omniture

2020東京五輪-障害馬術団体決勝

FEI
2021-08-09 18:02 3202

東京, 2021年8月9日 /PRNewswire/ -- *スウェーデン障害馬術チームにとってのゴールデンモーメント(Louise Parkes記者)

Team Sweden on the podium. (L to R): Henrik von Eckermann, Malin Baryard-Johnsson and Peder Fredricson. Almost a century since Sweden last won Olympic Jumping Team gold and tonight they did it with both style and grace at the Tokyo 2020 Olympic Games in Baji Koen Equestrian Park. (FEI/Arnd Bronkhorst)
Team Sweden on the podium. (L to R): Henrik von Eckermann, Malin Baryard-Johnsson and Peder Fredricson. Almost a century since Sweden last won Olympic Jumping Team gold and tonight they did it with both style and grace at the Tokyo 2020 Olympic Games in Baji Koen Equestrian Park. (FEI/Arnd Bronkhorst)

スウェーデンが五輪の障害馬術団体で金メダルを最後に獲得してからほぼ1世紀。スウェーデンチームは今夜、自らのスタイルと優美さを持ってそれを成し遂げた。

この1週間、King Edwardに騎乗したヘンリク・ボンエチェルマン(Henrik von Eckermann )、Indianaに騎乗したマリン・バーヤート・ヨンソン(Malin Baryard-Johnson)、All Inに騎乗したぺデル・フレドリクソン(Peder Fredricson)による素晴らしい演技は、97年ぶりに最高の名誉を母国にもたらす夜になるのではないかとの大きな期待につながったが、それは簡単なことではなかった。

最後の戦いはBaloutinue に騎乗するローラ・クロート(Laura Kraut)、Don Juan van de Donhoeve に騎乗するジェシカ・スプリングスティーン(Jessica Springsteen)、Contagiousに騎乗するマクレーン・ウォード(McLain Ward)の3人から成る元気いっぱいの米国チームとの接戦になった。彼らは激しい戦いを展開して一歩も譲ろうとしなかった。両チームはそれぞれ減点8(8フォルト)で今日の第1ラウンドを終え、戦いは引き分けとなった。

ベルギーはオープニングラウンドで減点12をもらい、すでに銅メダルが確定していた。フランスチームは、ペネロペ・ルプレボス(Penelope Leprevost)が競技を始める前に、オープニングラウンドでのBerlux Zに騎乗するシモン・ドレストア(Simon Delestre)、Quel Filouに騎乗するマチュー・ビヨ(Mathieu Billot)からのシングルタイムフォルトで有利となっており、すべてのチームにとって最大の脅威とみえた。しかし、Vancouver de Lanloreの第3障害でのエリミネーションが、フランスが5年前のリオデジャネイロ大会での栄光を再び勝ち取るという夢を打ち砕いた。

そこで、ピーター・デボス(Pieter Devos)(Claire Z)、ジェローム・ゲリー(Jerome Guery) (Quel Homme de Hus)、グレゴリー・ワトヘルト(Gregory Wathelet)(Nevados S)の3人は、第3位の表彰台はベルギーチームのものだとわかり、ゆったりと構えることができた。

▽最後の対決

3チームのメンバーすべてが最後の対決のリングに戻り、米国チームを先導したのは11歳の騙馬に騎乗したクロートだった。最後までを41.33秒で終わり、ペースを作った。スウェーデンのボンエチェルマンは新しいルートをとったが、この1週間の5ラウンドの厳しい競技で障害物を一度も落とさずに話題を呼んだ愛馬のKing Edwardとともに42.00秒となり、若干タイムを落とした。

スプリングスティーンは42.95秒と、米国チームにとってまずまずだった。そこで、バーヤート・ヨンソンがタイムを上げて41.89秒でゴールに入った時にスウェーデンが既に少し有利になった。しかし次に出たウォードはそれまでのレースよりもタイムを縮めて39.92秒でゴールインし、スウェーデンのアンカーのフレドリクソンの演技次第となった。

フレドリクソンが演技を始めた時、彼の顔に固い決意を読み取ることができただろうか。最後の障害へと全速で走った時、彼はそれに運命がかかっていると知って緊張を感じただろうか。

最終的にはわずか1.3のペナルティーポイントが両者を分けた。しかしその後、両チームに喜びが感じ取れた。彼らはフェアに戦い、ベストな側が勝利した。恨みはない。偉大な対戦相手の間で演じられた偉大なスポーツにおける喜びだけがある。

結果:https://tokyo2020.live.fei.org/

リポート全文:https://inside.fei.org/fei/your-role/media

画像

編集専用の画像は以下のFEI Flickrから入手可能。https://www.flickr.com/photos/gallery_fei/albums/72157708780958282

FEIソーシャルメディア

Facebook、Instagram、Twitter、FEI-YouTube

#Equestrian #Showjumping #Tokyo2020 #Olympics #Teamcompetition

#Individualcompetition

ビデオコンテンツ

ビデオ映像はhttps://fei.broadcast-content.tv/ で閲覧可能。ログイン情報はmedia@fei.org 参照。パスワード:FEI2018

メディアツールキット

FEI Equestrianのメディアツールキットは以下で閲覧可能:

https://inside.fei.org/system/files/EQUESTRIAN%20MEDIA%20TOOL%20KIT_TOKYO2020.pdf

大会期間中の各メディア最新情報と競技結果は以下参照:

https://inside.fei.org/fei/your-role/media

https://tokyo2020.live.fei.org/

五輪馬術の詳細は以下参照:

https://olympics.com/tokyo-2020/en/sports/equestrian/

FEI(国際馬術連盟)については以下参照:

https://inside.fei.org/fei/about-fei

▽メディア問い合わせ先

Shannon Gibbons
FEI Media Relations & Media Operations Manager 
Shannon.gibbons@fei.org 
+41 78 750 61 46

Photo: https://mma.prnasia.com/media2/1590358/1_mb_sweden.jpg?p=medium600   
Logo: https://mma.prnasia.com/media2/1578235/Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: FEI