omniture

Tanla PlatformsがWiproで経験を積んだAravind Viswanathan氏をCFOに任命

Tanla Platforms Limited
2021-04-08 16:46 259

ハイデラバード(インド), 2021年4月8日 /PRNewswire/ -- *人、プラットフォーム、ブランド、カスタマーサクセスに注力するという同社の決定に合わせた戦略

インド最大のCPaaSプロバイダーであるTanla Platforms Limited(NSE: TANLA)(BSE:532790)は、2021年6月1日付でAravind Viswanathan氏を最高財務責任者(CFO)に任命すると発表した。Aravind氏は、iDEAS Global Business Lineの上級副社長兼CFOを務めたWipro Limitedから同社に加わる。

Tanla Platforms LimitedのUday Reddy会長兼最高経営責任者(CEO)は「Aravind氏は非常に経験豊かなハイテク業界のCFOであり、私にとっては良きパートナー、Tanlaにとっては申し分のない人物になる非常に有能な世界的リーダーである。Aravind氏は私と共に経営陣に加わるのにふさわしい人物であり、Tanlaの卓越した勢いを保持し、急成長、世界的拡大、カスタマーサクセスという当社の次の段階を推進する手助けとなる。同氏は、世界的な成功事例を導入することによって、当組織のプロセスと方針の新たな基準を打ち立てるのを支援する。われわれは組織的、非組織的に成長推進を続けており、彼は経営陣にとって力強いパートナーになる」と述べた。

Aravind氏の財務および関連職務の対応は広範かつ豊富である。同氏は、インドとNYSE(ニューヨーク証券取引所)で上場されている時価総額300億米ドル余りの世界大手の情報技術企業Wipro Limitedでの20年近い財務経験を持ってTanlaに加わる。同氏は、事業資金調達、財務、投資家向け広報活動、ファイナンシャルプランニング、財務分析、監査にわたって極めて重要な役割を担当した。同氏は革新的な取引の構造化、優れた営業利益の推進策、予測と計画、M&Aビジネス事例の準備・統合、キャッシュフローの改善推進、強固な手順とコンプライアンスの設定、投資家向け広報活動、人材管理を含む顧客契約交渉の関連分野で相当な経験をもたらす。

Aravind氏は「私を信頼してこの機会を与えてくれたTanla Platforms Ltd.の取締役会にこの場をお借りして感謝したい。Uday氏と共にTanlaの経営陣に加わり、Tanlaが象徴するイノベーションの文化を前進させるのが楽しみだ。TanlaがCPaaSエコシステムにおけるグローバル・リーダーの一員なれたのは、プラットフォーム事業での投資と驚異的な成長のおかげだ。Tanlaが加速的成長と世界的拡大という次の段階に備える中、私はこの段階の事業を支援するとともに、カスタマーサクセスを推進して全ての利害関係者に価値をもたらすパートナーになることにわくわくしている」と述べた。

Tanlaの取締役会は、13年間にわたるTanlaへの計り知れない貢献に対して現CFOのGK Srinivas氏に感謝を表する。同氏は新CFOへのスムーズな移行のため、2021年8月に退任する。

▽Tanlaについて

Tanla Platforms Limitedは革新的なCPaaSソリューションを通じ、世界がコラボレーションとコミュニケーションを行う方法を変革する。1999年創業の同社は、インドでA2P SMSCを開発、展開した初の企業である。現在、世界最大のCPaaSプレーヤーの1つとして、Tanlaは年間8000億件以上のインタラクションを処理し、インドのA2P SMSトラフィックの約70%が同社の分散型台帳プラットフォームTrubloqを通じて処理されており、世界最大のブロックチェーン使用事例になっている。Tanlaは100億人以上の生活に関わり、極めて重要なメッセージを伝えるとともに、世界最大の企業のニーズに応えている。Tanla Platforms Limitedはインドのハイデラバードに本社を置き、そのプレゼンスを世界中で拡大している。

Logo: https://mma.prnasia.com/media2/627459/Tanla_Solutions_Logo.jpg?p=medium600

 

 

ソース: Tanla Platforms Limited