omniture

フェレログループが2025年パッケージコミットメントの最新アップデートを発表

Ferrero
2020-12-16 08:00 601

【ブリュッセル、ルクセンブルク2020年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】

*ヌテラ(Nutella)が新たな再利用パイロットスキームでLoop、Carrefourと協力。

*フェレロ(Ferrero)は昨年のEllen MacArthur Foundationおよび国連環境計画(UNEP)のNew Plastics Economy Global Commitment(新プラスチック経済グローバルコミットメント)の調印により財団のメンバーとなり、New Plastics Economy(NPEC)Initiative(新プラスチック経済(NPEC)イニシアチブ)に参加。

*フェレロのパッケージング研究開発(R&D)部門はKinder Happy Hippo(キンダーハッピーヒッポ)向けにリサイクル可能な新パッケージを作成。

*フェレロは4evergreenアライアンスに加わり、繊維ベースのパッケージングを促進。

フェレログループ(Ferrero Group)は、2025年までにパッケージの100パーセントを再利用可能、リサイクル可能、またはコンポスト化可能にするという同社のコミットメントの最新アップデートを共有した(https://www.ferrero.com/news/ferrero-releases-its-10th-csr-report )。最新のアップデートには多数の新しい活動とコラボレーションが含まれ、ヌテラ(Nutella)のLoop、Carrefourとのコラボレーションによるフランス・パリの10店舗での新たな再利用パイロットスキームの実施、フェレロのEllen MacArthur Foundationへの加盟によるNew Plastics Economy(NPEC)Initiative(新プラスチック経済(NPEC)イニシアチブ)参加、ならびにKinder Happy Hippo向けのリサイクル可能な新パッケージと4evergreenとの新たなアライアンスなどである。 

▽ヌテラがLoop、Carrefourと協力

ヌテラは、フランス・パリでの再利用パイロットスキームについて、再利用プラットフォーム大手のLoop、Carrefourと協力関係を結んだ。新たなスキームを通じ、買い物客は10件のパイロット店舗とCarrefourのウェブサイトから特別デザインの再利用可能な瓶入りのヌテラを、デポジットを支払って購入することができる。その後Carrefourが空き瓶を回収し、洗浄し、再利用する。

フェレロの社内デザインチームはLoopの専門家と緊密に協力し、この種のものとしては初めての、ヌテラの新しいパイロット容器を開発し、これは再利用に求められるすべての基準を満たしたている。このコラボレーションの結果、耐久性に優れ、安全かつ衛生的であり、洗浄工程で容易に剥がせる最適化されたラベルとシールを持つ特別デザインの瓶が実現した。

フランス全土に及ぶ回収プログラムは既に消費者が利用可能で、現行のヌテラのガラス瓶とプラスチックのキャプをリサイクルすることができる。しかし、このパイロットスキームにより、フェレロ、Loopなどの主要ブランドは、再利用プラットフォームが集団モデルとしてどのような恩恵をもたらすのかを運営上および消費者の観点から調べることができる。

▽新プラスチック経済イニシアチブへの参加

2019年に、Ellen MacArthur Foundation と国連環境計画(UNEP)が主導するNew Plastics Economy Global Commitment(新プラスチック経済グローバルコミットメント)に調印した後、フェレロはEllen MacArthur Foundationのメンバーとなり、新プラスチック経済イニシアチブに参加している。フェレロはプラスチックバリューチェーン全体に関わる主要企業のグループに加わった。これらの企業は全て、プラスチックが決して廃棄物または汚染物質になることのない、プラスチックのための循環経済という共通のビジョン(https://www.ellenmacarthurfoundation.org/our-work/activities/new-plastics-economy/vision )にコミットしている。新プラスチック経済イニシアチブの参加組織となったことは、2025年までにパッケージの100%を再利用可能、リサイクル可能またはコンポスト化可能にすることを目指すフェレロの取り組みにおいて、重要な1つのステップである。

新プラスチック経済イニシアチブのカギは、大規模なソリューションの開発を目指す企業間のクロスバリューチェーンの協力である。フェレロは新プラスチック経済イニシアチブにおいて積極的な役割を果たす見通しで、プラスチックのための循環経済への移行を推進し続ける取り組みなど、共通の研究開発とイノベーションのプロジェクトに取り組んでいる。詳細は https://www.ellenmacarthurfoundation.org/our-work/activities/new-plastics-economy を参照。

▽Kinder Happy Hippo用のリサイクル可能な新パッケージ

フェレロの研究開発部門は、Kinder Happy Hippo向けのリサイクル可能な新パッケージを作成した。フレキシブルフィルムはCEFLEXのリサイクル可能率ガイドラインを満たし、リサイクル可能率のプロファイルは向上した。新たなパッケージはポリプロピレン単一素材構造が特徴で、必要な製品保護を提供し、現在消費者は入手可能である。

▽フェレロは4evergreenアライアンスに加わり、繊維ベースのパッケージングを促進

フェレロは、気候と環境の影響を最小限にする循環型かつ持続可能な経済における繊維ベースのパッケージングの寄与を拡大することを目指す4evergreenアライアンスに加わった。4evergreenアライアンスを通じて、フェレロは繊維ベースのパッケージングのバリューチェーン全体の業界メンバーに関与し、つながりを持つ。このバリューチェーンは、紙および板紙メーカーからパッケージ加工業者、ブランドオーナー、小売業者、技術素材サプライヤー、廃棄物分別業者および回収業者に及ぶ。

フェレログループのFabio Moraグローバル・パッケージング・ディレクターは「2025年までに当社パッケージの100%を再利用可能、リサイクル可能またはコンポスト化可能にするための行程において、順調に前進し続けている。ヌテラのためのLoop、Carrefourとの新しいエキサイティングな再利用のパートナーシップを発表し、フェレロがEllen MacArthur Foundationのメンバーになり新プラスチック経済(NPEC)イニシアチブに参加したことは非常に喜ばしい。このイニシアチブでは、他の参加者と協力して運動を推進し、イノベーションを促進することを楽しみにしている。Kinder Happy Hippo用のリサイクル可能な新パッケージと4evergreenとのアライアンスは、他者と協力して取り組むという当社のコミットメントを明示する一層重要な前進であり、まもなく当社の前進について更なるアップデートを共有することを楽しみにしている」と述べた。

ソース:Ferrero

ソース: Ferrero