omniture

オランダと Sitra (シトラ:フィンランド イノベーション基金)は、「ワールド サーキュラー エコノミー フォーラム + 気候」を2021年4月15日・16日にオンラインで開催

Netherlands’ Ministry of Infrastructure and Water Management and Ministry of Foreign Affairs, and the Finnish Innovation Fund Sitra
2021-03-25 22:00 567

オランダ、ハーグ, 2021年3月25日 /PRNewswire/ -- サーキュラー エコノミーによって、温室効果ガス放出量は20パーセント削減される見込みであり、パリ協定において不可欠なものです。「WCEF+気候」は、気候目標を達成する上でのサーキュラー エコノミーの重要性に注目を集めるためのオンライン会議です。

このバーチャルサミットは、オランダのインフラストラクチャ・水資源管理省と外務省、およびフィンランド イノベーション基金 Sitra の共催です。政府、国際組織、ナレッジ機構、民間および市民が、サーキュラー エコノミーへの移行に向けて議論し、取り組みの強化を図ります。会議は、参加主体の誓約を伴う実行声明を発表して閉幕する予定です。

「変えるときが来ました。気候変動に取り組み、エネルギー効率以上のことを目指す必要があります。健全な将来をもたらすために、有限な資源を廃棄するのを止めて、貴重な資材を再利用し、新しい製品に変えるようにする必要があります。同時に、2050年までにサーキュラー エコノミー、気候中立の必要性に向けての取り組みを完結することができます。大きく変わるときが来たのです」と、主催者であり、環境大臣のStientje van Veldhovenは語っています。

サーキュラー エコノミーは、原材料を一層かしこく、注意深く使用し、廃棄や汚染を回避することにつながります。循環すること(サーキュラリティ)は、単に廃棄物をリサイクルすることに留まらないのです。サーキュラー エコノミーへの移行の一部として循環の輪全体を変えると、持続可能な経済をもたらし、生活条件を改善するのに役立つのです。イノベーションと協働こそが、この移行への核心なのです。

「自然資源の過剰使用が気候変動をもたらす排出量の主要原因です。サーキュラー エコノミーによって気候危機に対処する道具立てが得られ、生物多様性を失わないようにする取り組みを経済的に実現可能な方法で資材消費を削減することにより可能になるのです。」とフィンランド イノベーション基金 Sitra の総裁であり、このイベントの共催者でもある Jyrki Katainen は語っています。

その他の発言者:

  • Sigrid Kaag:オランダ外国貿易大臣
  • Frans Timmermans:欧州委員会の初代副委員長
  • Amina J. Mohammed:国連事務次長兼、持続可能開発グループ議長(UNSDG:UN Sustainable Development Group)
  • Frans van Houten:ロイヤル フィリプス(Royal Philips)CEO 兼、サーキュラー エコノミー加速プラットフォーム議長 (PACE: Platform for Accelerating the Circular Economy )

www.WCEFplusclimate.com 

@wcefplusclimate

 

 

ソース: Netherlands’ Ministry of Infrastructure and Water Management and Ministry of Foreign Affairs, and the Finnish Innovation Fund Sitra