omniture

Famtechはなぜ数年内にメジャートレンドになるのか

Rybakov Family Foundation
2021-02-23 23:17 1191

モスクワ, 2021年2月23日 /PRNewswire/ -- Famtechは家族を繁栄と幸福への道で助けるよう設計されたテクノロジーである。この用語はまだ広く使われていないが、Famtech産業は既に存在し、新興企業や非営利イニシアチブの間で急速に成長している。彼らは家計のチェックや健康モニター、妊娠の計画・管理、ベビーシッター、教師、看護師などの雇用で家族を助ける。COVID-19のパンデミックによって、Famtechに注目する企業や慈善事業家は増えている。

 

Igor Rybakov — entrepreneur, venture capitalist, philanthropist, included in the Forbes list of the wealthiest people in the world. Co-founder and co-owner of the TECHNONICOL corporation — a world leader in the field of construction materials: 54 factories in seven countries worldwide, and of tech company PRYTEK. Co-founder of the Rybakov Foundation.
Igor Rybakov — entrepreneur, venture capitalist, philanthropist, included in the Forbes list of the wealthiest people in the world. Co-founder and co-owner of the TECHNONICOL corporation — a world leader in the field of construction materials: 54 factories in seven countries worldwide, and of tech company PRYTEK. Co-founder of the Rybakov Foundation.

 

Igor Rybakov氏は起業家、ベンチャーキャピタリスト、慈善活動家であり、世界で最も富裕な人々のForbesリストに含まれている。世界7カ国に54工場を持つ建設資材分野の世界的大手企業であるTECHNONICOLと、ハイテク企業PRYTEKの共同創業者と共同オーナーを兼ね、Rybakov Foundation(リバコフ財団)の共同創業者でもある。

なぜそうなのか。2020年に家族は、労働市場の縮小と経費の上昇、新たな働き方の発生による圧力にさらされた。今日、家族はこれまで以上の支援を必要としており、多くの人がこれを理解している。そのためCOVID-19の危機に対応して、130人以上のプロジェクト創業者がFam Tech Founders Collaborative(https://www.forbes.com/sites/marybethferrante/2020/03/17/27-female-famtech-founders-come-together-to-care-for-families-during-the-covid-19-crisis/ )を立ち上げた。

もう一つの理由。ミレニアル世代(https://news.crunchbase.com/news/babytech-boom-millennials-startups-pave-way-for-growth/ )が、テクノロジーに依存した自分の家庭を始める。10年前のベビーテックとフェムテックがニッチな市場なら、今では両市場は急速に拡大している。Frost & Sullivanリポート(https://ww2.frost.com/news/press-releases/frost-sullivan-defines-top-femtech-global-opportunities-by-2024/ )によると、フェムテック市場の売上高は2024年には11億ドルに達し、年平均成長率(CAGR)は12.9%になる。例えば、妊娠女性とその家族を支援する国際的サービス、AMMA Pregnancy Tracker(https://pregnancytracker.app/ )は先に、エンジェル投資で160万ドルのシードラウンドを完了したが、2020年12月には実業家と慈善活動家のIgor Rybakov氏から20万ドルを集め、新興企業としての事業価値を1年以内に4倍の2450万ドルに高めた。

今後30年間ではどうなるのだろう。実業家で慈善活動家のIgor Rybakov氏によると、

1.若者たちに道を譲ろう。30年後には世界人口の半分以上が30歳未満になる。30歳の人々の生活を理解することでわれわれの世界がどうなるかが決まる。この課題に応えて、われわれとパートナーたちは21世紀スキルを伸ばすために3歳から12歳までの子供たち向けに1000万人の幼稚園と小学校教師からなるRYBAKOV PLAYSCHOOLネットワークを構築している。われわれの未来は今、学校の机の後ろにある。

2.家族の問題。家族とコミュニティーはパンデミックの矢面に立たされている。社会的つながりの多い人はロックダウンの難題に対処しやすい。世界のすべての人々の安全と繁栄のための支援的な社会的つながりの構築は、UNITED FAMILIES運動の使命である。この運動は世界160カ国でUF連盟を運営している。国際的に5000万人以上に支援を提供する方針だ。運動のハッシュタグは#FamilyFirst。

3.アクセスの不平等と戦う。リモートワークと拡張現実により、世界のどこにいても雇用と教育を見つけることが可能になる。RYBAKOV FOUNDATIONは世界中の家族向けの教育ソリューションを推進している。このソリューションは家族が自由を確立し、家族の利益に反して行動する企業や組織による虐待、操作、および制御から保護するためのスキルを習得するのを支援する。コニュニティーを支援することは、生活の質を改善するための財団の取り組みのもう1つの焦点である。

4.未来はそれ自体では来ない。われわれがそれをつくる。IMPACTISMのトレンドは広がっている。IMPACTISMは新しい形の集団的社会活動で、生活の質と幸福の増大を加速する。まず新たな社会活動として、最終的には積極的な自己組織化の形として、IMPACTISMは「超国家的な」勢力とコミュニティーの創造の基礎になるだろう。この運動が頼みとするのは、社会変革の精神で統一された世界的な分散型ネットワークにおける地域活動家である。

Igor Rybakov氏は起業家、ベンチャーキャピタリスト、慈善活動家で、世界で最も富裕な人々のForbesリストに含まれている。世界7カ国に54工場を持つ建設資材分野の世界的大手企業であるTECHNONICOLと、ハイテク企業PRYTEKの共同創業者と共同オーナーを兼ねる。Rybakov Foundation(リバコフ財団)の共同創業者でもある。

#familyfirst #familyfocused #unitedfamilies

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1441887/igor_rybakov.jpg?p=medium600

▽問い合わせ先
Daria Bashkatova
pr@rybakovfoundation.org
+7-926-268-39-14 
+7 (495) 150-40-74
www.rybakovfoundation.org

ソース: Rybakov Family Foundation