omniture

世界初のCCSが300万トンのマイルストーンに到達

International CCS Knowledge Centre
2019-11-22 22:00 665

【レジャイナ(カナダ・サスカチワン州)2019年11月23日PRNewswire=共同通信JBN】SaskPowerのBoundary Dam 3 CCS Facility(BD3)はこのほど、二酸化炭素(CO2)回収量が300万トンを超えた。これは、CO2回収・貯留(CCS)技術の初のムーバーとして、同社がCO2排出の削減と貯留で着実な成果を生み出し、発展させ、影響を及ぼし続けていることを示す。

The above noted capture plant availability is the percentage of time the capture plant is capturing CO2 while the power plant is operating at a minimum 50% load. Plant load at 50% was the original anticipated minimum load for operation of the capture system. The calculations include both the original planned maintenance durations as well as any unplanned extensions.
The above noted capture plant availability is the percentage of time the capture plant is capturing CO2 while the power plant is operating at a minimum 50% load. Plant load at 50% was the original anticipated minimum load for operation of the capture system. The calculations include both the original planned maintenance durations as well as any unplanned extensions.

BD3は世界初の栄誉を担い、この技術の実施だけでなく、習得と改良の最前線を担う意思を先導することも意味する。開設から5年内に300万トンのマイルストーンを打ち立て、回収プラントは継続的に信頼性を向上させ、日々のCO2回収率の着実な上昇も実現してきた。

International CCS Knowledge Centre(Knowledge Centre)はたびたび、CCSで習得した重要な教訓を共有する能力を追求している。BD3は、実行から教訓がもたらされる証拠である。Knowledge Centreは、その創設者であるSaskPowerとBHPにより、温室効果ガス排出(GHGs)を大きく軽減するCCSの重要な役割のため、BD3の豊富な専門的知識を世界に伝えるよう指示された。

大規模な炭素回収の先駆けとなるBD3は、Knowledge Centreの第2世代のCCS研究「the Shand CCS Feasibility Study」の基礎となった。この研究は、次世代プラントの資本コストがCO2回収1トン当たりで67%低くなり、回収率が負荷削減で最大97%に達し、プラントは再生可能電力供給と一体化することを明らかにした。Knowledge Centreは現在、これらの習得内容を産業排出源に広げている。

実際、世界はBD3での習得に基づく理解と実際の適用を求め続けている。気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)のミハウ・クリティカ議長は2019年5月、同プラントを視察した後、記者団に「この国(カナダ)とこの地方(サスカチワン)が国際舞台で指導的役割を果たしているため、私はここに来ている。あなた方は世界の指導者である。あなた方が国際的に提供するものは全て非常に重要である」と語った。

▽評価

「SaskPowerのBoundary Dam 3 CCS Facilityが2014年の運用開始以来、300万トンの二酸化炭素を回収したことを祝う。この重要なマイルストーンは、石炭から持続可能なクリーンエネルギーをもたらすCCS技術の実現可能性を明白に証明する。BD3は大規模CCS技術と発電の統合に向けて前進する道を示している。その経験から得られた教訓は、世界中への、そして発電以外の鉄鋼、セメントなどの工業部門へのCCS技術の適用の成功に極めて重要である」

-CO2CRCのデービッド・バイアーズ最高経営責任者(CEO)

▽クイックファクトとリンク

カナダの大規模CCS

*大規模CCSは、カナダで4300万トンを超えるCO2が安全に恒久的に貯留され、大気中への放出が防止されていることを意味する。

*カナダの大規模CCSプロジェクトは次の通り:

*SaskPowerのBD3 CCS(https://ccsknowledge.com/bd3-ccs-facility )Facility

*Weyburn-Midale CO2 Monitoring & Storage(https://ptrc.ca/projects/past-projects/weyburn-midale )Project

*Aquistore(https://ptrc.ca/projects/co2-eor-and-storage/aquistore )CO2 Storage Project

*Quest CCS(https://www.shell.ca/en_ca/about-us/projects-and-sites/quest-carbon-capture-and-storage-project.html )Facility

*Alberta Carbon Trunk Line(https://enhanceenergy.com/actl/

 

気候変動

*歴史上、CO2濃度が今現在ほど高く、急速に増えていたことはない-Keeling Curve: A Daily Record of Atmospheric Carbon Dioxide(https://scripps.ucsd.edu/programs/keelingcurve/ )(Scripps Institution of Oceanography, UC San Diego)

*CCSは地球温暖化をセ氏1.5度以内に維持する4つの道筋の3つで不可欠と考えられる-Intergovernmental Panel on Climate Change: Global Warming of 1.5 Degrees Celsius (https://www.ipcc.ch/sr15/

*世界の大半はCCSなしには排出目標を達成できない。可能な場合でも、軽減コストの中央値は138%増となる-Intergovernmental Panel on Climate Change: IPCC AR5 2014(https://www.ipcc.ch/report/ar5/syr/

CCSリンク

*IEA GHG: What is CCS?(https://ieaghg.org/ccs-resources/what-is-ccs

*2nd Generation CCS - The Shand Study(https://ccsknowledge.com/resources/2nd-generation

*Learning By Doing - Cost Reduction Potential for CCUS at Coal-fired Power Plants

https://ccsknowledge.com/pub/CIAB_Report_LessonsByDoing_CCUS_onCoal_Nov2019(1).pdf

*Global CCS Institute: CCS Readiness Index

https://www.globalccsinstitute.com/resources/publications-reports-research/-global-progress-towards-wide-scale-deployment&a=CCS+Readiness+Index

 

▽International CCS Knowledge Centre(Knowledge Centre)について

2016年以来、独立した委員会の指揮下で運営されているKnowledge Centreは、BHPとSaskPowerによって設立され、世界的な温室効果ガス排出削減のため、大規模CCSへの国際的な理解と展開を促進する責務を負っている。Knowledge Centreは、完全統合型のBoundary Dam 3 CCS Facilityと、Shand Studyとして知られる包括的な第2世代CCS研究の双方からのベースラーニングを通じ、大規模CCSプロジェクトとCCSの最適化を実施するノウハウを提供している。詳細はhttps://ccsknowledge.com/ を参照。

 

#ClimateAction    #CleanTech    #CCUS    #CCS    #BoundaryDam

▽詳細情報・メディア問い合わせ先

International CCS Knowledge Centre

Jodi Woollam

Head of Communications & Media Relations

jwoollam@ccsknowledge.com

T: +1-306-565-5956 / M: +1-306-520-3710

ccsknowledge.com

Twitter: @CCSKnowledge

198 - 10 Research Drive Regina, SKS4S 7J7 Canada

 

ソース:International CCS Knowledge Centre

The figure above illustrates the cumulative CO2 captured from October 2014 to October 2019 -- specifically, the average daily capture rate, in tonnes per day, for each period. Continuous improvements have translated into greater reliability of the plant, allowing it to reach a higher average capture capacity rate since it first opened in 2014
The figure above illustrates the cumulative CO2 captured from October 2014 to October 2019 -- specifically, the average daily capture rate, in tonnes per day, for each period. Continuous improvements have translated into greater reliability of the plant, allowing it to reach a higher average capture capacity rate since it first opened in 2014

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1034100/image1.jpg

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1034103/image2.jpg

 

 

 

 

ソース: International CCS Knowledge Centre
Related Links: