omniture

Circular Economy Initiatives Around The World(世界のサーキュラーエコノミー構想)によって、パリ協定の目標達成にさらに近づく

Netherlands’ Ministry of Infrastructure and Water Management and Ministry of Foreign Affairs, and the Finnish Innovation Fund Sitra
2021-04-16 16:28 1038

ハーグ、オランダ、2021年4月16日/PRNewswire/ --世界中でサーキュラーエコノミーを実現するための取り決めが2日間のハイレベル「ワールドサーキュラーエコノミーフォーラム+気候(WCEF+Climate)」 で成されました。オランダの環境大臣、Stientje van Veldhovenは、「このサミットで、気候危機を解決する上で循環性が手が付けられないほど込み入った部分を成していると世界中で見なされていることを確認しました。」と述べた。

この会議は、オランダ国とフィンランドイノベーション基金Sitraによる共同開催でした。出席者には、何十カ国もの国々からの大臣、ハイレベルの国連代表、さらには大企業や新興企業の代表までもがいました。「気候排出量と過剰消費から経済成長を切り離さなくてはなりません。トロントでワールドサーキュラーエコノミーフォーラム2021が開催される秋に向けて、地球規模の協働が必要です。それだけではなく、低炭素、気候立証経済へ向けての循環型移行の一部として、グラスゴーでは国連気候変動会議COP26が開催されます。」と、フィンランドイノベーション基金Sitraの総裁であるJyrki Katainenは語っています。

「WCEF+Climate」は、気候目標を達成するため、サーキュラーエコノミーへ向けての全世界を挙げての取り組みを明確に実証しました。サーキュラーエコノミー無しには、パリ協定の目標を実現するのは困難です。原材料をより賢く使用し、商品の再利用をさらに進め、リサイクルを改善することで、世界中の二酸化炭素放出量を20パーセント削減することが可能です。

若者はインパクトがあります

We Are Tomorrow Global Partnership(私たちは明日のグローバルパートナーシップです)という世界規模の若者の運動は、会議で重要な役割を演じました。オランダ若者気候運動も出席しました。彼らはオランダにおけるサーキュラーエコノミーへ向けての政策の議論に関わっていくでしょう。議長のWerner Schoutenは語っています。「世界中の若者の発言がますます重要になってきているのを嬉しく思います。オランダ国では、サーキュラーエコノミーに積極的に貢献したいと希望している何千もの若者がいます。私たちが他の利害関係者との議論に参加することができた事実は、もうひとつの重要な一歩前進です。」

出席者

国連の代表には、Amina Mohammed (副事務総長)、Inger Andersen (UNEP事務局長) および Achim Steiner (UNDP理事)が含まれていました。EC(European Commission)の代表は、 Frans Timmermans (エグゼクティブバイスプレジデント)でした。20を超えるセッションで、何十もの国と企業が既存のサーキュラー構想のインパクトを増強するためにさらに緊密に取り組むことを誓いました。

www.wcefplusclimate.com

 

 

ソース: Netherlands’ Ministry of Infrastructure and Water Management and Ministry of Foreign Affairs, and the Finnish Innovation Fund Sitra