omniture

2020年度WISE賞、受賞者発表

WISE (World Innovation Summit for Education)
2020-10-14 22:25 847

カタール財団の事業が世界の教育を促進する6つの優れたプロジェクトを表彰 

ドーハ、カタール、2020年10月14日/PRNewswire/ -- カタール財団の事業であるWISEは、グローバルな教育課題に取り組む世界各国の革新的な6つのプロジェクトを表彰・推進する「2020年度WISE賞」の受賞者を発表しました。受賞者は2020年10月28日のオンラインイベント上で表彰され、 宣伝およびネットワーキングの機会と2万米ドルが贈られます。

 

 

2020年度WISE賞の受賞者: 

Barefoot College Solar Electrification with Enriched Education(ベアフット・カレッジによるソーラー電化と教育の強化)は、総合的な教育プログラムで、高い適応性を持つカリキュラムENRICHEとともに、農村部の女性にコミュニティのソーラー電化ツールを提供し、デジタルと金融リテラシーを通じた教育・啓蒙を行っています。このアプローチはコミュニティ全体への波及効果があり、90か国以上220万人がその恩恵を受けています。

Think Equalは各国の教育省庁と協力し、価値観や経験に基づいた、社会的学習および情動的学習を提供する、3歳から6歳までの子供を対象とした無料プログラムを採用しています。カリキュラムでは、社会性と情動の学習、男女平等、平和的紛争解決など、25の能力とスキルを取り上げています。世界15か国で事業を展開しており、全世界で3万8千人以上の子供が利用しています。

Justice Defendersは、法務教育、司法修習、法律実務を通じて、ケニアとウガンダの受刑者の司法アクセスを向上させることを目的としています。このプログラムでは受刑者にパラリーガルになるための3週間集中トレーニングを提供しており、 これまでに2万4千人以上の受刑者がパラリーガルサービスの恩恵を受け、12,600人が刑務所から釈放されました。

Parenting the Future(PTF)(Hupan Modou財団による事業)は、子供の愛情育成や健全な発達を育み、子供のケアや教育における家族の役割強化のためのスキルや行動を開発するために、介護者を支援する親参加型プログラムです。PTFは2030年までに中国の832の貧困県すべてへの事業拡大を目指しています。

Stawisha Leadership Institute (Dignitasによる事業)は、南スーダンとケニアの周縁化されたコミュニティの教育者が学生の学習機会を変えるための、革新的なトレーニングおよびコーチングを提供しています。これまでに6つの郡にまたがる260校以上の学校と提携し、1,500人以上の学校指導者と87,000人の学生の学習に影響を与えてきました。

Education for Sharing(E4S)は、より良い地球市民を育成するために国際的に活動を行う非営利団体です。遊びの力を生かした革新的な教育を通じて、北南米10か国で事業を展開しており、 「遊び・振り返り・行動」のフレームワークを用いたモデルで、教育者によるダイナミックな教育を奨励しています。これまでに1,272,223人以上の児童、教師、保護者が恩恵を受けています。

10月28日に開催されるWISE賞の授賞式に参加するには、こちらをクリックしてご登録ください。

ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/969958/Wise_Logo.jpg?p=medium600

media@wise.org.qa 

ソース: WISE (World Innovation Summit for Education)
キーワード: 教育 高等教育