omniture

Skyworthが2020年上半期決算を発表

SKYWORTH
2020-09-04 10:39 753

【深セン(中国)2020年9月4日PR Newswire】

*COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックにもかかわらず、この中国の家電メーカーは純利益が大幅増

IFA SKYWORTH
IFA SKYWORTH

Skyworth Group Co., Ltd. (株式コード: 00751.HK、以下「Skyworth」)は8月31日、2020年上半期の決算を発表した。決算書によると、Skyworthの売上高は159億8000万元(約23億3000万米ドル)、総利益は30億9000万元(約4億5100万米ドル)で、売上総利益率は19.3%だった。この中国の家電メーカーは、報告期間の未監査の非支配株主持分控除前の利益が5億7300万元(約8370万米ドル)、同控除後の利益が3億9100万元(約5710万米ドル)と、前年同期比それぞれ64.66%、116.02%の増加を記録した。

今年の上半期中、SkyworthはCOVID-19による影響と家電製品の在庫増に対応し、運営戦略を調整し、製品とサービスを改善する措置を取った。さらに同グループは、全体の運営効率改善のための様々な措置を実施し、全体的な利益率向上につながった。

同グループのマルチメディア事業は売上高93億9000万元(約13億7000万米ドル)を記録した。「ステイホーム経済」の恩恵を受け、COOCQQのインターネット付加価値サービスの売上高は5億600万元(約7390万米ドル)となり、前年同期の3億7600万元(約5490万米ドル)に比べて1億3000万元(約1900万米ドル)、率にして34.6%増加した。インターネット付加価値サービスは同グループの新たな成長エンジンとなった。Skyworthはまた、海外市場における販路を最適化することによりパンデミックのマイナスの影響に対処し、この困難な期間中に大幅な成長を達成した。6月末現在、同グループは中国を除く全ての市場で売上高55億8000万元(約8億1600万米ドル)を記録して総売上高の34.9%を占め、前年同期比で12.2%増加した。

Skyworthは今後、市場トレンドを注意深く監視し、同社が生産するすべての「端末」製品への5GとAIの統合を加速する計画である。これは、5Gスマートテレビ、5Gホームアクセスシステム、スマートホームコントロールシステム、次世代スマート家電など、広範囲の製品ラインの研究開発を加速し、市場シェアと競争力を強化する新製品ポートフォリオを生み出すことにより達成される。Skyworthはまた、家庭中心のスマートリビングを生み出すという企業ビジョンを実現するための鍵となっている他の3つの要素、すなわちインテリジェンス、コネクション、エコシステムにも重点的に取り組んでいく。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200903/2907508-1?lang=0

ソース:SKYWORTH

ソース: SKYWORTH
Related Stocks:
HongKong:0751 OTC:SWDHY