omniture

Fideuram-Intesa Sanpaolo Private BankingとREYL & Cieが戦略提携の認可取得

REYL Group
2021-06-01 17:00 947

- 欧州中央銀行(ECB)とスイス連邦金融市場監督機構(FINMA)がFideuram-Intesa Sanpaolo Private Banking(ISPB)とREYL & Cieの戦略提携を認可

- 契約の一環として、Fideuram-ISPBはスイスの金融子会社Intesa Sanpaolo Private Bank (Suisse) MorvalをREYL & Cieと合併させ、スイス金融市場での主導的地位をさらに強化する

- 合併によるジュネーブ本拠の事業体はREYL & Cieの登録社名を維持し、従業員数約400人、AUM(運用資産残高)250億スイスフラン(230億ユーロ)近く、法的株主資本約2億1000万スイスフラン(1億9000万ユーロ)となる

- 両当事者はそれぞれのブランドを一体化した新たなロゴを公表する

ミラノ、ジュネーブ

2021年6月1日

/PRNewswire/ -- 欧州とスイスの金融規制機関である欧州中央銀行(ECB)とスイス連邦金融市場監督機構(FINMA)は、Intesa Sanpaolo Group(インテザ・サンパオロ・グループ)の資産運用管理部門Fideuram-Intesa Sanpaolo Private Banking(Fideuram-ISPB)とジュネーブを本拠とする多角経営の起業家向け金融グループREYL & Cieの戦略提携を認可した。Fideuram-ISPBはスイスの金融子会社Intesa Sanpaolo Private Bank (Suisse) Morval (ISPBM)をREYL & Cieに提供する。REYL & CieとISPBMの法律上の合併は年末までに完了する予定。両社はそれぞれのブランドを一体化した新たなロゴを公表する。

この提携により、Fideuram-ISPBは国際的資産管理業務を大きく強化し、スイス金融業界で進展中の再編統合で主導的役割を続けることができる。これは、同社の国際的資産管理業務の主要ハブとしてスイスを選択することを確認するものである。

合併実現後、REYL & Cieはジュネーブの本社を存続させ、従業員約400人、運用資産残高250億スイスフラン(230億ユーロ)近く、法的株主資本約2億1000万スイスフラン(1億9000万ユーロ)のかなり大規模な国際金融グループに拡大する。

REYL & Cieは起業家のDNAと革新的な事業モデルにより、次の5事業部門で横断的に顧客に革新的ソリューションを提供することに重点を置いて、成功している360度の有機的成長戦略を推進し続ける:富裕層向け資産管理、起業家・ファミリーオフィス向けサービス、企業助言・構築、資産サービス、資産運用管理。Asteria Investment Managers and Obviam(インパクト投資に特化したスイス規制下のファンド運用)やAlpian(最近具体化した有望なスイスの富裕顧客グループ向けデジタルバンク)などの最近のイニシアチブに、今回の戦略提携は大きく寄与するだろう。

Fideuram-ISPBはREYL & Cie資本の69%を支配し、パートナーのFrancois Reyl、Pasha Bakhtiar、Nicolas Duchene、Thomas Fontaine、Christian Fringhian、Lorenzo Rocco di Torrepadula各氏が合わせて株式の31%を保有する。パートナーらは長期的に関与し続け、日常の経営や戦略実施に責任を負う。

Fideuram-Intesa Sanpaolo Private BankingのTommaso Corcos最高経営責任者(CEO)は「REYLとの提携は、ユーロゾーンで最高クラスのプライベートバンクの合併とスイスを当社の国外ネットワークの基盤とすることによる国際成長戦略を再確認するものだ。技能、経験、刷新力と顧客サービスの共通文化の組み合わせは、最も要求の厳しい顧客にサービスする新たな重要国際金融機関構築の基礎となる。両社の事業の相乗効果を促進するため、REYLのNicolas Duchene副CEO兼パートナーが法的合併までの暫定ベースでIntesa Sanpaolo Private Bank Suisse Morvalのゼネラルマネジャーの役割も担う」とコメントした。

REYL & CieのFrancois Reyl CEOは「提携の実現は、両社にとって新たな発展の可能性の領域を広げるREYLの社史の新たな1章を画すものである。Fideuram-Intesa Sanpaolo Private Bankingの特性と資金力はREYLの起業家精神、刷新力と結合して、現在の環境で成功を成し遂げる申し分のない条件を生み出すと信じている。新たな同僚との持続力のある結束を形成して1チームとして働き、一流の国際的資産管理グループを共に構築し、顧客の利益のために価値提案を強化することを期待している」と語った。

▽Fideuram-ISPBとISPBMについて

ミラノに本社があるFideuram-Intesa Sanpaolo Private Bankingはイタリア随一の国内資産運用管理プレーヤーで、Intesa Sanpaolo Groupの主要関連会社として、Groupの全ての資産管理業務を統合している。2021年3月31日現在の従業員は3107人、プライベートバンカーは5743人、運用資産残高は2924億スイスフラン(2641億ユーロ)、80万人以上の顧客に委託された19億スイスフラン(17億ユーロ)を超える純資産流入がある。

ISPBMは創業をZanon Valgiurata 家による1974年の設立にさかのぼり、本社はジュネーブに置き、ルガノ、ロンドン、モナコ、バーレーン、ケイマン諸島、ブエノスアイレス、モンテビデオに事務所がある。2018年にFideuramに組み込まれた。ISPBMは2021年3月31日現在、約57億スイスフラン(51億ユーロ)の資産を管理し、専門職172人を雇用している。

▽REYLについて

Dominique Reyl氏が1973年に創業したREYL Groupは多角経営の起業家向け金融グループで、スイス(ジュネーブ、チューリヒ、ルガノ)と欧州(ロンドン、ルクセンブルグ、マルタ)、その他の地域(シンガポール、ドバイ)に事務所がある。2020年12月31日現在で155億スイスフラン(140億ユーロ)超の資産を管理し、245人超の専門職を雇っている。金融業務に革新的なアプローチを開発したREYLは、富裕層向け資産管理、起業家・ファミリーオフィス向けサービス、企業助言・構築、資産サービス、資産運用管理の事業部門を通じて国際的起業家やファミリーオフィス、機関投資家の顧客にサービスを提供している。

▽メディア問い合わせ先

Fideuram-Intesa Sanpaolo Private Banking
Pierantonio Arrighi
Head of Media Relations Wealth Management
Tel: (+39) 02 87963119
pierantonio.arrighi@intesasanpaolo.com 

REYL
Jerome Koechlin
Head of Communications
Tel: (+41) 22 816-8177
jkoechlin@reyl.com 

Logo: https://mma.prnasia.com/media2/1307210/REYL_Logo.jpg?p=medium600
Logo: https://mma.prnasia.com/media2/1307207/Fideuram_Logo.jpg?p=medium600

ソース: REYL Group