omniture

Doosan Roboticsが6つの新しいcobotを発表し、第4次産業革命時代の高まる需要に応える

Doosan Robotics
2020-07-28 09:00 295

【ソウル(韓国)2020年7月28日PR Newswire=共同通信JBN】Doosan Robotics Inc.は、6つの新しい協調ロボット(cobot)を発表し、同社の革新的な製品を多様化させている。新しいラインアップには、A-SERIESの4モデル、H-SERIRESの2モデルが含まれ、同社の革新的な未来志向のcobotに加わる。

ボックスをパレットに乗せる新しいH-SERIRES
ボックスをパレットに乗せる新しいH-SERIRES

 

マシンツールをサポートする新しいA-SERIES
マシンツールをサポートする新しいA-SERIES

業界最高のスピードと値ごろ感を実現したA-SERIESは、A0509、A0509s、A0912、A0912sの4つのモデルで構成され、5キロから9キロのペイロード幅を提供する。各モデルは作業員を保護する安全アルゴリズムを搭載し、認定された国際テストおよび認定組織であるテュフズードが設定した最高レベルの安全基準を満たしている。搭載されたマウント可能なフォーストルクセンサーによって、A-SERIESのcobotは研磨や組立など多数のアプリケーションに必要とされる多用途性を提供することができる。

H-SERIRESモデルは、1.7メートルのリーチと、最大25キロのペイロードを提供し、市場で現在入手可能なcobotの中で最大のペイロードを誇る。2つのセレクション、H2017とH2515から成るこの高性能ラインアップの重量は、同じペイロードのその他の類似ロボットの半分にすぎない75キロである。6つの軸すべてに6つのセンサーを装備するH-SERIRESは、特に流通と自動車におけるさまざまなアプリケーションに必要とされる機敏さと柔軟性を提供する。

Doosan RoboticsのSangchul Kwak最高経営責任者(CEO)は「新しいA-SERIESとH-SERIRESは、クラス最高のスピード、優れた性能、抜群の価格競争力など際立った優位性によって新しい基準を設定する。Doosan Roboticsはパンデミック後の時代のスマートファクトリー産業の成長をリードし、サービス、流通、製造における新しいバーティカル市場に弾みをつける」と語った。

Doosanは今年8月から、同社の世界販売網を通じて新しいcobotモデルを出荷する。

Doosanは2018年から、アジア、欧州、米州、オセアニアに至る世界市場に急速に進出し、MAHLE、Bolta(ボルタ)、ロレアル、コンチネンタル、LGエレクトロニクス、LG Chem、POSCO、現代自動車などの主要顧客を獲得してきた。世界規模のチャンネル拡大によって、Doosanは数々のレファレンスケースを確保し、組立、マシンテンディング、品質検査を含む多数の分野のアプリケーションでの汎用性を認められている。

▽Doosan Roboticsについて

2015年にDoosan Groupによって創設されたDoosan Roboticsは、韓国のスウォンを拠点にcobot製造に特化している。Doosan Roboticsに関する詳細はウェブサイトhttps://www.doosanrobotics.com/en/ を参照。

▽報道関係問い合わせ先

Jeon, Yeeun (Communication Manager, Doosan Robotics)
pr.robotics@doosan.com

ソース: Doosan Robotics
Related Stocks:
Korea:000150