omniture

Lucid Motorsが世界で最もパワフルで効率的な高級電動セダン、Lucid Airを初披露

Lucid Motors
2020-09-14 08:00 3284

【ニューアーク(米カリフォルニア州)2020年9月10日 PR Newswire=共同通信JBN】

*電動車両のイノベーション、性能、ラグジュアリー、持続可能性の新たなベンチマークをLucid Airの全モデルで実現-価格は8万ドル以下から

最先端の高級電気自動車によって持続可能な輸送の新基準を追求するLucid Motors(Lucid Motors )は10日、待望のLucid Airの生産の詳細をシリコンバレーにある本社から世界に向けたウェブブロードキャストで初めて明らかにした。性能、効率性、設計に関連する重要分野で電気自動車(EV)と高級車種のセグメントで新たな業界基準を設定した、この新しくて完全電動のラグジュアリーセダンの販売は2021年春から開始になる。

Lucid Motors has optimized interior cabin space for occupants with a miniaturized yet powerful electric powertrain, extending the philosophy of hyper-efficiency embedded in every facet of Lucid Air to deliver an unprecedented combination of range, practicality, performance, and luxury. Deliveries of this new pure-electric sedan will start in spring of 2021.
Lucid Motors has optimized interior cabin space for occupants with a miniaturized yet powerful electric powertrain, extending the philosophy of hyper-efficiency embedded in every facet of Lucid Air to deliver an unprecedented combination of range, practicality, performance, and luxury. Deliveries of this new pure-electric sedan will start in spring of 2021.

Lucid Motorsの最高経営責任者(CEO)兼最高技術責任者(CTO)、Peter Rawlinson氏は「Lucid Motorsは、より良い電気自動車を作ることにかき立てられている。そうすることで、業界全体が持続可能なモビリティーをこれまでより速いペースで導入する方向に向かうことに貢献する。世界で最も進んだ電動車両を開発するための、止まることのない取り組みの目標は、持続可能で排出物ゼロの輸送で全ての人類に恩恵を及ぼし、電気自動車の世界に新しい顧客を引き付けることだ。当社が作ったLucid Airは業界全体のシンボルになる自動車だ。それは電気自動車技術と性能を新たなレベルへと境界を突き抜けることで可能になった前進を示すものである」と述べた。

▽Airの生産にSpaceを使う
Lucid AirはLucid Space Concept(Lucid Space Concept )と呼ばれる自動車パッケージへの革命的アプローチの結果である。それはインテリアのキャビンスペースを最適化するために、Lucidが社内開発したEVドライブトレーンのミニチュア化をフルに利用したものだ。このコンセプトはLucid AirとこれからのLucid車両が製造されるアーキテクチャーのLucid Electric Advanced Platform(LEAP)の中核である。それは先端EV製造への総合的、かつ白紙の状態からのアプローチで、レガシーの自動車メーカーのEVにしばしば見られるような、以前からある「既成」ソリューションを使用しない。

より小型で、より強力な電動モーターを作り、電動パワートレーン全体のパッケージの劇的な改善を同時に達成することで、Lucidは乗員の空間と快適さを向上することができる。これはLucid Airのすべてのファセットに組み込まれた極めて高い効率性の哲学をエネルギーから空間効率性にまで拡大し、航続距離、実用性、性能、高級感の比類のないコンビネーションを実現する。

Space ConceptはLucid Airの微妙に区別的な、最新のプロポーションにも寄与している。それは従来のいかなる自動車デザインキューに頼ることなく、路上で完全に際立つように見える美しい自動車を実現した。

Lucid Motorsのデザイン担当副社長、Derek Jenkins氏は「Lucid Motorsでこの旅路に出発して最初の車両を開発したとき、われわれは妥協を拒否した。最初から、性能、イノベーション、高級さの全てのファセットを追求する決意だった。その結果、われわれは世界最高の自動車を作っており、それは数字がシンプルにそれを物語っている。さらに、われわれはLucid Airの美しさを損なうことなしに全てをやり遂げた。その成果は、EVアーキテクチャーがもたらす完全なデザインの自由を活用するために白紙の状態から作られた車の最初の例としてお目にかけることになるだろう」と述べた。

▽刺激を与えた州
米カリフォルニア州から得たヒントにより、同州のスピリットはLucid Motorsの製品すべてだけでなく、同ブランドが創出するリテールとデジタル体験の中に組み込まれている。その社名が意味する通り、Lucidは物事を違った角度から見るという考えから刺激を受け、夢を実現する。それはこのブランドの「Dream Ahead(この先を夢見よう)」というタグラインに総括されており、現状を拒否してEV技術の境界を常に押し広げるという同社のビジョンである。

Jenkins副社長は「Lucidブランドは最も進歩的なバイヤーの、急速に進歩するニーズをぴったり満たすよう、進歩的でポストラグジュアリーの考え方で創出された。意識の高い消費者は、持続可能性、先端設計、技術イノベーションが、品質や職人技による従来的な高級品の価値と同様に大切であると見ており、われわれはそうした将来に向かっている。われわれは、Lucidが新たなブランドに向かう消費者の好みの転換における最前線にいると考えている。その新たなブランドは全く新しいテクノロジー、性能、設計を特徴とする製品と共に、直接的な関連性も提供する」と述べた。

▽あらゆるレベルで新たな基準を設定

*記録破りの性能と航続距離
デュアルモーター、全輪駆動のアーキテクチャーで最大1080hpを発生するLucid Airは一貫した反復環境で、クオーターマイル(約400メートル)・タイムが9.9秒(quarter-mile times as quick as 9.9 seconds )という高速である。これまでのところ、10秒以下のクオーターマイル・タイムを達成している電動セダンはLucid Airだけだ。Lucid Airのこのパワーは、一回の充電で最大517マイル(estimated EPA range of up to 517 miles )の推定EPA航続距離を達成する延伸した航続距離能力によって完全なものになる。

*世界最速充電のEV
Lucid Airが市場に登場すると、それはこれまでで最速充電の電動車両(fastest charging electric vehicle ever offered )になる。その充電能力は、DC急速充電ネットワークに接続した場合、最大20マイル当たり1分である。現実世界の路上状況でLucid Airを充電するオーナーにとっては、僅か20分の充電が300マイルの航続距離に換算できる。

*レースで実証されたEVバッテリーパック
Lucid Motorsは社内開発のコンパクトな113kWh拡大バッテリーパック(113kWh extended-range battery pack )の開発で、10年にわたる経験を利用し、2000万マイル以上の現実世界でのテストを行った。世界の主要な電動レーシング選手権でさらに開発されたLucidのバッテリー技術はレースで証明され、カスタムのBattery Management System(BMS)、クレバーセルパッケージ、、世界クラスのエネルギー密度によって卓越している。

*クラスをリードするインテリアパッケージと最大のフロントトランク
Lucidだけが持つSpace Concept哲学により、Lucid Airは機敏なスポーツセダンのフットプリントを維持しながらフルサイズのラグジュアリークラスのインテリアを提供する。このアプローチは、これまでの電気自動車で最大のフロントトランク、そして前後両方のコンパートメントによって2倍レベルのストレージ能力という信じられないほどの結果になった。

*世界で最も空力に優れた高級車
Lucid Airは世界で最も空力効率性に優れた高級車(world's most aero-efficient luxury car )で、ウインドシアの最先端ローラー式模擬道路の風トンネルで試験され、0.21の抵抗係数を確認した。

▽タクタイルな物理コントロールを組み込んだ最先端のグラスコックピット・ディスプレー
Lucid Airのインテリアは、次世代の自由形状ディスプレーがどのようにしてキャビンのデザインアーキテクチャーに優美に統合されるかを反映する革命であり、車両ソフトウエアと人間中心のユーザーインターフェースの美しくてシームレスなインタラクションを実現している。ドライバーの前の34インチの曲面グラスコックピット5Kディスプレーはダッシュボード上を「浮遊」し、インテリアの明るく風通しの良い感覚に寄与している。それに加え、リトラクタブルの中央パイロットパネルはドライバーと乗員の指先が届く距離にあり、車両のシステムと機能を一層深くコントロールができる。デジタルディスプレーの補完として、ハンドル機能のためのリブ付きタービン、ボリュームコントロールローラー、車内環境調整の合金トグルスイッチなど、幾つかの高度にタクタイル(触覚的)で精密加工の物理コントロールを備えている。

