omniture

INCオンライン会議に85カ国のナッツ・ドライフルーツ業界から1350人以上が参加

INC International Nut and Dried Fruit Council
2020-12-01 22:00 1422

レウス(スペイン), 2020年12月1日 /PRNewswire/ --

*世界の需要拡大のための持続可能性、品質、健康、戦略が会議の全テーマ

*INCオンライン会議のハイライト: https://youtu.be/Jkydr_SBWX8  

International Nut and Dried Fruit Council(INC、国際ナッツ・ドライフルーツ協議会)は、世界中で厳しいパンデミックの中で、業界の団結を目的にオンライン会議を開催した。会議では収穫見通し、栄養、科学的見地、マーケティングの議題が主に議論されたほか、国際的に評価の高い3人の基調講演者を迎えた。

 

ハビエル・ソラナ元北大西洋条約機構(NATO)事務総長は多国籍組織の重要性を強調、ナショナルオーストラリア銀行(National Australian Bank)のAlan OsterグループチーフエコノミストはCOVID-19渦中とその後の経済を論じ、またバンク・オブ・アメリカのHaim Israelグローバルストラテジスト兼調査担当マネジングディレクターは急速に変化する世界と来るべき将来を取り上げた。

米州、欧州・中東・アフリカ、アジア・オセアニアの各地域ワーキンググループが、現在のナッツとドライフルーツの供給と需要、COVID-19という流れの中で変化する消費パターンについて議論した。

作付け増加に支えられ、木の実の生産は増産傾向が続き、2020/2021年度の収穫も例外ではなく、世界の生産量は530万メトリックトン(アーモンド、ブラジルナッツ、カシュー、ヘーゼルナッツ、マカダミア、ペカン、松の実、クルミ:以上、カーネルベース;ピスタチオは殻付きベース)で、2019/20年度から15%増加すると見込まれている。このため、革新と新市場開拓の持続が必要である。世界のピーナツ生産も4730万メトリックトン(殻付きベース)と13%の増加が予想されている。ドライフルーツの全生産量は2019/20年度からの持ち越し分も含めて300万メトリックトンと、昨シーズンを若干下回ると予測されているものの、供給は適正とみられる。

総じて、パンデミックに関連したナッツとドライフルーツの需要は、オンライン、食品庫貯蔵型、大規模小売業者による販売に有利に働き、同時に既に増加している免疫を強化し、植物を中心とした食事への需要を促進している。

▽INCについて

INCはナッツとドライフルーツ業界の国際統括組織である。会員は80カ国以上の800を超えるナッツとドライフルーツ企業を含む。会員数はナッツとドライフルーツの商業出荷取引価額の85%以上に相当する。INCの使命は、世界のナッツとドライフルーツ業界の持続可能な成長を刺激し促進することである。ナッツとドライフルーツに関する健康、栄養、統計、食品の安全性、国際規格と規制をリードする国際組織である。

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1342850/inc_online_conference.jpg?p=medium600   
Video: https://youtu.be/Jkydr_SBWX8  
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1036637/INC_Logo.jpg?p=medium600

▽報道関係問い合わせ先  
e-mail:press@nutfruit.org  
telephone:+34 977 331 416.   

 

The INC Online Conference, which took place November 17-19, 2020 united the nut and dried fruit industry.
The INC Online Conference, which took place November 17-19, 2020 united the nut and dried fruit industry.

 

 

 

 

ソース: INC International Nut and Dried Fruit Council
キーワード: 食品