターに匹敵するERI[教育(Education)、研究(Research)、変革(Innovation)]のエコシステムを構築します。

OXAGON地域の開発は順調に進んでおり、大規模な製造施設の設計も進んでいます。こうした施設には、Air Products社、ACWA Power社、NEOMの3社合弁による世界最大のグリーン水素プロジェクト施設、Gulf Modular International社による世界最大かつ最先端の建築向けモジュール工場、FAS Energy社とNEOMの合弁による地域最大のハイパースケールデータセンター、NEOMの通信ハブなどがあります。

量産をサポートする最高基準の規制システムにより、OXAGONは急速に成長し、2022年の初めに最初の製造テナントを迎え入れる予定です。

NEOMについて 

NEOMは、人類の進歩を促進し、新しい未来の姿を示すビジョンです。紅海に面したサウジアラビア北西部にあるこの地域は、リビングラボとしてゼロから構築されており、起業家精神を持つ人々が、「新しい未来」への道筋を描く場所となっています。NEOMは、大きな夢を抱きながら、優れた居住性、繁栄するビジネスの創出、環境保護の再構築のための新しいモデルづくりに携わりたいと考える人々にとっての目的地であり、拠点でもあります。

NEOMは、世界中から集まった100万人以上の人々の家であり、職場でもあります。NEOMでは、ハイパーコネクテッドでコグニティブな、都市、港湾やエンタープライズゾーン、リサーチセンター、スポーツやエンターテイメント施設、観光地などが計画されています。イノベーションのハブとして、起業家、ビジネスリーダー、企業が集まり、画期的な方法で新技術や企業の研究、インキュベーション、商業化を行います。NEOMの居住者は、国際的な価値観を体現し、探求、リスクテイク、多様性の文化を取り入れるようになります。これらはすべて、国際的な規範に適合し、経済成長を助長する進歩的な法律により支えられています。

Press Kits
All Languages (below)
https://we.tl/t-kvNqfnnnKU

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1690020/NEOM_OXAGON.jpg?p=medium600

詳細はmedia@neom.com までご連絡いただくか、www.neom.com およびwww.neom.com/en-us/newsroomをご覧ください。

 

 

 

ソース: NEOM