▽次のレベルのADAS
Lucid Airの先進運転支援システム(ADAS)のLucid DreamDriveは市場にある最も包括的なセンサー群(the most comprehensive sensor suite on the market )を最先端のドライバーモニタリングシステム(DMS)を組み合わせた、この種のものでは初めてのプラットフォームで、このすべてはLucid Air Dream Editionに標準装備となる。これは、ビジョン、レーダー、超音波をカバーする32個のセンサーに加え、EVとしては世界で初めて標準装備された高解像度LIDARを提供する初のシステムで、このすべてが標準DMSとジオフェンスのHDマッピングと協調稼働し、レベル2とレベル3のドライバー支援技術に向けた可能な限りの安全へのアプローチを提供する。

▽世界最先端のライティング技術
Lucid Airのヘッドライトは真に革新的なマイクロレンズ・アレイシステムで、文字通り何千もの「光のチャンネル」で構成されている。このテクノロジーはすべて社内開発されたもので、これまでで最も明るく精密な最先端のライティングシステムだ。照明方向のデジタルステアリング操作によって異なった方向にライトチャンネルをデジタルで切り換えることが可能で、革命的な視認性と向上した安全性をもたらす。

▽Lucid Airにネイティブに統合されたAlexa Voice
LucidはLucid Airに最先端のAlexa Built-Inを直接実装するため、Amazonと協力している。これにより、ドライバーと乗員は移動中に、ナビゲーション、通話、メディアのストリーミング、スマートホームのコントロール、ショッピングカートやto-do listに品物やことがらを追加するなど、Alexaの体験を堪能することができる。このすべてをドライバーや乗員が道路状況に注意し、ハンドルから手を離さないで行える。AlexaをLucidに実装したことで、HVACなどのLucid Airのローカライズされた車両制御機能も拡大され、このすべてが簡単な音声コマンドで実行できる。ドライバーがAlexaを使っているときでも、Lucid Airのグラスコックピット・ディスプレーからコマンドについてビジュアルサポートを受けられる。今後、Lucidのビルトイン・オーバージエア(OTA)アップデートを通して利用できる機能が増える予定である。

▽夢が現実に
Lucid Airは最初に北米で、以下の4モデルが販売される。

*ラインアップの出発点、Air。2022年に8万ドル以下から入手可能に(連邦税額控除後は7万2500ドル)(注)
*装備が充実したAir Touringモデル。2021年後半に9万5000ドルから入手可能に(連邦税額控除後は8万7500ドル)(注)
*フル装備のAir Grand Touring。2021年中盤に13万9000ドルから入手可能に(連邦税額控除後は13万1500ドル)(注)
*すべての装備込みで台数限定のAir Dream Edition。2021年春に16万9000ドルで入手可能に(連邦税額控除後は16万1500ドル)(注)

▽Dream Edition
Lucid Air Dream EditionはLucidの特性とテクノロジーを独自に併せ持ち、驚くべき性能と素晴らしい航続距離を一体化している。この1080hpの高級セダンにはステラーホワイト、インフィニットブラック、そしてDream Editionだけのユーレカゴールド仕上げがあり、各色とも「サンタモニカ」がテーマの限定版インテリアトリム・パッケージである。Bridge of Weir製のナッパグレーンレザーを全面的に採用し、銀のユーカリ材がアクセントになっている。Dream Editionは独自の21インチ「AeroDream」ホイール設計を特徴とし、これがLucid Airの限定生産・特別エディションであることを示す特性のバッジとトリムが強調されている。

▽TouringとGrand Touring Edition
Lucid Airラインアップの中心はAir TouringとAir Grand Touringモデルだと思われる。それぞれ620hpと800hpのパワーを発生する。Air Grand Touringは、このほど発表された推定EPA格付けで最大517マイルの航続距離とされた。入手可能な構成とすべてのAirモデルについての詳細は、Lucid Motorsウェブサイト(Lucid Motors website )を参照。

