omniture

ISMRM-SMRT年次総会は卓越した講演者プログラムが特徴

ISMRM International Society for Magnetic Resonance in Medicine
2021-05-17 14:22 923

【コンコード(米カリフォルニア州)2021年5月17日PR Newswire=共同通信JBN】国際磁気共鳴医学会(International Society for Magnetic Resonance in Medicine、ISMRM)は今週、年次総会を開催、複数の著名な講演者が登場する。

今年のISMRM会長主宰講演はSimon Singh博士が行う。演題は「From the Big Bang to Homer's Last Theorem(ビッグバンからホーマーの最終定理まで)」。Singh博士は「Tomorrow's World」や「Horizon」などのBBC番組のプロデュサー・ディレクターとして活躍し、自作著書「Fermat's Last Theorem(フェルマーの最終定理)」に基づく同名のドキュメンタリーで英国アカデミー賞(BAFTA)を受賞した。世界で最も人気のある科学・数学作家の1人であるSingh博士は聴衆らをそのベストセラー作品の世界に案内し、どのように難しいテーマを取り上げ、多くの一般視聴者に説明するのかを話す。

Simon Singh博士に加え、今年のISMRM基調講演者はMansfield記念講演者としてPia C. Maly Sundgren医学博士・博士が「Viribus Unitis(フィリブスウニティス)」について、Lauterbur記念講演者としてJohn Gore博士が「Adventures in Contrast」について、NIBIB New Horizons講演者としてKatja Pinker-Domenig医学博士・博士が「Precision MRI of the Breast: Reality or Utopia?」についてそれぞれ話す。SMRT(磁気共鳴技術士会)基調講演は、会長主宰講演者のThomas Grist博士が「Go with the Flow: Lessons Learned About the Importance of Radiologist-Technologist Teamwork in the Development of MR Angiography(MR血管造影の開発で放射線学者と技術者のチームワークの重要性について学んだ教訓)」と題して話し、Donald McRobbie博士が「MR Safety: From Folklore to Physics」のSMRTマスタークラスを指導する。

ISMRM-SMRT年次総会は、今年はバーチャルで開催され、磁気共鳴分野を専門とする5000人以上が参加する。次回ISMRM年次総会は欧州磁気共鳴医学会(ESMRMB)との合同総会で、2022年5月7-12日に英国ロンドンで開催される。

▽ISMRMについて

国際磁気共鳴医学会(International Society for Magnetic Resonance in Medicine、ISMRM)は医学、生物学、その他の関連領域で磁気共鳴分野のコミュニケーション、研究、開発、応用を促進し、同分野の教育継続のためのチャンネルと施設を開発および提供することを目的とする国際的な非営利科学団体である。多くの専門分野にわたる会員は臨床医、物理学者、エンジニア、生化学者、技術者から成る。大規模な科学会議のほか、学界は研修会を開催し、「Magnetic Resonance in Medicine」と「Journal of Magnetic Resonance Imaging」の2機関誌とバーチャルニューズレター「MR Pulse」を発行する。科学的関心の特定分野による29の研究グループと地域ごとの支部も後援している。

ISMRMの詳細については、電話+1 510-841-1899で問い合わせ、またはウェブサイトwww.ismrm.org を参照。

ISMRM:One Concord Center, 2300 Clayton Road, Suite 620, Concord, CA 94520 USA

▽問い合わせ先
Sharon Taplin
ISMRM
Phone: +1-510-841-1899
Email: Sharon@ismrm.org

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1510996/ISMRM_Logo.jpg?p=medium600

ソース:ISMRM International Society for Magnetic Resonance in Medicine

 

ソース: ISMRM International Society for Magnetic Resonance in Medicine