omniture

Human Horizonsのスマートファクトリーがインテリジェント車両製造の基準を設定

Human Horizons
2021-03-19 20:27 783

【上海2021年3月19日PR Newswire=共同通信JBN】業界をリードする新モビリティーと自動運転の研究企業であるHuman Horizonsはこのほど、HiPhi XスーパーSUVの新組立工場HiPhi Plazaの詳細を発表した。最先端の自動化された機械を備えるこの組立ラインは江蘇省塩城市のガソリン燃料自動車工場を転用したものだ。既に大量生産が始まり、2021年5月の出荷を予定している。この新しい生産工場のハイライトの1つとして、HiPhi Xは自律運転で組立ラインを離れ、近隣にある用地に駐車する。

既に大量生産が始まり、2021年5月の出荷を予定している。この新しい生産工場のハイライトの1つとして、HiPhi Xは自律運転で組立ラインを離れ、近隣にある用地に駐車する
既に大量生産が始まり、2021年5月の出荷を予定している。この新しい生産工場のハイライトの1つとして、HiPhi Xは自律運転で組立ラインを離れ、近隣にある用地に駐車する

新スマートファクトリーにおけるHiPhi Xの組み立ては、数多くの洗練された技術ツールが支えている。5Gによって接続され、強力な製造オペレーション管理(MOM)クラウドコンピューティングソフトウエア「Digital Twin」によって編成された数百ものインターネット・オブ・シングス(IoT)デバイスにより、運用全体の効率的かつ自動的な管理が確実に行われる。工場オペレーターにとっては、企業資源計画(ERP)としてSAPのHANAでAdvanced Planning and Optimization(APO)を使うことによって受注に対する迅速な生産スケジューリングが実現する。この最先端ERPシステムはカスタマイズ仕様の受注を処理する速度を大幅に向上するもので、同システムを現時点で使っているのは世界的にもダイムラーとボルボのみである。

この工場自体の建設設計は、まるでサイエンスフィクションから登場したかのように超モダンな感覚を与える。この空間はHuman Horizonsのブランド精神である「to explore, to be free and to create(探索し、自由になり、創造する)」を具現化したものだ
この工場自体の建設設計は、まるでサイエンスフィクションから登場したかのように超モダンな感覚を与える。この空間はHuman Horizonsのブランド精神である「to explore, to be free and to create(探索し、自由になり、創造する)」を具現化したものだ

Human Horizonsの創立者で最高経営責任者のDing Lei氏は、新工場について次のように述べた。「人々と同じように、物事はその環境の産物である。世界で最も洗練された新エネルギー車を作りたいのなら、われわれは世界で最も洗練された製造技術を使う必要がある。新世代の自動運転車両を作りたいのなら、われわれは最新世代の自動生産機器を使う必要がある。超効率的でパーソナライズされた車を創出したいのなら、われわれは製造過程において超効率的で柔軟になる必要がある」

この工場自体の建設設計は、まるでサイエンスフィクションから登場したかのように超モダンな感覚を与える。この空間はHuman Horizonsのブランド精神である「to explore, to be free and to create(探索し、自由になり、創造する)」を具現化したものだ。車体工場での組み立てはC4相互接続された130台のKUKAロボットによって全面的に自動化され、より高品質な車体を生産する。各車両の内外面の塗装とコーティングについてもドイツのDurrグループの最新世代自動吹き付けロボットを使って完全に自動化されている。このロボットは耐候性塗装の8層コーティングを行い、ほぼ完ぺきな仕上がりで高級ラグジュアリー車の高い基準を満たす。

Human Horizonsの工場で組み立てられたバッテリーは極めて安全で、100%の品質検査合格率を達成した。当社はバッテリーの組み立てに中国をリードする製造実行システム(MES)プロセスを使い、エラー検知、全行程の情報トレーサビリティー、品質保証にビッグデータ分析を用いている。車両の最終組み立てでは大規模な数の車両運搬用の360度インテリジェント無人誘導車両、アシストサスペンションコンベヤーライン、5G対応のクラウドプラットフォームを介したファームウエア無線オフライン検出ソフトウエアを備えた無線システムを利用し、潜在的な欠陥を特定、通知する。

生産後には、Human Horizonsのビークル・ツー・エブリシング(V2X)コラボレーション技術によってHiPhi Xは指定された出荷エリアに向かって自律的に運転して組み立てラインを安全に離れ、組み込まれたレベル4自動バレーパーキング(AVP)機能を使って安全に駐車する。これがほぼ完全に自動化された製造プロセスの最終段階であり、これを支えるのは世界初の進化するスーパーSUVであるHiPhi Xの安全と一貫した生産を確実にする世界クラスの品質コントロールシステムである。

環境への影響を制限し、持続可能性を実践するのはHuman Horizonsの事業における重要理念の1つである。ゼロの状態から新工場を建設するよりも、当社はDYKと協力し、同社の既存工場を改装した。以前からそこにある設備を転換することで、時間、コスト、物理的リソースの節約につながり、当社の炭素排出量を削減し、将来の顧客に新しいHiPhi Xをより早く届けることができる。

▽HiPhiについて

HiPhiはHuman Horizonsが創出し、同社のユーザーによって強化される高級ブランドである。HiPhi Xは軽量のハイブリッド・アルミニウム構造で、かつ持続可能な植物由来のレザーとリサイクル可能な素材を使用した電気自動車(EV)であり、Human Horizonの電気自動車製品が持つ持続可能な特性をさらに高めている。

▽Human Horizonsについて

Human Horizonsは、革新的で優れたインテリジェントモビリティー技術、ならびに未来志向のスマート車両の工業化を研究・開発する目的で設立された。さらに、Human Horizonsはスマート輸送技術を構築してスマートシティーの開発に貢献し、人間のモビリティーを再定義する。

ソース:Human Horizons

ソース: Human Horizons