omniture

西安が来たる第14回中国全国運動会を推進役としてスポーツ部門の発展を鼓舞

Xi'an Municipal Government
2021-08-17 16:56 1143

【西安(中国)2021年8月17日PR Newswire=共同通信JBN】4年ごとに開催される中国最大の全国スポーツイベント、第14回National Games of China(中国全国運動会)が、ユネスコ世界遺産「兵馬俑」の故郷、西安で9月15日に開幕する。大会は陝西省の省都で古代13王朝の都だった西安に新たな活力を大量に注入することが期待されている。

来たる第14回中国全国運動会を推進役としてスポーツ部門の発展を鼓舞する西安
来たる第14回中国全国運動会を推進役としてスポーツ部門の発展を鼓舞する西安

大会の開催により、この重要なスポーツイベントがいくつかのチーム間の競技というだけでなく、コミュニケーションのためのプラットフォームや宣伝の舞台となるため、国際舞台における市の地位の大幅向上が期待される。一帯一路構想(BRI)と、シルクロード経済ベルト(Silk Road Economic Belt、SREB)の新しい出発点の建設によってもたらされた戦略的機会をつかむことによって、西安はスポーツ部門の発展を加速している。これにより、いくつかの省や地域にまたがる一連のスポーツ関連産業の組織的確立と発展の達成という目標を持って、様々なスポーツ資源の統合と配分が促進され、世界各国とのコミュニケーションを発展させる。

スポーツ部門を構築するための積極的な取り組みは実用的である。西安の住民をより健康で壮健にするだけでなく、大衆の幸福度と彼らが日常生活の改善を本当に経験してきたという感覚を高めるのに役立つ。

西安は十分なフィットネス施設をつくってきたため、住民すべてが体力作りに従事できる場所がある。2019年以来、市内全域に1万の運動施設を作ってきたことで、住民は誰でも15分以内にどこかひとつの運動施設にアクセスできる。今年3月の時点で、市は農業労働者用に西安の農村地域に4280台の運動器具を設置、同時に2200の公共利用のジョギング、自転車の舗装道を設置した。一方で、すでに十分な数の全国的なフィットネス活動を展開してきており、イベントの年間開催数は年末までに約600に達するはずである。何らかの形での身体活動への参加者数は現在、市の人口の50%を占めており、運動のための利用可能面積は平均2平方メートルに達した。

西安はまた、いくつかのスポーツスタジアムを建設している。Xi'an Olympic Sports Center(西安オリンピックスポーツセンター)が新しい都市のランドマークになる一方、Xi'an Sports Training Center(西安スポーツトレーニングセンター)、 Xi'an International Football Center( 西安国際フットボールセンター)、Xi'an Water Sports Training and Competition Center(西安ウォータースポーツ・トレーニング競技センター)が計画段階にあるか、すでに建設中だ。

2022年から2025年の間に、40を超える国際および国内のスポーツイベントが毎年西安で開催される。ひとつのスポーツブランドが関係した2から3の独立したイベントも2025年までに市内で毎年開催される予定で、西安は2035年までに有名で一流の世界のスポーツ首都になるための行動を開始している。

ソース: Xi'an Municipal Government