omniture

2020年清華大学アムジェン・スカラーズ・プログラムへの応募呼び掛け

School of Pharmaceutical Sciences, Tsinghua University
2020-01-19 10:54 3425

【北京2020年1月19日PR Newswire=共同通信JBN】アムジェン・スカラーズ・プログラム(ASP)はアムジェン財団(Amgen Foundation)の資金援助とハーバード大学の指導による国際的なプログラムで、生物医学分野でのキャリア追求に意欲的な学生の研究機会の拡大を狙いとする。8-10週間の夏季プログラムを通じて、世界中の優秀な学部学生が世界クラスの教授陣の指導下で研究プロジェクトに取り組み、最先端のセミナーと交流イベントに加わり、それぞれの地域代表としてシンポジウムに参加する。これまでのところ、米国、欧州、アジア、オーストラリア、カナダの24の一流教育・研究機関がこの夏季プログラムのホスト役を務め、アジアではシンガポール国立大学、東京大学、京都大学、清華大学の4機関が含まれている。

来たる2020年のプログラムに向けて世界から15人の優秀な候補者が選出され、北京への往復航空券、食事手当の一部、学生寮またはキャンパス内ホテルが提供され、奨学金が支給される。研究プログラムの期間中、各奨学生はメンターとなる1人の教員に割り当てられる。さらに奨学生は研究所に加わり、博士研究員、技術者、大学院生と共に一連の学術的活動に参加する機会を得る。これらの貴重な体験は奨学生の研究への関心を刺激し、研究能力を向上させ、それにより彼らの今後の研究に安定した基盤を提供する。さらに、彼らが新しい友人と知り合い、中国文化の学びを深めることができるよう、交流イベントや文化探訪など他の課外活動を企画する。われわれのプログラムは有意義かつ有益であることが分かっており、2019年にこのプログラムに参加した全ての奨学生が、非常にためになり、共に素晴らしい夏を楽しんだと断言した。

近年、清華大学は多様な人材を育成し、国際的な協力を促進しようと積極的に模索してきており、イノベーション志向の人材開発に大きな進展をもたらした。清華大学のASPの主な協力対応部署は、同大学の生命科学の発展と最先端の生物医学研究で重要な役割を果たしてきた薬学部(SPS)である。清華大学はアムジェン財団とともに2019年のプログラムの成功に基づき、優れたプログラムを提供し続ける。

清華大学ASPは現在、世界からの応募を受け付けている。詳細は次をクリック:http://www.sps.tsinghua.edu.cn/amgenscholars.html#

 

ソース: School of Pharmaceutical Sciences, Tsinghua University