omniture

INC(国際ナッツ・ドライフルーツ評議会)が首脳陣に新型コロナウィルスの大流行とドライフルーツ業界に関する洞察についてインタビュー

INC International Nut and Dried Fruit Council
2020-07-31 15:08 1037

- ナッツ・ドライフルーツ業界には新型コロナウィルスの大流行から回復する力があることを立証

レウス(スペイン)

2020年7月31日

/PRNewswire/ --  記事全文:https://www.nutfruit.org/industry/publications/inc-magazine/articles/detail/inc-leadership-perspective-on-covid-19

Like most businesses and industries worldwide, the nut and dried fruit industry has had to face numerous setbacks and challenges to overcome this pandemic.
Like most businesses and industries worldwide, the nut and dried fruit industry has had to face numerous setbacks and challenges to overcome this pandemic.

世界が新型コロナウィルスの影響と闘い続ける中、INCは様々な指導者たちにインタビューを試み、ナッツ・ドライフルーツ業界がコロナ禍からどのような影響を受けているかについて意見を求めました。

リーダー諸氏の口から最も多く聞かれた答えは、ナッツ・ドライフルーツ業界は新型コロナウィルスの数々の問題に直面したものの、今後について希望の持てる理由が多数あるということです。INCイラン大使でもあるイラン、アガー・グループ(Agah Group)のベハルーズ・アガー(Behrooz Agah)は、次のようにコメントしました「この分野の様々な生産物を摂取することが健康全般と幸せに及ぼすメリットを宣伝し、関心を高めることは、新型コロナ後ますます重要になると思われます」。中国でも、INC評議員であるチャチャ食品(洽洽食品)のチェン・チーが、「健康でいたいという消費者の要求が高まりつつあるので、この業界は活発化するでしょう」と語っています。

INC執行委員であるインド、ヴィジャラクシミ・カシュー・カンパニー(Vijayalaxmi Cashew Company)のプラタップ・ネール(Pratap Nair)は、「たくましく、回復力のある当業界には、この難関を乗り越える力があると確信しています」と述べました。

同様にINC評議員であるドイツ、アウグスト・テプファー(August Töpfer)のヤン・ヴィンセント・リークマン(Jan Vincent Rieckmann)と英国ボイスべール(Voicevale)のロビー・ダノン(Roby Danon)は、業界に対する自信、とりわけ将来に対する自信を強調しました。

INC副会長であるオラム・シンガポール(Olam Singapore)のアショク・クリシェン(Ashok Krishen)は、「消費者行動や習慣は変わるものなので、期待感の変化に迅速に対応することが必要になります」と付け加えました。

記事の全文はINCのウェブサイトでご覧になれます。

INCについて

INC(国際ナッツ・ドライフルーツ評議会)は、ナッツとドライフルーツ産業を国際的に統括する組織です。75カ国以上から、800を超えるナッツとドライフルーツ関連企業が会員となっています。世界のナッツとドライフルーツの販売において、全出荷額の85%以上がINCの会員による出荷です。 INCの使命は世界のナッツとドライフルーツ産業における持続可能な発展を促進することです。INCは健康、栄養、統計、食の安全、そしてナッツやドライフルーツの国際基準や規則に関する代表的な国際機関です。

プレスお問合せ先: 電子メール press@nutfruit.org  または電話: +34977331416 

ロゴ: https://mma.prnasia.com/media2/1036637/INC_Logo.jpg?p=medium600   

写真: https://mma.prnasia.com/media2/1221780/nut_and_dried_fruit.jpg?p=medium600 

 

 

ソース: INC International Nut and Dried Fruit Council