omniture

Mech-Mindが次世代Mech-Eye Laser Industrial 3D Cameraを発表し、AI定義のロボット工学をさらに強化

Mech-Mind Robotics
2021-05-19 19:16 912

【北京2021年5月19日PR Newswire=共同通信JBN】

*新しい産業用3Dカメラが周囲光の抵抗、高精度のイメージング、拡張された視野を提供

急成長する中国の産業用AIロボット・スタートアップ企業Mech-Mind Robotics(「Mech-Mind」)は、周囲光の干渉を克服し、産業用ロボットの運用能力を大幅に最適化する同社の次世代Mech-Eye Laser Industrial 3D Cameraを発売する。

産業用3Dカメラは、現代の製造業において重要な役割を果たしている。しかし、実際の工場や倉庫では、複雑な環境における周囲光の干渉によって、画像を取得して再構築するというカメラの能力が常に低下する。

Mech-Eye Laserは、高速レーザー生成のストラクチャードライトを搭載しており、10000ルクスを超える太陽光下でも周囲光抵抗を誇り、遮光設備の要件を大幅に削減する。これにより、Mech-Eye Laserは、建設、物流、自動車、製鋼に最適である。

この機能を実証するためにMech-Mindは、Mech-Eye Laserなどの3Dカメラを、通常の照明条件の下、その最高のパフォーマンスでテストした。標準的な工場の照明条件でテストしたところ、Mech-Eye Laserによって生成された点群は、圧倒的に最も精緻、正確、完全だった。

これらに加え、Mech-Eye Laserの注目すべき製品機能は次の通り。

*イメージング時間を約0.9秒に短縮できる高精度で広範な視野。これにより、Mech-Eye Laserは、さまざまなサイズのアイテムの積み重ね、ロードとアンロード、高精度のアセンブリー/ポジショニング、グルーイングなど、幅広い複雑な製造アプリケーションに対応できる。

*IP65を使用した産業グレードの設計。Mech-Eye Laserは、完全に密閉されたアルミニウムの保護ケースに収納されており、湿度、ほこり、振動、あらゆるEMC/EMIを克服し、CE、FCC、VCCI、RoHSの各認証を取得している。

*容易な展開と使用。Mech-Eye Laserには、プラットフォーム用の多言語SDKが付属している。エンドユーザーは、Mech-VisionのグラフィカルビジョンソフトウエアとMech-Vizのインテリジェントロボットプログラミング環境を使用して、カスタマイズされたアプリケーションを開発できる。

*低価格。Mech-Eye Laserは、価格の面で極めて高い競争力がある。さらに、このカメラは、エンドユーザーが遮光設備での人的資源と資材投資の削減を可能にし、そのコスト効果を一段と向上させる。

こうした機能と可能性を備えたMech-Mindのソリューションは、現在、製造、鉄鋼、食品、物流、金融、ヘルスケアなどの幅広い業界で導入されている。

Mech-Mindは、3Dカメラ、マシンビジョンアルゴリズムとソフトウエア、インテリジェントなロボットプログラミング環境など、完全なインフラストラクチャーと製品ポートフォリオを開発してきた。

Mech-MindのTianlan Shao創業者兼最高経営責任者(CEO)は「Mech-Mindは、パートナーとインテグレーターに競争力のある製品と包括的なサービスを提供するという哲学を原動力としている。さらに進んで、Mech-Mindは製造における新たなフロンティアを当社のパートナーが開拓するのを支援するために、当社の技術力を活用することに注力していく」と述べた。

さらに詳しい情報は、https://en.mech-mind.net/ を参照。

▽Mech-Mind Roboticsについて

Mech-Mindは、産業用ロボットのインテリジェンス化を目指し、2016年に設立された。Mech-Mindは、ディープラーニング、3Dビジョン、モーションプランニングなどの高度な技術を通じて、パレット積載および非積載、ビンピッキング、注文の並べ替え、機械の手入れ、物流や製造における組み立て・接着・配置でコスト効果の高いソリューションを提供している。

Mech-Mindのインテリジェント産業用ロボットソリューションは、中国、日本、韓国、ドイツ、米国などの国々の自動車OEM工場、電気製品工場、製鉄所、食品工場、物流倉庫、銀行、病院で使用されている。

▽メディア問い合わせ先

info@mech-mind.net

ソース: Mech-Mind Robotics
Related Links: