omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US zh_TW zh_CN ja ko_KR ms_MY th_TH

Xinhua Silk Road:SERES SF5モデルが2019 Guangzhou Int'l Auto Exhibitionでデビュー

2019-11-29 14:17

【北京2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】中国のEV新興企業SERESは、11月22日に開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)にスポーツカーの性能を備えた最新の電動SUVであるSF5の2モデルを公開した。

第17回Guangzhou International Automobile ExhibitionのSERESの展示スタンド
第17回Guangzhou International Automobile ExhibitionのSERESの展示スタンド

同社は同展示会で、SF5の完全電動バージョンと電動航続距離延長バージョンを公開し、両モデルとも同社開発の高効率な航続距離延長ジェネレーター、シャーシ、バッテリーパックを搭載している。

SF5完全電動バージョンは、90kWhバッテリーパックで駆動され、行動半径は500キロ以上に及ぶ。35kWhバッテリーパックを搭載する航続距離延長バージョンは、150キロの完全電動可能な航続距離を実現し、レンジエクステンダーが稼働すると充電および燃料補給が可能となり、ドライバーは長距離の航続を心配する必要がなくなる。

このほか、SERES SF5はスポーツカーと同等の性能を誇っている。同社開発の電動ドライブシステムで駆動されるSF5は最大出力510kw、最大トルク1040 Nmを達成し、航続距離延長バージョンは0-100km/hを4.8秒以内で達成する。両バージョンは前輪駆動と全輪駆動のモデルがある。

SERESによると、SF5は中国西部の四川、チベット、新疆の極端な気象条件下で約1万キロのドライビング体験を完了し、その技術的信頼性と製品品質を実証した。

2018年末から、同社は、ニュージーランドと、牙克石市、黒河市、トルファン市、三亜市などの中国都市で、500万キロにおよぶ運転試験を行ってきた。

SERESのシュウ・チェンチャオ執行副ゼネラルマネージャーは、自社開発のコアテクノロジーおよび製品改良によって、SERESは持続可能な開発を実現して、中国をリードする完全電動テクノロジーとインテリジェントな航続距離延長テクノロジーを保有し、これが同社の中核を成す競争力になっていると語った。

シュウ氏は外国ブランドとの競争に直面する新エネルギー車両企業について、重慶市を本拠とするこの中国EV企業は今後も、コアテクノロジーを開発基盤とし、顧客を製品製造の中心に据えていくと語った。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309648.html である。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656493-1?lang=0

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

写真添付リンク:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352353

関連リンク:
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー