omniture

スイスビットジャパン (Swissbit Japan)、友森健一郎氏が代表取締役社長に就任

Swissbit AG
2021-02-25 07:00 812

友森健一郎氏が、欧州のストレージ及びセキュリティの専門企業の成長軌道を引き継ぐ

スイス・ブロンシュホーフェン/東京, 2021年2月25日 /PRNewswire/ -- 友森健一郎氏が、東京に本社を置くスイスビット・ジャパン(Swissbit Japan Co., Ltd.)代表取締役社長に就任いたします。友森氏は、スイスビットの日本事業をさらに推進し、その専門知識及び経験を活かし、日本での営業活動やアプリケーションサポート活動を拡充して参ります。スイスビットは欧州唯一の独立系メーカーであり、20 年以上にわたって、要求の厳しい産業用途に対応する信頼性の高いストレージ製品と IoT用途に対応するセキュリティソリューションを提供しています。

友森健一郎氏は、半導体およびエレクトロニクス業界において20 年以上の経験を有しており、スイスビット入社以前には、ハイパーストーン社(Hyperstone)の副社長として、アジア営業統括を指揮してきました。ハイパーストーン社は、フラッシュメモリコントローラを専門とする企業で、昨年末にスイスビットに買収されました。

スイスビットの CSMO である Matthias Poppel 氏は友森氏の就任を歓迎し、次のように述べています。「友森氏は、コントローラからモジュールまでのストレージアプリケーションに関する知識と経験を有しており、日本の既存顧客と新規顧客に対する活動をさらに拡充していくことを期待しています。2004 年の設立以来、スイスビットは日本の顧客やチャネルパートナーと良好な関係を構築しています。信頼性の高い「ドイツ製」のストレージおよびセキュリティ製品を提供する信頼できるプロバイダとして、日本市場での営業およびサポート活動を拡充していく所存です。」

友森健一郎氏は次のように述べています。「スイスビットは長年、高い信頼性と耐久性を備えた最高クラスの製品を提供し、産業界の最も厳しい要求に応えています。セキュリティと組込み IoT の成長市場で革新的なソリューションと組み合わせて、多くの顧客のニーズに最適なソリューションを提供しています。今後、日本での事業をさらに開拓し、可能性を追求できることは、とてもエキサイティングな事だと感じています」

信頼性に優れたストレージと組込み IoT ソリューション

スイスビットのソリューションは、信頼性に優れ、耐用期間が長く、カスタムによる最適化により、導入・運営・管理などにかかる総費用 (トータル・コスト・オブ・オーナシップ)の低減化が実現する「ドイツ製」の産業用ストレージおよびセキュリティ製品を開発および製造しています。同社は、ストレージと組込み IoT における独自の技術と高度なパッケージングノウハウを兼ね備えています。全ての製品は、ドイツ・ベルリンにあるスイスビット最先端の生産施設でのみ製造されています。スイスビットは独立して事業を運営し、NAND 型フラッシュメモリーと組込み IoT ソリューションの欧州市場でトップの地位を確保しています。 

スイスビットのストレージ製品には、mSATA、Slim SATA、CFast™、M.2、2.5 インチなどの PCIe および SATA インターフェイスを搭載した SSD、コンパクトフラッシュ、USB フラッシュドライブ、SD メモリカード、micro SD メモリカード、および e.MMC などのマネージド NAND BGA などがあります。セキュリティ製品には、USB フラッシュドライブ、SD メモリカード、micro SD メモリカードなど、さまざまなアプリケーション固有のエディションが用意されています。 

スイスビットは昨年末、フラッシュコントローラの開発、販売を専業とするハイパーストーン社を買収し、バリューチェーンとテクノロジーをさらに強化し、欧州で唯一の独立系メモリおよびセキュリティ製品メーカーとして強固な地位を確立しています。

このリリースに使用可能な画像

以下の画像は、http://www.htcm.de/kk/swissbit から印刷可能なフォーマットでダウンロードできます

- Cross reference: Picture is available at AP Images (http://www.apimages.com) -

スイスビットについて 

スイスビット(Swissbit AG)は、産業用途向けにストレージおよび組込み IoT ソリューションを提供するヨーロッパ唯一の独立系メーカーです。同社は、ストレージと組込み IoT における独自の技術と高度なパッケージングノウハウを兼ね備えています。これらを通じて、同社顧客はクリティカルな産業機器、通信、自動車、医療、金融のアプリケーション、ならびに IoT製品向けに、堅牢なデータ保護及びデータ保存を実現しています。

スイスビットは、信頼性に優れ、耐用期間が長く、カスタムによる最適化された「ドイツ製」の産業用ストレージおよびセキュリティ製品を開発および製造しています。 

スイスビットのストレージ製品には、mSATA、Slim SATA、CFast™、M.2、2.5 インチなどの PCIe および SATA インターフェイスを搭載した SSD、コンパクトフラッシュ、USB フラッシュドライブ、SD メモリカード、micro SD メモリカード、および e.MMC などのマネージド NAND BGA などがあります。セキュリティ製品には、USB フラッシュドライブ、SD メモリカード、micro SD メモリカードなど、さまざまなアプリケーション固有のエディションが用意されています。 

スイスビットは 2001 年に創設され、スイス、ドイツ、米国、日本、台湾に事業所を展開しています。同社は、Swissbit® および Hyperstone® の登録商標を所有しています。2020 年以降、独立系投資会社の Ardian は同社株式の過半数を保有して、同社の成長を支えています。

詳細については、www.swissbit.com をご覧ください

連絡先:

Swissbit AG
Marian Weber
電話:+49 172 854 88 26
メール:marian.weber@swissbit.com
www.swissbit.com

 

 

ソース: Swissbit AG