omniture

Tableau 2020.1が動的パラメーター、ビジュアライゼーションアニメーション、管理ツールなどコミュニティから生まれた新機能を提供

Tableau Software
2020-02-26 22:00 11042

【シアトル2020年2月26日PR Newswire=共同通信JBN】

*新機能でデータをこれまで以上に活用できるように

分析プラットフォームで世界をリードするTableau Softwareは、ダッシュボードの双方向性を拡大し、データからより深いインサイトを得るのに役立つ新機能をリリースしました。Tableau 2020.1の最新機能では、オンラインのTableauコミュニティフォーラム(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2727958-1&h=2035995892&u=https%3A%2F%2Fcommunity.tableau.com%2Fwelcome&a=online+Tableau+Community+Forums )のお客様からのインプットに基づき、Tableauのお客様が求める新機能を追加し、管理者の柔軟性を高めました。動的パラメーターなどの機能により、基礎データに変更が加えられた際にワークブックを更新する必要がなくなり、ビジュアライゼーションアニメーションの新たなツールにより、ビューアーはデータの変更を見つけて理解し、データを活用できます。Tableau 2020.1は、ログインベースのライセンス管理を介したTableau管理者向けの追加機能も提供し、Data Management Add-onとServer Management Add-onを強化しました。詳細については、https://www.tableau.com/products/new-features を参照ください。

TableauのCPO (最高製品責任者)、Francois Ajenstatは次のように述べています。「当初から、お客様を中心とした製品開発を行ってきました。広範かつ熱心なTableauコミュニティは、当社製品のイノベーションを促し、当社がお客様の最も差し迫った課題の解決に集中し続けられるよう力を貸してくれます。今回のリリースは、当社のコミュニティで最も要望の多かったアップデートをまとめたもので、お客様が分析をよりインタラクティブかつ活用することを助け、組織全体に真の価値と変革をもたらす課題に集中できるようにサポートします」

▽あなたのvizに命を吹き込むビジュアライゼーションアニメーション

Tableau 2020.1は、Viz Animationsの導入で分析を動的に行えるようになり、クリエーターはアニメーションを通じて分析の背後にあるドットをシームレスにつなげることができます。アニメーションは視覚的手掛かりとして機能、フィルタリングやソートといった様々な変更に対するデータの反応を明確に示す動きで、人々が重要な変化を観察しながらより簡単にフォローできるようになっています。例えば、特定の指標で異常値が出た時、あるいは突然の数値の急上昇や急落が起きた時、変化した箇所を容易に特定し、理解できるようになりました。

Tableauを毎日使用しており、Tableauコミュニティ内の称号、Zen Master(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2727958-1&h=30406073&u=https%3A%2F%2Fprotect-us.mimecast.com%2Fs%2FwV-CCPN5M7uMO1ZBUzEP3E%3Fdomain%3Dtableau.com&a=Zen+Master )としても知られているBI&ビジュアライゼーション・マネジャーのMarc Reidは、次のように述べています。「アニメーション化された推移をダッシュボードに追加できると、ビューアーへの情報伝達がより容易になり、vizの背後にあるデータをより理解しやすくなります。データ・ストーリーテリングの観点からすると、アニメーションによりオーディエンスはデータの変化を実際に見やすくなり、異なるビューの間の変遷をより良く理解できるようになります」

▽動的パラメーターが途切れない分析を実現

Tableauのパラメーターは、ダッシュボード・クリエーターが、多くのビジュアライゼーションの必要がないレポートに、双方向性あるいは柔軟性を追加する際に使用されています。例えば、パラメーターは、単純なドロップダウンまたはスライダーで、売上と利益の計算表を売上と割引の表に変換できます。これまでパラメーターは静的で、ユーザーは値を手動で更新する必要がありましたが、動的パラメーターの導入で、クリエーターは最新のデータに基づくパラメーターに自動的に調整されるようワークブックを設定して、組織の他の部署が最新かつ正確なデータを確実に見ることができるようになりました。アナリストは今や、ビジュアライゼーションの作成と維持に費やす時間を短縮し、分析結果の解釈と重要なビジネス価値の提供により多くの時間を使えるようになりました。

Unifund, CCRのシニアアナリスト兼Tableau開発者、Kevin Flerlage氏は以下のように述べています。「われわれの組織には常に新しいデータに更新されている多数のダッシュボードがあり、ビューアーが最も正確で最新のデータを見られるよう、新しいパラメーター値を求めています。動的パラメーターでこうしたパラメーターが自動的に更新されるようになれば、毎月、何時間も時間が節約できるようになります。この機能はTableau史上、最も求められていた機能で、完全なゲームチェンジャーです。他のユーザーの使い方を早く知りたいです」

Tableauプラットフォーム・バージョン2020.1のその他のアップデートは以下の通りです。

*ログインベースのライセンス管理により、クリエーターはTableauサーバーの認証でログインすることでTableauデスクトップやPrep製品を即座に起動できるようになりました。管理者は、ライセンスキーを配布するのではなく、Tableauサーバーから直接、デスクトップやPrepのアクセスの指定、監視、再生ができます。

*Tableauカタログの新たなコネクターにGoogle BigQuery、Google Sheets、Cloudfileが含まれるようになり、利用可能なデータソースが拡張されました。管理者は、データソースがそれぞれの組織向けかどうかを検証できます。

*Tableau Prep Builderの詳細レベルの計算は、データの準備と分析をより高い精度で簡素化して面倒なマルチステップフローを排除、視覚的な計算に置き換えます。

*バッファ計算により、顧客はポイントロケーション周辺のバッファを簡単に視覚化でき、ドラッグ・アンド・ドロップだけで複雑な空間的位置に対応できます。

本日のリリースの詳細や無料トライアルを始めるには、以下を参照してください。http://tableau.com/new-features

Tableau について
Tableau はお客様がデータを見て理解できるように支援します。Tableau のセルフサービス分析プラットフォームでは、どのようなスキルレベルのユーザーでもデータを使用した作業が可能です。個人や NPO、政府機関、そして Fortune 500 企業まで、世界中の何万にも及ぶお客様が Tableau を使用して迅速にインサイトを取得し、影響力のあるデータドリブンな意思決定を行っています。ぜひ無料トライアル版をお試しください。www.tableau.com/ja-jp/trial からダウンロードできます。

 

ソース: Tableau Software
Related Links: