omniture

ゴールドマン・サックス・マーチャント・バンキング、ClearSky Security、NightDragonがWhite Opsを買収-White Opsが発表

White Ops
2021-01-05 10:43 242

【シンガポール2021年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】

*買収により新規市場におけるWhite Opsの成長・拡大が加速へ

企業やインターネットプラットフォームをデジタル詐欺や不正使用から保護することで世界をリードするWhite Ops(https://www.whiteops.com/ )(以下「White Ops」、ないし「同社」)は29日、ClearSky SecurityおよびNightDragon(ともに「スポンサー」)との提携でゴールドマン・サックス・マーチャント・バンキング部門により買収されたと発表した。スポンサーたちはこれまでの投資家であるPaladin Capital Group、Grotech Ventures、および他の株主から事業を取得する。今回の買収は今年に入ってからのゴールドマン・サックスおよびClearSkyの同社への初期投資を受けたものである(https://www.whiteops.com/newsroom/white-ops-receives-investment-from-goldman-sachs-merchant-banking-division-and-clearsky-security-to-support-next-phase-of-growth )。買収は正式に完了し、取引条件は明らかにされなかった。

今回の買収は、成長の次期段階でWhite Opsをサポートし、新規市場への拡大をさらに加速する。同社の中核事業は、サイバーセキュリティー、デジタル広告、マーケティングのドメイン全体で高度なボット攻撃や詐欺から企業を保護し、最大規模の企業やインターネットプラットフォームのいくつかにサービスを提供することである。今年、デジタルに移行する企業の増大に伴い、White Opsは顧客に代わって、週に10兆超(そして増大しつつある)のインタラクションの人間性検証(ロボットソフトではなく人間だと確かめること)を行うよう求められ、インターネット全体で不正な活動を阻止するための信じられないほど広範かつ高度なプラットフォームを提供した。同社はサービスを提供する顧客数を40%増やし、従業員は25%増えて170人になった。

White OpsのTamer Hassan最高経営責任者(CEO)兼共同創設者は「ゴールドマン・サックス、ClearSky、NightDragonは、複数の市場、使用事例、地域全体にわたる当社の進化と成長の次期段階をサポートするための理想的なパートナーである。サイバー犯罪の経済学、関係のグローバルネットワーク、市場の専門知識をディスラプトするという当社の使命に対する彼らの継続的なサポートは、インターネットの集合的保護を実現するという当社のビジョンを実行するための極めて強力な基盤を提供している」と語った。

ゴールドマン・サックスのマネジングディレクター、Anthony Arnold氏は「当社は初期投資以来、White Opsの業績に非常に満足しており、特に同社は消費者のデジタルへの移行の恩恵を受け続け、クライアントがますます保護を必要としていることから、現在のパートナーシップを強化することをうれしく思う。成長の次期段階で経営陣を支援することを楽しみにしている」と語った。

ゴールドマン・サックスのマネジングディレクター、Matthew Popper氏は「White Opsの高度に差別化されたテクノロジープラットフォームと拡大したシグナル収集フットプリントは、クライアントを広範囲の高度な詐欺タイプから保護するのに役立つ。White Opsの経営陣およびClearSky、NightDragonというパートナーと協力し、同社の新規市場への拡大を加速することを楽しみにしている」と語った。

ClearSkyのマネジングパートナー、Jay Leek氏は「デジタルエコシステム全体で詐欺や不正使用がますます蔓延するにつれ、企業やインターネットプラットフォームはこれまで以上に高度な脅威からの保護を必要としている。White Opsは、途方もない規模で詐欺や不正使用を阻止することができることを証明した。われわれは過去1年間、彼らのリーダーシップチームと多くの時間を過ごし、彼らのプラットフォームの強さと品質に感銘を受けた。提携して業界における当社のリーダーシップの地位をさらに強化することを楽しみにしている」と語った。

NightDragonのDave DeWalt創設者兼マネジングディレクターは「われわれは何百もの企業とそのサイバーセキュリティーチームとの関わりの経験を通じて、詐欺や不正使用を生み出すアプリへの自動攻撃は、すべてのセキュリティー・マーケティングチームにとり重大なリスクポイントであることを知っている。White Opsのチームと提携し、さまざまな業界のクライアントを支援することを楽しみにしている」と語った。

ゴールドマン・サックスからの代表者に加え、Jay Leek氏がClearSkyを代表して取締役会に加わる。Dave DeWalt氏はNightDragonを代表して取締役会に参加し、同社副会長に就任する。

Morgan Stanley & Co. LLC がWhite Opsの財務顧問を務めた。同社の法律顧問はCooley LLPが務めた。

スポンサーたちはMomentum Cyberから助言を受けた。Sullivan & Cromwell LLPとWilson Sonsini Goodrich & Rosatiが法律顧問を務めた。