▽購入について
米国、カナダ、そして限定された欧州(Europe )と中東(Middle East )の国の顧客からの予約を現在、受け付けている。触発された人は、1000米ドルの払い戻し可能保証金、あるいは限定生産のDream Editionは7500米ドルの払い戻し可能保証金でLucid Air(reserve the Lucid Air )を予約できる。このラグジュアリーセダンは2021年末までに北米でオープン予定の20のLucid StudioとService Center(20 Lucid Studios and Service Centers )でも入手できる。欧州と中東市場の納入日、価格、販売とサービスセンターついては後日発表される。

アリゾナ州カサグランデのLucid Motors工場での生産は今後の数カ月で開始される予定で、北米顧客に向けたLucid Airの納車は2021年春から始まる予定。

▽2021年Lucid Airラインアップ一覧

Lucid Airの追加バージョンとLucidの新モデルが将来的に揃う。Lucid Airで現在予定されている仕様は以下の通り:

Model

Price (USD)

Est. EPA Range
(up to)

HP

Performance (est.)

Charging (up to)

Availability


Base

Minus Tax
Credit



0-60
(sec)

1/4 Mile

(sec)/ Speed

(mph)

Top

Speed

(mph)

Miles/Time

Fast Charge

DC

Peak

charging

speed


Air

Below

$80,000

$72,500

TBA

TBA

TBA

TBA

TBA

300/20
minutes

1200 mph

2022

Air Touring

$95,000

$87,500*

406**

620

3.2

11.4 / 123

155

300 /20
minutes

1200 mph

Q4 2021

Air

Grand

Touring

$139,000

$131,500*

517**

800

3

10.8 / 133

168

300 /20
minutes

1200 mph

Q2 2021

Air Dream
Edition

$169,000

$161,500*

465 (21"

AeroDream

wheels); 503

(19" wheels)

1,080

2.5

9.9 / 144

168

300 /20
minutes

1200 mph

Q2 2021

(注)連邦税額の7500ドルを織り込み


**19インチAeroRangホイールとタイヤのパッケージ


 ▽Lucid Motorsについて
Lucidの使命は、人の体験を中心に据えた最も魅力的な電動車両作ることで、持続可能な輸送の導入を刺激することである。当社初の自動車、Lucid Airはカリフォルニアにヒントを得たデザインの最先端のラグジュアリーセダンで、レースで証明されたテクノロジーによって支えられている。ミッドサイズのエクステリアに高級インテリア空間を備えるAirは、500マイルを超える推定EPA航続距離と、静止状態から時速60マイルに2.5秒以下で達する性能を持つ。アリゾナ州カサグランデの新工場で生産される予定のLucid Airの顧客への納車は2021年春に始まる予定だ。

▽メディア問い合わせ先
Andrew Hussey
media@lucidmotors.com

The interior of the Lucid Air reflects a revolution in how next-generation free-form displays are elegantly integrated into the design architecture of the cabin, providing a beautiful and seamless way of interacting with the vehicle software and human-centric user interface.
The interior of the Lucid Air reflects a revolution in how next-generation free-form displays are elegantly integrated into the design architecture of the cabin, providing a beautiful and seamless way of interacting with the vehicle software and human-centric user interface.

   

Lucid Motors unveiled production details for the highly anticipated Lucid Air pure-electric luxury sedan, which will start at less than $80,000 USD and set new industry benchmarks in the EV and luxury segments in key areas related to performance, efficiency, and design.
Lucid Motors unveiled production details for the highly anticipated Lucid Air pure-electric luxury sedan, which will start at less than $80,000 USD and set new industry benchmarks in the EV and luxury segments in key areas related to performance, efficiency, and design.

   

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1251413/lucid_motors_lucid_air.jpg?p=medium600 
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1251414/lucid_motors_cabin_architecture.jpg?p=medium600 
Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1251415/lucid_motors_luxury_sedan.jpg?p=medium600
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1080273/LucidMotors_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Lucid Motors