何百万もの洗練されたボットを自在に駆使する悪意のある人物が、世界中の企業に対して年間数百億ドルの割合で詐欺を引き起こしている。これらの洗練されたボットは、消費者や企業のデバイス上に存在し、閲覧履歴や習慣を実際の人間と共有しているため、特に検出が困難である。White Opsの多層検出方法、高度なアルゴリズム、Satori Threat Intelligence and Research Team(https://www.whiteops.com/satori )、および大規模なスケールにより、企業がデジタル事業を成長させるにつれ、これらの自動化された攻撃をあらゆるレベルで検出および防止し、顧客の機密データ、評判、コンプライアンス、最終的損益、顧客体験を保護することができる。 White Opsはこれらの機能により、これまでで最大の詐欺ボットネットの1つである3ve (https://resources.whiteops.com/research/the-hunt-for-3ve )を、集団的保護を通じ打ち負かし、その際に米連邦捜査局(FBI)、Google、Facebook、および業界の他の多くの企業を含む、史上最大の民間部門のコラボレーションを実現する上で主導的な役割を果たすことができた。White Opsは最近、最大かつ最も幅広いコネクテッドTV(CTV)関連の詐欺行為であるICEBUCKET (https://resources.whiteops.com/research/the-hunt-for-3ve )も発見した。 さらに、White Opsは最近、同社プラットフォームにアクセスするためのさらに多くの方法を顧客に提供するため、AWS Cloud Marketplace(https://www.whiteops.com/blog/bringing-white-ops-application-integrity-to-aws-cloud-marketplace )とSnowflake Data Marketplace(https://www.whiteops.com/blog/how-white-ops-leverages-snowflake-for-sharing-data-with-customers )で製品が購入できるようになったと発表した。

White OpsのFraud Mitigation Platform(不正軽減プラットフォーム)は、製品提供を通じて以下のサイバーセキュリティー上の最大の問題点を解決する:

*Application Integrity(https://www.whiteops.com/products/application-integrity )-アカウント乗っ取り攻撃、新規アカウント詐欺、不正取引、機密コンテンツのスクレーピングなどのデジタル詐欺や不正使用からサイトとアプリケーションを保護し、ユーザーのプライバシーとスムーズなデジタル体験を維持しつつ、多額の詐欺被害を防止。

*Marketing Integrity(https://www.whiteops.com/products/marketing-integrity )-ペイドメディア、リード生成、リターゲティングなどでの詐欺や不正使用からデジタルマーケティングへの投資を保護し、不正なトラフィックのマーケティングプラットフォームへの侵入を防ぎ、効率を確保して投資利益率(ROI)を向上。

*Advertising Integrity(https://www.whiteops.com/products/advertising-integrity )-デスクトップ、モバイル、CTV環境内での詐欺や不正使用からデジタルメディアと広告を保護し、信頼できる在庫とより効果的な広告のために人間だけによるインプレッションを提供。

今回の投資がWhite Opsのミッションをどのようにしてさらに前進させるかに関する同社展望についての詳細な情報は、同社CEO兼共同創設者のTamer Hassan氏のブログポスト(https://www.whiteops.com/blog/our-next-chapter )の閲覧を。

▽White Opsについて

White Opsは、グローバル企業やインターネットプラットフォームをデジタル詐欺や不正使用から集合的に保護するサイバーセキュリティー企業である。当社は、顧客がデジタル事業を成長させる際、週に10兆超のインタラクションの人間性検証を行って顧客の機密データ、評判、コンプライアンス、最終的損益、顧客体験を保護する。詳細はwww.whiteops.com  を参照。

▽ゴールドマン・サックス・マーチャント・バンキング部門

1869年に創設されたザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク(The Goldman Sachs Group, Inc.)は投資銀行業務、証券、投資運用で世界をリードする企業である。ゴールドマン・サックス・マーチャント・バンキング部門 (MBD)は同社の長期的な主要投資活動の最重要な中心である。MBDは、プライベートエクイティ、インフラストラクチャー、プライベートデット、グロースエクイティ、不動産にまたがる投資を行う、世界有数のプライベートキャピタル投資機関の1つである。

▽ClearSkyについて

ClearSkyはベンチャーキャピタル/グロースエクイティ企業であり、2012年以来全米にオフィスを構えている。ClearSkyは、サイバーセキュリティー、重要インフラセキュリティー、プライバシー、データガバナンス、コンプライアンスに特に重点を置いた革新的なセキュリティーソリューションを提供する企業に投資している。同社の世界クラスの専任セキュリティーチームには、60年以上にわたるセキュリティー投資と実務経験を持つ確かな実績がある。ClearSkyには、多様なビジネスリーダーで構成される極めて優れた諮問委員会と、業界で比類のないFortune 500 CISO諮問委員会もある。詳細な情報はhttp://clear-sky.com/ を参照。

▽NightDragonについて

NightDragonは、サイバーセキュリティー業界内の成長企業と後期段階企業への投資に焦点を当てた投資会社である。同社の柔軟なモデルにより、同社は成長促進と株主価値向上を追求し、大手ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティ会社との投資を主導、ないし共同投資を行うことができる。NightDragonは、Documentum、EMC、Siebel Systems(オラクル)、McAfee、Mandiant、Avast、FireEyeなどの大手テクノロジー企業で長年にわたり上級管理職を務めてきた創設者のDave DeWaltとKen Gonzalezの両氏が得た、サイバーセキュリティーに関する運用上の深い専門知識を提供する点でユニークである。

▽問い合わせ先 

White Ops
Sarah Acker
Senior Director, Marketing
sa@whiteops.com

Bud Communications for White Ops
Virginie Cosentino
Phone: +65-9161-5091
whiteops@budcomms.com

Goldman Sachs
Leslie Shribman
Goldman Sachs Media Relations
Leslie.shribman@gs.com
+1-212-902-5400

ソース:White Ops

ソース: White Ops